壇ノ浦の戦い

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

壇ノ浦の戦い(だんのうらのたたかい)とは、1185年ごろに長門国(今の山口県下関あたりで行われた、源さん平さん主催の水上競技大会である。

競技種目[編集]

メイン種目であるボートレースとボートを利用した水上騎馬戦を中心に、水上弓術、上級武士ダブルス・女子/子供ダブルス・武士複数の3部門に分かれた潜水競技(エクストリームスポーツ)、応援合戦などが行われた。

競技結果[編集]

  • ボートレースおよび水上騎馬戦では源さん選抜チームが優勝。平さんチームは序盤有利に進めたが、潮の向きが変わったことなどが敗因となった。
  • 水上弓術では、源さんチーム所属、前回の屋島大会で優勝を収めた栃木県那須与一さんが2連覇を達成した。
  • 水上幅跳びでは、源さんチームのチームリーダー源義経さんが、ボート8艘の世界新記録(当時)を樹立して優勝した。
  • 潜水競技では、
    • 上級武士ダブルス部門優勝-平知盛さん・伊賀家長さんペア 準優勝-平経盛さん/教盛さん兄弟、
    • 女子/子供ダブルス部門優勝-平時子さん・安徳天皇さんペア
    • 武士複数部門優勝-平教経さん・安芸太郎さん/次郎さん兄弟(計3名)
    • 準優勝-平資盛さん/有盛さん兄弟・平行盛さん(計3名)、平知盛さんの部将の皆さん(計20名)
    と、平さんチームが潔さと哀愁の絶妙のコラボレーションで勝利を収めた。

大会の結果[編集]

源さんの選抜チームが3連覇を達成し、平さんのチームは壊滅的危機に追い込まれた。 しかし、観客からは主力選手の大量故障を始めとする幾多の不利な条件の中、最後まで敢闘した平さんチームへ惜しみない拍手と健闘を讃える声援が挙がった。

また、次回の大会では岩手県の藤原さんの選抜チームが台頭し、源さんのチームの源義経さんなどの強豪選手を引き抜いて源さんチームに迫った。

総括[編集]

やはり一番のヒーロー、すなわち最高殊勲選手(MVP)は、潜水競技において「見るべき程の事は見つ」の名言を残し、鎧を二領着用し華麗かつ潔い潜水を行って、観客や味方選手の皆さんはもとより源さんチームの選手たちをも魅了した平知盛さんでしょう。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「壇ノ浦の戦い」の項目を執筆しています。
みなさん、松平です。 この項目「壇ノ浦の戦い」は、日本史に関連した企画書ですが放送日が迫っています。アンサイクロペディアではその時でないのに歴史が松平アナを動かす! (Portal:スタブ)