夏帆

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

夏帆(かほ)とは、スターダストプロモーション所属の生まれついての論客、思想家。1991年6月30日生まれ。東京都出身。好きな芸人は小島よしお。11代目リハウスガール。29代目ボンドガール(暫定)。7代目小樽昔の遊びをして遊ぶ会イメージガール。4代目ケータイ刑事。52代目早稲田大学男子学生の選ぶ妹。23代目加山雄三の妹。8、9、10代目アップル通信僕らのオナペット(三連覇)。第10回激写マニア僕らのオナペットクイーン。2006年度バナナボーイ僕らのオナペット年間勝者。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「夏帆」の項目を執筆しています。

来歴[編集]

小学5年生の時にスカウトにより芸能界デビュー。 ティーン向け思想雑誌傾・レモン』や『Pure2』、タクティクスジュニア誌などの誌上ディベートで数々の有名論客を論破、排撃し現代史最高の頭脳としてジャック・デリダらと共に並び称される。

2003年7月19日から8月31日の44日間、お台場冒険王のイメージガール(スナッフズ)のメンバーとして小出早織らと雑誌に新聞、ライブやテレビ、ラジオ等ありとあらゆるメディアに進出。放送コードギリギリのアジテーションを繰り広げ後々炎の(放送局的に)44日間と呼ばれる事になる。尚、青い焔が夏帆で、赤い炎が私の事である。夏帆とは論客時代に親交を結んでいた。

2016年色々あったがそして現在に至る。


夏帆の秘密10の理由[編集]

苗字がない理由[編集]

生来の苗字を本田というが彼女はマルコムXの信奉者であり、「この苗字は先祖を使役していた白い奴隷主の名前であって本当の苗字ではない。苗字などというものは不要の形骸である」とし、自由意志によって苗字を葬り去ったのである。ネット上では元々の彼女の苗字は堀口であったという噂が広まっているが生来の苗字を本田という。この事実は当然動かし難い事実であるが、しかし言霊の桎梏より脱却した現在の彼女にその事実は彼女の在り方に干渉する運命の必然性を持ち得ない。

水着にならない理由[編集]

彼女が他のジュニアアイドルと同じように水着姿を披露しない事については、彼女の右乳首がシューメーカー・レヴィ第9彗星の落下により陥没しているからという理由が半ば定説化してきている。よって彼女が水着撮影するに及び、もしも撮影中に乳首が勃起するような寒冷環境下或いは興奮状態下に置かれた場合、片方の乳首だけが不自然に勃起しないという椿事を引き起こし兼ねない事を事務所側が憂慮したと推察される。 これについては一部ファンの苛烈な自爆テロ行為により事実関係が有耶無耶にされたままになってしまい真相は今もって不明であるがひとまず付け乳首の着用は観測されていない。しかし仮に夏帆の両乳首の勃起の認められる写真が公開されたとしても、それはまた彼女の生来の両乳首であるのかもしくは付け乳首による偽装であるかどうかを立証する術を持たずいつまでも討議はサスペンドされ続けるであろう。 - だが夏帆はある雑誌インタビューで水着撮影を拒む理由を尋ねられた時に「飛べるものなら飛びたいわ。でも私は片翼の天使なの」と大変興味深いコメントを残しており、これは片乳首の大陥没による半可勃起の真実を暗に示していると推測出来る。

眉毛が薄くなってきた理由[編集]

近年の顔写真を見れば夏帆の眉毛が薄くなってきているのは一目瞭然である。これに関して公式のコメントは現在のところ出されていないが、本田家には江戸時代中期より開業した庄屋時代から代々伝わる独特のジンクスが多数存在し、夏帆の眉毛が薄くなってきたのはその事が関連していると思われる。 有力な説によると本田家には眉毛の一本を朱墨で染めて願掛けを行い、その願いが叶うと朱墨で染めた毛と周囲の5本を指で抜き取るという作法があり、夏帆はその慣習に従っているという事である。 近頃の尋常ではない夏帆の眉毛の減少から推察するに彼女は相当な量の願いを叶えたようである。

早口言葉が苦手な理由[編集]

