執事

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

執事(しつじ Butler)とは、ちょっと金持ちな人間の館に仕える男性の奴隷のことである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「執事」の項目を執筆しています。

概要[編集]

執事は基本的に男の中の男でしか就くことが出来ない高名な職業なのである。また、執事に就ける必要最低限の条件としては、時速80kmで暴走する車に自転車で追い付き、そのままゴミのように轢かれても平気な身体能力を持っていなければならないという。これは、万が一館のお嬢様が誘拐されてしまった時に助けに参るのが執事の役目だからだといわれている。

それだけでも基本的に厳しい役職だが、名門貴族に仕えれば仕えるほど生活が豊かになるとされている。だが実際は金持ちの館についてるからと言って必ずしも高い給料が割り出されるわけではない。給料が高いと思わせることで単純に人手を集めたいだけなのである。そうして騙された身体能力のある男性は、いつか豊かな人生が送れると信じて、報われない労働をこなしていくのである。

執事の仕事というのは基本的に家事使用人として働くことであるが、名門貴族の家にある食器はどれも豪華なのは当たり前のことである。ナイフなどは銀製故に丁寧に磨かねばならないし、1枚に6ケタの価格が行きそうな皿などの食器を扱っているために、洗う時などに割ってしまうようなミスは一切許されない。加えて名門貴族の館に生まれたお嬢様というのは大抵高飛車で我儘な性格で育つため、理不尽な命令を受けてもそれに耐えなくてはならないのである。

最近サブカルチャーの1つとして執事喫茶なるものが開かれているが、あれは単にメイド喫茶と張り合っているのではなく、執事という名の奴隷解放に向けての運動であると解釈する方が正しい。

階級[編集]

下級の使用人は個室を持たされないために台所やら地下牢地下室やら物置やらで寝かされる日々を送っているという。一方でバトラーと呼ばれる上流階級の使用人は個室を持っているため、下級使用人たちは厳しい重労働を受けながらも、何とかバトラーとして認めて貰うように努力をし続けたという。

そうして涙ながらの仕事をこなしてきた執事達の中で、ワーカホリックに陥ってしまったのか、あるいはお嬢様の厳しい命令に喜びを感じた者達は、やがてセバスチャンという執事の中でもこれまた響きがとても素晴らしい階級へと登り詰めるのである。

名前の由来[編集]

執事に当たる英語名はバトラーが一般的だが、バトラーはイギリスの上級使用人のことを指している。では「執事」という言葉はどこから来たのだろうか?

これはある我儘お嬢様が住む名門貴族で生まれた言葉であるという説が有力である。その館では、一体何人雇ったんだか分からないほど多くの執事共が、お嬢様やらご主人様の厳しく、理不尽な命令に苦しめられていた。そうしてへとへとになった姿がまるで生け贄にされたのようだったからということで、それを使用人っぽく変えた肩書きが「執事」だったということである。「執事」と「羊」をかけた駄洒落がやたら滅多に見かけることにはそういった由来があるからだと考えられている。

著名な執事[編集]

※こう見えても執事です。

ハヤテのごとく![編集]

執事キャラを語るうえで絶対に外せない人物と言えば、右の画像の人物である綾崎ハヤテであろう。彼はこの記事の概要で述べた執事につく最低条件である「時速80kmで暴走する車に自転車で追い付き、そのままゴミのように轢かれても平気な身体能力」を持ち合せており、後に彼のご主人様となるツンデレくぎゅうお嬢様の三千院ナギを、見事誘拐犯から救ったのである。

執事としての階級は仕事の手際良さと体力を併せて評価すると、バトラー以上といっても良い。しかも彼は変身するたびに戦闘力が遥かに増すという強力な能力を持っており、更にその変身形態をあと2回も残しているという。そのため、お嬢様の護衛には申し分ないくらいの身体能力を誇っているのである。

だが、一方で彼のことをメイドではないかと主張する意見も出ている。少なくともあの童顔では、セーラー服を着ても全く違和感が働かないのである。これに関しては今も激しい議論が続いているという。

なお、ハヤテが仕える三千院家にはクラウスさん(倉臼征史郎)という大変立派な執事長がいるのだが、お嬢様のベットの下から突然現れたりするため、変態疑惑が浮上してしまっている。

乃木坂春香の秘密[編集]

主人公の綾瀬裕人が、これまたツンデレくぎゅうお嬢様の天王寺冬華に一時的に仕えたことがある。だがこのお嬢様はツンデレのツンの部分が露骨に広がっており、コンマ一秒でも遅れたら斬馬刀で足腰立てなくなるまで捻り倒したりするという。そのため、彼女に仕えようとした執事は三日も経たずに生け贄の羊と化してしまったのである。

そんな厳しい労働を一週間も送り、見事にお嬢様にデレの部分を晒し出すことに成功した裕人は、執事としては異質なロドリゲスという階級を授かっているのである。ただし、ある事故が原因ででそれは全て報われない労働に終わってしまうのであった。仕える者の身分から見ると、天王寺に仕えてると知れば誰もが驚くらしい。余談だが、ロドリゲスというのはお嬢様が飼っていたエリマキトカゲの名前である。ネーミングセンスに関してはお察し下さい

けいおん![編集]

作中のバンド、放課後ティータイムのメンバーでキーボード担当の琴吹紬が家で執事を雇っている。名前は「斉藤」と呼ばれていて、原作のラフ画に描写されている風貌から推測するに長年仕えている様だが、紬の電話中に割り込んで怒鳴られているなど結構厳しい対応を取られている事が多い。やはり執事は大変なのである。

HELLSING[編集]

ヘルシング家当主サー・インテグラル・ファルブルケ・ウィンゲーツ・ヘルシングに仕える老人のウォルター・C・ドルネーズがいる。若い頃からゴミ処理係を経験しており、老いてなお非常に高い戦闘能力を誇っている。そのため、現在も吸血鬼狩りとゴミ処理に関しては申し分ない腕前を披露している。少年のころから執事である。暖炉を温めるのにデブの首を落としてくべて使う。

だが、後に若返りの力の欲しさのあまりに吸血鬼アーカードと闘いたいという理由で主人と縁を切ることとなる。最後に直接主人から言われた言葉「さらばだ ウォルター 然らば! 死ね!!!」


魔術士オーフェン[編集]

マギー家に仕える変態執事、キース・ロイヤル。銀髪をオールバックでタキシード。本作の主人公、オーフェンのどんな攻撃も基本的に効かない。執事養成学校《岬の楼閣》出身で黒魔術を扱う。なかなか博識で大概の事は説明するがほぼ口からデマカセ。ただしデマカセだと思い放っておくと事実だったりする。歩く理不尽。懐かしいと思ったあなた。加筆を求む。


Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]


ツンデレ ……見ての通り、この記事「 執事 」は書きかけなわけだけど…、はぁ!?何言ってんの?勘違いしてるんじゃないわよ! べっ、別に加筆して欲しいわけじゃ無いんだから!まぁ、アンタがどうしても加筆したいって言うのなら、加筆させてあげてもいいんだけど…… (Portal:スタブ)