埼玉医科大学

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「埼玉医科大学」の項目を執筆しています。

埼玉医科大学(さいたまいかだいがく)は、彩の国さいたま中西部にある大学である。焼肉の町・毛呂山町の台所を支える重要な大学・病院機能を持つことで有名である。優秀な臨床医を排出するため、日本でも有数の国家試験不合格率を誇る。

概要[編集]

医学部は一年から六年までを、毛呂山キャンパスという超高層ビル群の自然豊かな環境で、ゆとりに医学を学ぶ。保健医療学部は、毛呂山町に隣接する日高市の原野の中で、スパルタ教育を受けながら学ぶことで知られている。また、医大前の埼玉県道30号線は慢性的な渋滞と交通事故に悩まされており、毎日のように通院患者が救急車に轢かれる事故が発生し、救急は埼玉県に県道30号線のバイパス早期全通と歩道整備を強く求めているという。しかし、これは永久に実現しないだろうと2008年3月、外務省スポークスマンの声明として発表された。

附属病院[編集]

この病院に行くには、まず本格的な登山の装備が必要である。

駐車場から病院の入口までは、片道約3時間の関東ふれあいの道が整備されているが、一部危険な箇所には、きちんと鎖場や急なハシゴが設置されているので、富士山谷川岳に登頂経験のある程度の患者であれば、問題なく踏破できると思われる。分かりづらい経路上には、岩場などにペンキで矢印が付されているが、遭難防止に念のため国土地理院発行の2万5千分の一「越生・毛呂山」をあらかじめ持参することが望ましい。 なお、入院すると医大なるお医者様の回診と言うマスゲームに強制参加させられ、科によっては体温等計る為に長時間のバンザイをさせられる。

教育[編集]

埼玉医科大学では、「すぐれた臨床医の群生」を教育目標にしており、緑豊かで閑静で歴史と伝統にあふれてて、イイ環境が学生を心優しい群生へと育むという。また、歴史的にチベットとの関わりが深く、ダライ・ラマ3世が訪れたことがある。これによって、中国からのミサイル攻撃の対象の一つになっていると古代から語り継がれている。なお、この大学で代返(たいへん・だいへん)をすることは、自殺行為であると言われている。出席表は、毎時間教授による筆跡鑑定が行われ、三ヶ月から半年に一度、公開処刑と言われる一斉摘発が行われる。教授は、この解析に全精力を費やすことが法律にとって定められており、調査解析室という専用の部署がこれに当たっている。代返の解析には、PCR法in situハイブリッド形成法といった最新の方法が用いられているという。なお、入学するとオリエンテーションと言う医大なる教育思想を叩き込まれる。

群生を維持するために、2008年6月からは、講堂内へのモンスターおよびモンスターハンターの持ち込みが禁止されるとともに、窓から出入りした学生は、埼玉共和国警察への身柄の引き渡しと、不審者に呼称変更が行われることが正式に決定した。

その他[編集]

群生ニダ。
僕はここで生まれました。

関連項目[編集]