平常時は一般人のそれと変わらないが、緊張状態に至った時の夏帆の口内は、唾液分泌量が常人の約1.8倍となる。この為、逆に潤滑が良すぎて呂律が回らないのである。夏帆の唾液は生乾き状態となっても臭気を発さない上質な唾液であり、焼きエビを思わせる香ばしく仄かな塩の香りを漂わせるという。

双子の弟がデビューしない理由[編集]

夏帆には二卵性の双子の弟がいる事は周知の事実であるが、彼女ほど顔立ちの整った少女の双子の弟(以下便宜上夏雄とす)が二卵性とは言えやはり並大抵の姉弟よりは余程似ているに違いない。ある一点に於いては夏帆以上の人気を誇りそうに思えるが、では何故夏雄は芸能界にデビューしないのか。実際彼女の所属事務所であるスターダストプロモーションも何度か彼女の両親にその事を打診したらしいが、しかしそれは頑として受け入れられなかった。 何故なら本田家では母体が双子を宿した事が判明した時点で自宅出産を行う事が決まり、産まれたばかりの夏帆はそのまま産院に、夏雄はアルミホイルでグルグル巻きにして地下牢に幽閉してたのである。男児を幽閉する際にアルミホイルでグルグル巻きにする事は余り一般的ではないが、夏雄が21歳になる2012年に地球がフォトンベルト(銀河に存在する帯状の高エネルギー光子の事)に突入する事に備えての措置であろう。太陽系はプレアデス星団のパルシアルシオネレを中心として26,003年の周期で大公転しているが軌道の関係上、現在の地球は断続的にフォトンベルトに出たり入ったりを繰り返している。このフォトンベルトに出たり入ったりしている状態では特に地球上の環境・生物に対する影響は少ないが、長期間フォトンベルトに突入してしまった場合、甚大な被害を蒙る事となる。有史上最も大規模なフォトンベルトによる被害は紀元前300年頃とされこの際、フォトンベルト内へ38年間晒された事により地球環境は壊滅的な被害を受けアトランティス文明が滅亡し、人類の大半が消滅した。古生物の研究者によると、これまで地球上で起きたK-T境界やP-T境界等の大規模な絶滅は全てこのフォトンベルトが関係しているとれる。そして2012年12月22日よりフォトンベルト内に完全に突入する事になっており、その状態から完全に脱出するには2000年余の歳月を要する為、次回のフォトンベルトへの突入では地球史上でも未曾有の大絶滅が起きるとされている。そこで本田家では男女の双子の一方をアルミホイルにより遮蔽する事で太陽系全体の公転軸に歪みを生じさせ、世界中に偏在する男女の双子がワイヤレスアドホックネットワークのような役割を果たして地球全体のマナのバランスを計り自転公転システムを再調整する事で、フォトンベルトへの突入を回避可能と判断したのである。

先祖を供養しない理由[編集]

お盆を迎える度に夏帆は先祖を供養する気持ちがないと公言する。その理由については彼女がブログ内で述べている。曰く「死んだ人にはどうやっても私の声なんて届かない。死者への供養なんて残された人が気持ちを整理する為の儀式よ。私はいつも前だけを向いて生きていたいわ」。

猫が嫌いな理由[編集]

バラエティ番組学校へ行こうの収録中、マヨネーズをかけてネズミを食べるがスタジオに登場した際、夏帆が突然何事かを叫びセットを壊しながら暴れ始め、その猫を鷲掴みにして振り回し最終的には自らの手で引き裂いた猫の死骸を客席へ放り投げるという狼藉に及び、一時観客を避難させた。夏帆がすぐに落ち着きを取り戻した為、観客のないまま収録はそのまま続行され、無事放映に至ったが、スタッフは夏帆が猫嫌いであるという事実を前もって聞かされていなかったのでかなり狼狽したらしい。しかし放送後「残酷だ」「お宅の放送局では猫は引き裂き放り投げるものなので?」といった苦情が殺到、夏帆は一時的に番組出演を自粛する事になった。 この事については彼女が小学生の時に自宅で飼育していたハムスターのハムちゃんがよく出入りしていた隣家の飼い猫に食べられてしまった事に起因するらしい。後に事務所側からは「夏帆は猫がネズミを食べているところを見ているうちにハムちゃんが食べられてしまった事を思い出した。目の前が真っ赤になってしまった」と釈明が発表されている。

