多田野数人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「当時は若くお金が必要でした。たった一度の過ちであり二度と同じ間違いはしません。」
例の件 について、多田野数人

多田野 数人(ただの かずひと、1980年4月25日 - )は、インターネットという魔窟によって過去を暴かれ、無用な知名度を得てしまった悲劇のプロ野球選手である。一線級のプロスポーツ選手としては極めて珍しい俳優活動を行っていた経験を持つ。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「多田野数人」の項目を執筆しています。

概要[編集]

八千代松陰高校の脆弱な野球部を率いて甲子園に挑み、立教大学に入学後はかの和田毅と並び称されるほどの実力を持ったプロ野球選手である。夏の甲子園に出場した際の八千代松陰はチーム打率が2割以下というまるで甲子園出場とは思えぬチームをほぼ無失点で出場させるという快挙を成し遂げているが、PL学園高校という甲子園常連チームに初戦からぶち当たるという交通事故を起こし、多田野の奮闘空しく散っている。

プロ野球へ?[編集]

これほど非凡な才能を秘めた多田野をプロ野球界のスカウトが放置するはずもなく、ドラフト高位で指名されるはずだった。しかし、多田野数人という人物を無駄に有名にしたスキャンダルの一件により各チームは多田野を総じてスルーした。逸材と呼べるであろう金の卵をたった一度の過ちという名の傷がついただけで、プロ野球界は育てずに生ゴミに出したのである。

この一件による失意と焦燥感の中、多田野は日本という狭い舞台を見限って渡米、日本リーグからメジャーリーグ入りする選手が多い中で多田野は大学卒業からクリーブランド・インディアンスにてマイナーリーグ入りするというチャレンジ精神を見せ付けた。しかしその後順調と思われたインディアンス時代もそこそこの活躍のみで終え、2006年には戦力外であるとして叩き出されてしまった。その後もオークランド・アスレチックスにマイナー入りしたり日本に帰ってきて四国近辺で野球をしたりしていたが、その実力を完全に生かす事は叶わなかった。胴上げ投手まで頑張ったのにこの仕打ちである。

ハムに還って[編集]

メジャーの夢叶わぬと知った多田野は日本に帰国し、野球道を出直すべく北海道日本ハムファイターズに入団。渡米で学んだ様々な技術を生かして国内で無双すると思われたが相次ぐ故障の前に成績に不振が続いた。しかしその逆境の中でもリハビリと特訓を重ね、一軍と二軍を往復するも試合の流れを着実に変え、勝利に導く投手として必要な人材へと成長を果たした。2014年はスカイツリーボールという今まで以上のスローボールを編み出すなど、弛まぬ努力が見受けられる。

スキャンダルという逆境[編集]

日本のプロ野球界入りを果たす事を一時は諦め、海外という舞台でも重荷となり続けたのが、多田野という選手をどん底に陥れ続けたスキャンダルである。このスキャンダルは多田野数人がゲイビデオ(いわゆる真夏の夜の淫夢)に出演していたというものであり、その事実に対して外面を気にした野球界は彼を冷遇し続けた。しかし、この件に対して多田野は事実であると認め「大学時代にビデオに出たことがあり、今はとても後悔しています。当時は若く、お金が必要でした。たった一度の過ちであり二度と同じ間違いはしません」「僕はゲイではありません。これだけははっきりと真実を伝えたかった」と記者会見で報道陣らに堂々と説明している。隠蔽体質極まるプロ野球業界に対してなんと清清しい事か、多田野の野球生命を見栄と外聞だけで断ち切ろうとした野球界と無用に煽ったネット住民の罪は重い。

スキャンダルと怪我の多い体質が原因で多田野という男は正当な評価を受けられなかったのは言うまでもない事実である。ただの一度の過ちを頭を下げ真っ向から立ち向かった多田野が煽られ続けるのではなく、逆境に耐えた男として称賛され、他人を不当に笑いものとして吊るし上げ続けているネット界隈の性差別主義者たち首を括るというのが正当な評価と結末であろう。しかし、一度ついたレッテルというものは簡単には剥がれず、引き剥がそうとも千切れたシールの残りがこびりつくのが世の慣わしである。ネットの不届き者による責め苦に耐え抜き、日本ハムファイターズをまた日本一の大舞台にのし上げる投手になってくれるというのが多田野ファンの願いである。

NPB解雇→地域リーグへ[編集]

2014年、多田野はついに日本ハムファイターズからクビという形で締め出されてしまった。齢既に30台半ばに近づき、プロ野球の世界では既に適齢期を超えていた。世の中には40を超えてなお活躍する化け物は存在するものの、そのような人物は稀である。この後、社会人野球の世界へ出向くのか、指導者になるのか、はたまたまさかの俳優業復帰か。多田野の今後に注目が集まっていた。

そして2015年、BCリーグ石川ミリオンスターズに選手兼任コーチとして入団。現役続行にこだわりつつ、新たに指導者としてもキャリアをスタートさせた。