塩川正十郎

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
未確認動物(UMA)Sio-Gの貴重な画像
「塩川正十郎? 贅沢な名前だね。おまえは今日から塩爺だよ!」
塩川正十郎 について、湯婆婆
「これはねえ、やっぱり狂ってますよ。この塩川正十郎は。
顔見てご覧なさい。目はつり上がってるしね。顔がぼうっと浮いているでしょ。
これ気違いの顔ですわ」
塩川正十郎 について、塩爺
「塩川正十郎は、他人を殺し・全人類を殺す者であるから、彼らの責任は当然、死に値する。
従って、塩川正十郎は腹を切って死ぬべきである。
また、塩川正十郎はただ死んで終わるものではない。
彼は無責任な悪人であり、唯一神又吉イヱスが塩川正十郎を地獄の火の中に投げ込むものである。」
塩川正十郎 について、又吉イヱス
「地雷を踏んだらサヨウナラ。テレビでそれを言っちゃあオシマイダ」
塩川正十郎 について、一ノ瀬泰造

塩川正十郎(しおかわ まさじゅうろう、1921年10月13日 - 2015年9月19日)は、大阪府東大阪市出身のコメディアン・元政治家であり、アンサイクロペディアの大スターのことである。敵対していると見られている奈良のヒップホップおばさんこと、河原美代子とは実は裏で同盟関係を結んでいる。慶應義塾大学卒。ちなみに、塩試合が大好き。ミドルネームは塩爺、塩自慰である。コードネームはShio-G。

概要[編集]

90歳を超えた今なお、中曽根康弘同様に血の気が多い人物として知られる。もっとも昔は「瞬間湯沸かし器」として怒ればその熱で湯を沸かすことが出来たというから、これでも穏健になったと言えるだろう。

かつては森喜朗と共に安倍晋太郎の首相後継者候補にされていたこともあったが、三塚博が継承したおかげでその地位を逃した。

また小泉純一郎とは関係が深いと言われており、その先鋭として突撃隊の役目を果たしたという噂もある。

テレビ番組に度々出演して、その歯に衣着せない発言で国民の人気を集める。 例えば生放送でmiyoco(本名・河原美代子)を気違いと表現したことは、放送禁止用語の無意味さに辟易している日本国民の絶大な支持を集めた。またUMAとされている朝鮮民族を「拉致を行うことが特徴」と定義したのは、極めて斬新な視点であるとして学会の注目を集めている。

その他の名言集[編集]

国会で野党議員に追い詰められた時に、「忘れてしまいました。」と発言し難を逃れた、野党議員もそれ以上言うと「老人虐待だ!」とマスコミ批判されるため、それ以上何も言えなかった、この発言は野党はおろか全国の若者達や中高年達を驚愕させた、また全国の老人達に希望を与え、今では老人達の釈明の常套句と化している、似たような発言には、政治屋達が主に使う「記憶にございません。」等がある。

特別会計の事を「本宿ではおかゆすすって耐えとるというのに離れではすき焼き喰っとる。」と非常にユーモラスな表現で例えた発言をして、名言と化した、今でもテレビ等で特別会計の話題が出るたびにこの発言が使われたり流されたりする。

オレンジ疑惑[編集]

だが時折、彼のその明晰な頭脳にかげりをみせる事もあった。テレビ放送で内閣官房長官時代について触れ「(機密費を)野党対策に使っていることは事実。現ナマ(金)とか、オレンジとか」「(官邸の金庫に)4,000万〜5,000万円入っていた。オレンジも一緒に」と内部告発し、勇気ある発言として国民の絶大な支持を集めた。ところが後の国会で、その件について日本共産党のルルーシュ・ランペルージが質問したところ、「忘れました」「官房長官は短かったし、思い出せない」と、突然記憶喪失に陥ってしまった。

関連事項[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「塩川正十郎」の項目を執筆しています。


コピー_~_白い奴 あっ、この「塩川正十郎」はステータス異常にかかっていますね…
わたしでよければエスナかけてあげますけど……
でも、わたしまだ未熟だから………ど、どうします? (Portal:スタブ)