大人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大人」の項目を執筆しています。

大人(おとな)とは、主に親戚や近所の住民、の従業員らから与えられる称号である。まれに、両親から授与されることがある。


称号獲得への経緯[編集]

この称号は、普段通りに過ごしているだけではまず手に入らない。

我々の日常生活の中心には、教育施設フレンドリーな人間関係受像機電子機器やソフトウェアといったものが並んでいる。日々これらに接することで、例えば教育施設における人間関係が広がったり、映像に関する知識が増えたり、電子機器の取り扱いスキルが向上するなど、人間的な能力が発達していく。しかし、これらに対する称号の授与の例は確認されたことがない。

では、「大人」を与えられるのはどのようなときか。

称号を受けた大多数の者によれば、面倒で手間のかかるようなことをしていたのを、自分より年齢の高い者に確認された瞬間だったという。 一例として、ある昼下がりにによって突然売買契約の代理人に任命・依頼されたとする。この代理契約を結ぶ義務は法律上は無いはずだが、なぜだか拒絶できない。こうして初めてのことに戸惑いながら、契約の相手方のもとへ出向くのである。

なお、この売買契約の相手方は売主であることが多い。また、その契約のほとんどは契約書の必要がないということは幸いである。そしてつつがなく契約が終了したときに、相手方から称号認定を受けることがあるのである。買主として契約を果たせば礼を受けることは当然あるだろうが、称号を授与されるなどということは珍事である。まして満面の笑みと頭部への摩擦を伴った授与式は理解しがたい。に摘まれたような気分で帰宅し、売買契約の本人である母に契約終了の報告をおこなうと、なんと、先程と同じ称号を授与され、新たに代理契約を結ぶ可能性を示唆されるといった例も存在している。

「大人」という称号[編集]

「称号を得る」と言うと、何やら架空世界における地位が上がったような気分がして心地よい。架空世界における称号は、一定条件に見合った実績を挙げることによって得られる。ところが現実においては一定条件を列挙した表や、何の条件を満たしたかなどのデータを見ることができないため容易に獲得できない。この希少性から称号「大人」の名誉の高さが窺い知れると思いきや、一定条件がはっきりしていない・授与の発生が不確定・重複授与の可能性といった特徴があることから、この称号の名誉はあまり高いものとは言えないのではないか、という疑いも生じている。

しかし前述の体験者はこれらの疑問を超え、「なんか、ちょっと良かった」と授与後の心境を語っている。

関連項目[編集]