外房線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Alice Liddell.jpg
修正依頼
この項目は、文章が冗長・まとまりを欠く・エッセイ的である・不適当な翻訳など改善の余地があるため、修正・推敲を広く求めています。
修正の要点 : このページのノートまたは履歴をお読み下さい。
あなたとは違うんです。
内房線 について、外房線
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「外房線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「外房線」の項目を執筆しています。

外房線(そとぼうせん)は、暴走半島を走り回る房総環状線のうちの東の方である。

概要[編集]

  • 起点:千葉駅
  • 終点:鴨だらけの川
  • 軌間:だいたい1メートル
  • 駅数:27
  • 電化区間:全線(直流1500V)

千葉が起点とし、房総半島の東側をにょろにょろ走って安房鴨川に至る路線である。同じ房総半島を行く路線としては内房線があり、こちらの路線は起点こそは蘇我であるが勝手に外房線に乗り込んで千葉まで運行しているものの、高速道路の上限1000円化等により過疎が進んでいる。一方、外房線は高速道路が今だ無い地域を走るゆとり路線のため、今も元気である。ただし、圏央道が開通した場合、茂原以北の区間が高速道路による迫害を受けることになるため、時間の問題である。また、昼の時間に京葉線が乗り入れ、ローカル暴走及びネズミ国への収容電車として爆走している。

蘇我を出て内房線の独り立ちを見届けたあとはニュータウンを抜けて大網、こりん星上総一ノ宮大原巨大廃墟遊園地勝浦等を経由して安房鴨川を目指す。

上記の通り高速道路の整備で需要が低下した内房線とは違い、国土交通省等が怠慢な外房地域は道路整備が放置されていることから安定した需要が多く、千葉方面の路線としては割と多くのゆとり特急がのろのろと走っている。ただ、もし圏央道が開通した後は一体どうなるのかわからない。そのためここ20年は内房線は利用客が減少し逆に外房線は鎌取・土気が元気の為、増えている。 そのおかげで総武本線(千葉〜銚子)・内房線・成田線の中で一番、平均通過人数が多い電車である

駅一覧[編集]

千葉駅
5番線と6番線を使用。ちなみにhydeの身長は156cm
本千葉駅
ここまでは京成千葉・千原線、多摩千葉都市モノレールと平行。県庁と某病院の最寄り駅。
蘇我駅
内房線を吹っ切ったと思いきや今度はこっちから…。
鎌取駅
ここ20年で3倍以上に増えた駅で1日の平均乗車人数が減った年はない。大半の利用者はここで降りてしまう。しかも誉田行きは鎌取で9割以上降りてしまう為実質鎌取行きである。なお鎌倉駅ではない。
誉田駅
ほんだ。よく読めない奴がいる。陰気な利用者が少ないがなんか快速も特急も止まってくれる駅
土気駅
とけ。ここ20年で倍以上増えた。ここで千葉市とはお別れです。
大網駅
東金線が分岐。かつては今以上に面倒な駅の構造であり、迷宮化していたが、2番線から3、4番線への秘密連絡通路完成。鶴見線の浅野駅によく似た構造である。意外に利用客は減少していない。乗り換え待ちで異常に待ったりするが改札出ないと売店はない。
永田駅
秋葉マンションというのがあるが、ここは千葉県だ!!
本納駅
間違っても本能駅とか書いてはいけない。多分織田信長とのゆかりがあるとは関係ない。

また快速爆走防止策として強制停車運動が秘かに行われている。〔団長モグラ市〕

新茂原駅
茂原駅が高架化されているため、茂原より古そうに見える。
茂原駅
こりん星が激突して駅舎が破壊されたため、ついでに高架化した棚ぼたな駅。モグラ駅でもある。
八積駅
これ、何と読む? わかんないだろ~お前の頭で解けるわけない、か。正解は…うわなにをするやめr
上総一ノ宮駅
神社がある。それ以外何もない。そのくせして快速(と一部の特急)が力尽きることから、何らかの魔力を持っていると思われる。
東浪見駅
とらみ。詳しいことはお察し下さい
太東駅
たいとう。だが電車でGO!にはでたことはない。
長者町駅
長者小学校もあり、長者がどんどん育っていくと思われる。
三門駅
田舎のくせに改札門が三つもある。
大原駅
いすみ鉄道があるものの、直通運転はない。まあ、言うまでもない
浪花駅
なみはな。近くには…続きはWebで(ここWebだろなどと言ってはいけない)
御宿駅
海がこの辺から見えてくる。The next staton is Katsura
童謡、月の沙漠の舞台とされている御宿海岸がある。砂漠と書いてはいけない。
勝浦駅
しぶとい通勤快速もここで力尽きる。すべての乗り入れを吹っ切って、ようやくここから純粋な外房線が始まる。
鵜原駅
海水浴場とかで夏は賑わってるらしい。
上総興津駅
ここにもホテル等がある。
行川アイランド駅
秘境駅放置された入場券売り場や、さび付いた案内板等、バイオハザードか何かが起きたかのような凄惨な状況であったが、最近改装して綺麗になった。 無人駅のくせして、なぜか特急が停車する。(1日一回だけだけどね💛) 「滑川アイランド」自体はもう閉鎖して、有名な廃墟となっているので、この駅は廃墟マニア専用の駅。
安房小湊駅
小湊鉄道ここまで来る予定だったとか。
安房天津駅
南は学校、北は山。
安房鴨川駅
終点。内房線と接続するも横柄な外房線が1番線と2番線を占領したためちょっと優越感がある。

