変態

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Bouncypotato.gif
この記事「変態」は何故か「ヘンタイ」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

変態(へんたい、metamorphosis)とは、動物の正常な生育過程において形態を変えることを表す。昆虫類甲殻類などの節足動物に典型的なものが見られる。

概略[編集]

特に、栄養の摂取に特化し、生き残りと成長に最適化された幼生と、次世代を生み出すための生殖機能を備えた成体の間で、形態が大きく変わることが多い。それに伴い、生活様式や場所が変化する場合もある。そして、それを観察する者にとっても、興奮を禁じ得ない。少なくとも俺はそうだ。お前もそうだろ?

なお。変態とは、動物が孵化して幼生の形になった後の変化のみに対して用いる言葉である。…だって、卵の中の動物が形を変えたって、ちっとも萌えんだろ? 常考。

エルンスト・ヘッケルは生物の発生進化の経路を辿るとする反復説をとなえた。この説は、現在では多くの問題を指摘されているものの、基本的にはある程度の範囲で認められている。その意味では、動物が発生の過程で姿を変えるのは当然とも言える。その観点に立てば、変態とは、それが成長の過程に見られる現象という見方もあり得る。つまり、変態をしない動物は、多くの変化を孵化以前に卵の中で行なったものということになる。そこで、変態をしない動物の成長のことを直接発生(または直達発生)という場合がある。とまあ、偉い先生はごちゃごちゃ言ってるが、要は興奮できればそれでいいんだよ! 細けえ事はいいんだ!

昆虫の変態[編集]

昆虫では、卵から孵化すると、幼虫と呼ばれる形態となる。幼虫が、生殖能力を有する成虫になる過程で変態を行う。…な、生殖能力を有する過程だぞ? 興奮するだろ。なあ? ハァハァ…。

完全変態を行う種の幼虫は、成体と全く異なった形態である場合が多い。いわゆるイモムシ型やジムシ型などの幼虫である。これらの形は…ううっ、たまんねえ! この形最高ーっっ! あーっ! 見ているだけで勃起してきたぜ! もうたまらん!

不完全変態[編集]

一方、蛹を経ず、幼虫が直接成虫に変態することを不完全変態という。昆虫の基本的な変態様式で、この場合の幼虫は、完全変態をするものと区別するため、通常は「若虫(じゃくちゅう、わかむし)」と呼ばれる。セミカマキリトンボバッタゴキブリなどが代表的な例となる。

不完全変態をする種では…ああ、まあ、どうでも良くなってきたなあ。さっき完全変態を見た後で、不完全を見せられても、萎えるだけだぜ。全くもう…。

過変態[編集]

また、幼虫期に生活様式にあわせて形状が著しく変態することを過変態 (Hypermetaboly, hypermetamorphosis) という。ツチハンミョウネジレバネなどの一部の昆虫が行う。過変態の昆虫は寄生虫であることが多く…うおー! 過変態だって! 最高! ハアァァァ! いかん…もう見てるだけで射精しそう。たまらんんんんん! ああ、俺、寄生虫の虜になりそう!

魚類の変態[編集]

硬骨魚類にも幼生時に親とずいぶん異なった姿のものがある。…何? 魚類にも変態がいるのか? それは凄い! 何?ウナギだと?! うおおおおお! ウナギ最高! 萌えええええ!

両生類の変態[編集]

…ああっ、両生類の変態を見てると…

両生類では、幼生はいわゆるオタマジャクシ型をしている。えら呼吸をし、水中生活を行うが、成体は呼吸をし、手足が生え、陸上移動が可能な形態となる。これが両生類の変態…うおおおお! やっぱ最高の変態は両生類だ! オタマジャクシってのが最高にエロいじゃねえか! たまらん!

…ああ、いかん、もう興奮して… あ… 駄目… もう我慢できん… うわあああ…ドピュッ!ドピュッ!ドピュッ!ドピュッ!ドピュッ!ドピュッ!ドピュッ!ドピュッ!ドピュッ!ドピュッ!ドピュッ!ドピュッ!ドピュッ!ドピュッ!ドピュッ!ドピュッ!ドピュッ!


Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で射精して果ててしまいましたが、私の責任ではありません。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

ペンギン・ヒトにおける変態[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「健全ロボ ダイミダラー」の項目を執筆しています。

本来、ペンギンは鳥類なのだが、例外的に別次元で前尻尾が進化した「ペンギン帝国民」が存在している。対抗するためにヒトが「ハイエロ粒子」なる性欲の精神エネルギーが動力源となるロボットが開発された。

これ程に性欲の精神エネルギーを重要視する変態はいないだろう。それに対し、少子化対策で色々な政策が打ち出されているが、結局は変態パワーが必要なのは否めない。

関連項目[編集]

曖昧さ回避 この項目では、生物学的な意味での変態について記述して…いるはずですが、執筆者が途中放棄しました。この記事を執筆したどうしようもない人間については、ヘンタイをご覧下さい。