トマトが苦手な理由[編集]

夏帆はトマトが大の苦手であると公言しているが、これの理由に関して尋ねると突然口を閉ざし「死にたくないから……」と呟く姿がよく見られる。理由については上記の猫の件のように幼児期のトラウマが根ざしているのであると推測されるが、こちらについては未だ夏帆の口からその理由いんついて語られる事がない為、諸説が入り混じっている。 トマトの事は出来る限り見ないようにしてるし考えないようにしていると夏帆は語る。


宮崎あおいの養女になった理由[編集]

かねてから夏帆は宮崎あおいに対して先代ケータイ刑事としてリスペクトを捧げていた。この事は映画ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密~銭形姉妹への挑戦状で当初降板した宮崎あおいに代わって自分役と宮崎あおい役の一人二役で出演する事を熱く希望した経緯にも現れている。この宮崎あおいへの並々ならぬ熱意と愛情はそもそもテレビ番組オーラの泉(テレビ朝日)に出演した際、江原啓之美輪明宏両氏から「前世は女優の宮崎あおいさんの娘だった」という事実を明かされた事に起因する。 それからというもの局で宮崎あおいの楽屋を見つければ室内に誰もいなくてもいつまでもドアの前に立ち続けてノックを繰り返したり、番組やドラマの収録中であるにもかかわらず虚ろな目で「あおいさん」と唱え続けたり、「全部あおいさんの為です」と呟き、真冬の東宝スタジオプールに通り掛かりの園児を次々と放り込んだりといった奇行が目立つようになった。 この宮崎あおい熱が嵩じてついには実際に養女として宮崎家に迎え入れられる事となり、今は夏帆自身が宮崎あおいに完全になり替わる計画を進めているという。

明かしてはならない最後の理由[編集]

夏帆の不思議を語る時、注目の焦点になるのはやはりこの明かしてはならない最後の理由である。本田家のジンクスに則り、小石を片手に持った話し手を囲繞する形で床這いになり円座を組み、一つずつ夏帆の理由を話していく度に用意していた10個の行灯の火を手で風を起こして消す(直接、息を吹きかけるのは不作法である)。そしてこの明かしてはならない最後の理由を話すとひとりでに行灯の火は消え、小さな青鬼のような姿をした妖怪青行灯が現れる。この妖怪は小石を媒介にしてこの世とあの世を行き来する事が出来ると言われ、青行灯が現れた時に驚いて小石を落としてしまうとその人は一生、背後より青行燈の足音が聞こえ続け、最後には発狂してしまうと言われている。 因みに明かしてはならない最後の理由を知っている者は皆、小石を落とし発狂死してしまった為に現在この理由を知る者はいない。 まぁ、小まめに夏帆のブログをチェックする事である。


出演番組[編集]

  • 第16回高松宮殿下記念世界文化賞授賞式(2004年10月20日、フジテレビ) - 授与役
  • ガチャガチャチャンポン! (2005年4月 - 2006年3月、月曜15時30分 - 15時58分、フジテレビ)
  • 第34回広告大賞(2005年3月、フジテレビ)
  • 学校へ行こう!MAX (2005年4月 - 、火曜20時 - 20時54分、TBS)
  • 第17回高松宮殿下記念世界文化賞授賞式(2005年10月20日、フジテレビ) - 授与役
  • パシャ! (2006年10月 - 2007年3月、金曜22時54分 - 23時、日本テレビ)
  • 第18回高松宮殿下記念世界文化賞授賞式(2006年10月18日、フジテレビ) - 授与役
  • ワナゴナ(2007年3月4日、TBS)
  • めざましテレビ(2007年7月23日、フジテレビ)
  • 第19回高松宮殿下記念世界文化賞授賞式(2007年10月21日、フジテレビ) - 授与役

出演ドラマ[編集]

出演映画[編集]