出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

大とは、物体や事象の大きいことを意味する概念であり、それを表す接頭語である。他の記事とこの記事を見比べてわかっていただければ幸いだ。

まちがってもう●こを連想するなど幼稚なことを思ってはいけない。

概要[編集]

対象物がいかなるものであれ、基本的な大きさと比較して大きい場合に用いられる。例えば、鳥取県大山は一般的な山(チョモランマキリマンジャロなど)と比較して大きいために「大」を接頭語として付している。同様の例には「大名古屋ビルヂング」「大韓民国」などがあるが、これらも「名古屋市よりも大きい建物」「韓半島よりも大きな国土を持つ国家」という意味を持って大を号している。

大は偉大な概念であると考えられており、ゆえに誇張表現としてもよく使われている。誇張としての大の例として、「学」と称しながらも行っていることは合コン婦女暴行ミラーリングくらいという有様の「大学」がある。

利用例[編集]

大は一般的なものと比較して大きく、目立ちやすいため、アメリカ合衆国をはじめとした馬鹿にとても人気のある概念とも言われている。これは馬鹿が作るウェブサイトにおいても「font-size: 700%;」というCSS指定を使って表現されており、中央寄せと併せて必ず使用される概念であるという統計も取られていることから、その人気の程が窺える。

また、大の概念はしばしばと併せての比較を含めた表現に用いられる。特に小との組み合わせは人気が高く、「小便大便」の組み合わせは小学生からアンサイクロペディア利用者までといった多大な層に人気を博しているはずである。しかし、人気ゆえにありふれた表現としても看做されており、小便大便を撒き散らした記事はアンサイクロペディアにおいてはオリジナリティが欠如しているものとして削除されやすい。

マンガなどの擬音[編集]

マンガなどの擬音でも大きい文字は活躍する。たとえば、ジョジョの場合は ┣¨┣¨┣¨┣¨ ┣¨┣¨ ┣¨┣¨……があり、コレによりかなりのインパクトを出すことが可能。


外部リンク[編集]

関連項目[編集]