車両[編集]

現役車両(乗り入れ含む)[編集]

E217系(横須賀線
米軍基地の街から二階建て車両をつけて爆走。大網~上総一ノ宮間で通過駅を脱線覚悟で爆走する様はまさに通快痛快。
209系2000・2100番台(元0番台)
京浜東北線にいた走ルンですをさらにこき使うために転校してきた車両。エンジンを載せ替え、カラーを変更し、車内も改造したため、単純な転属とは違い、まだまだ使うという気合いが感じられる。しかし、座席の改造がなされていない車両もあるので注意が必要。つまり中途半端な必要最低限の改造である。
209系500番台(京葉線
こちらは京浜東北線にいた走ルンですの弟分。拡幅車体に赤帯を纏っている。兄貴分同様に京浜東北線から追い出され、京葉線に流れ着いた。営業開始前の試運転でしか入線しなかったが、2010年3月の改正より205系のヘルプとして乗り入れを開始した。京葉線では出さない110km/hを平気で出す。現在は日中にも乗り入れる。だが、ムサ線への左遷が進み、2011年9月現在の在籍数はたった1本のみの孤軍奮闘状態である。
E233系(京葉線
ピッカピカの新入生205系と201系を追い出し、209系500番台を左遷する為にやってきた。しかし、度田舎を暴走する輝く車体は暴走半島にはまだ早すぎたのかもしれない。

現役特急車両[編集]

255系
影が薄い。実は走行システムが走ルンですの改良版であり、知らないうちにボロボロになっている、かも。
E257系
新型車だが中央本線二番煎じグリーン車無しと、なんとも微妙な車両である。3号車から始まる編成に遭遇したなら、1号車と2号車は心の目で見てみよう。

記憶の中の奴等[編集]

113系
国鉄時代の遺物大事な遺産。お色直し計画進行中。しかしもう卒業してしまった。
205系(京葉線
朝と夜だけ遊びに来ていた。オヤジ特殊な人種スイーツ(笑)で車内は溢れかえっていた。現在はE233系にバトンタッチした。
103系(京葉線
かつては東京や大阪中を爆走していたが、今はさいたまでホルマリン浸けにされ晒し者になっている。
211系
高崎からきた転校生。ホームシックのため夜な夜な幕張車両センターで泣いている。不幸なことにまた転校、という噂もちらほら。ご苦労である。しかし彼は千葉からは消えて、長野へと旅立った。廃車と見せかけて長野で酷使するというトリックだ。
183系
103系と同じように、かつては全国を爆走していたが、リストラによりほぼ解雇されてしまった。
201系(京葉線
成東・勝浦行きとして外房線を走る。10両編成だが、誉田駅で6両と4両に空中分解する。だが、京葉線のラインカラー統一の方針と車両の老朽化などの理由で2011年6月にこの世を去った。千葉県内から装甲列車は、消滅

した。

E331系(京葉線
通称おじゃま虫 故障したときは7両ずつ空中分解してここここへの島流しを食らった

内房線との違い[編集]

なんといっても、特急列車の本数である。下り列車で言うと、内房線の特急列車は6本に対し、外房線は13本と約二倍である。更に、日中の特急列車の東京発の時刻が外房線が00分で内房線が30分と、房総方面の路線は外房線が中心に回っているといっても過言ではない。普通列車は外房線の方が少し多い。さらにここ20年で利用客が増えたのが外房線、減ったのが内房線である。ついでに内房線は泥とヘドロまみれの東京湾に沿って走るが、外房線は果てはアメリカチリに達する雄大な太平洋沿いをのんびり走るなど、外房線の方が素晴らしい路線だということは誰の目にも明らかである。

しかし内房線は富士山が見える。どちらがいいかはあなた次第。

関連項目[編集]



グリーン車をご利用の際には加筆が必要です。加筆を車内で行う場合、駅でのあれとは異なりますのでご了承ください。次は、鎌取です。 (Portal:スタブ)