さいたまりそうな銀行

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情メロンパンが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

債貯まりそうな銀行さいたまりそうな銀行( - ぎんこう)はさいたま国の中央銀行。本店はさいたま市にある。2002年(平成14年)に朝日銀行ヤマト銀行と合併する際に、さいたま国の中央銀行の機能を分離独立する形で設立された。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「さいたまりそうな銀行」の項目を執筆しています。

概要[編集]

前身のさいたま銀行は、1943年に設立されて以来、さいたま国の中央銀行として国の発展に寄与してきた。同行設立後、さいたまには隣国日本からの亡命者が急増して同国の人口と経済規模は急拡大し、同行も、日本をはじめとする他国への進出を果たした。1991年、さいたま銀行は、さいたまの手による日本経済の支配を目論み、同国の都市銀行の一つである狂和銀行を併合、日本(特に首都圏)における拠点の増加を図った。その本店は、さいたまの半植民地と化していた日本の首都、東京におかれた。これに伴い、同行の名称は、狂和さいたま銀行を経て朝日銀行となった。

この朝日銀行は、日本の警戒を解くため、形式上は日本の銀行という立場をとった。さいたま国議会議員たちは、「外国銀行が中央銀行とは何たるナンセンスだ!」との抗議を、さいたま国財務省や朝日銀行に抗議を度々行い、同国第二の銀行である武蔵の銀行を中央銀行にしようとの動きもみせたが、これはさいたま国によるカモフラージュ作戦といえる。実質的には、朝日銀行は依然としてさいたま政府との関係が強く、同国民の日本への進出を促進する機能が強化されることとなった。

しかしこれは、次第に日本国民および政府の警戒を招くこととなった。日本政府は朝日銀行に、2000年には日本の別の銀行である倒壊銀行、翌年さらに惨和銀行との業務提携を行わせることで、同行へのさいたま国の関与を弱体化させることを画策した。しかしこの提携の試みは失敗したため[1]、次に単独での存続が危ぶまれ、金融再編からもあぶれたヤマト銀行[2]との合併を行わせることで、同行の弱体化を図った。

しかし、これは逆にさいたまの日本への進出をさらに加速させることとなった。同行は、さいたま政府の圧力によりさいたま国内の拠点部分を切り離すことを余儀なくされた。このようにして生まれたのがさいたまりそうな銀行である。また、旧狂和銀行の機能とヤマト銀行は合併してりそうな銀行となったが、これも実質的にはさいたま政府の間接的な影響力の下にあるといえ、その影響力は関東地方のみならず日本第二の大都市圏である関西地方にも及ぶことになったのである。

拠点[編集]

現在ではさいたま国内は比企東秩父村を除く全市町村に拠点を持つが、この他にも東京都内に二箇所、栃木県足利市に一箇所国外拠点を持っている。

東京都内の拠点は池袋と、りそうな銀行の関東本拠地である大手町であり、前者はさいたま国の実質的な国外領土となりつつある地域での国民の経済活動を支援するために設置され、後者は主に日本国との外国為替業務を行うために設置された店舗である。かつては新宿にも拠点を持っていたが、さいたま国が占領できる可能性がなくなったため閉鎖となった。

一方、さいたま国の中央銀行でありながら栃木県足利市にも拠点を持っている事に対してはさまざまな憶測が流れているが、最も有力とされるのは設立者が森高千里の熱心なファンだったからではないかと言うものである[3]

業務内容[編集]

中央銀行ではあるが、庶民のしけた貯金も扱っている。但し、外国人が口座開設する場合には融資並み、いやそれ以上の厳しい審査を通らなければならない事で知られている。

さいたまりそうな銀行またはりそうな銀行の本支店で出入金を行った場合、預金通帳には取引店舗名が漢字で印字されるようになっており、これを活用したスタンプラリーならぬ印字ラリーも毎年実施されている。因みに、2007年(平成19年)の印字ラリー優勝賞品は「美味しいさいたまのDHMO」12ケースだった。

また、ご承知の通りさいたま国の主な産業は出稼ぎだが、国民が出稼ぎ先でも安心して利用できるように、さいたまりそうな銀行のキャッシュカードはりそうな銀行のキャッシュコーナーでも他行手数料無しで出入金が出来るようになっている(逆も同様)。

脚注[編集]

  1. ^ 倒壊銀行と惨和銀行はその後合併してユーエフジェー銀行となり、束京身潰し銀行と合併し現在の身潰し束京ユーエフジェー銀行(通称寿限無銀行)となった。
  2. ^ ヤマト銀行は大手他行に押されていた事に加え、1995年(平成7年)に米国で約1000億円もの大金を跡形も無く消し去るという手品を演じてしまった影響でジリ貧となっていた。
  3. ^ 渡良瀬橋は足利を舞台にした楽曲として有名である。

関連[編集]


この項目「埼玉りそな銀行」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です。本当にありがとうございました。彩の国さいたまに訴えられないうちにさっさととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)