埴輪鶏

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

埴輪鶏(はにわにわとり)は、日本固有の鳥である。非常に希少な種であり、国から絶滅危惧種に指定されている。

概要[編集]

名前が指す通り、その姿は埴輪に酷似している。しかしながら、鶏の近類ではない。近縁種には埴輪インコ埴輪カラスがおり、いずれもその姿が埴輪に酷似している。当然、生物なので埴輪の近縁でもない。

埴輪鶏のや外皮は素焼きの器並に強度がある。特異な姿は土に色を似せて擬態するため、表面の硬度は自己防衛のための進化であると考えられている。また、その容姿と同様に泣き声も独特である。

小さな昆虫などを食するが、体が重いために動きが遅く飛行も不可能なために、土中のミミズなどを食べる場合が多い。

非常に個体数が少ないので捕獲・調査が難しく、その生態などについては未だ謎が多い。とはいえ、近年では少しずつそれも解き明かされてきている。

例えば、体が何故硬いのか、という疑問は長らく明確な説明がなされてこなかった。しかしながら、近年捕獲された体組織の一部らしきものを分析したところ、土器に非常に近い成分が含まれる事が分かった。この事から、土中のミミズなどを食べる際に同時に土を摂取し、その成分を体表に送っているのではないか、という説が現在では一般的になっている。

歴史[編集]

その特異な姿から古来よりとして、あるいは悪魔として扱われてきた。埴輪鶏の頑丈さから、それにあやかるべく人間や動物の人形に埴輪鶏の姿を巧みにとりいれて作られた「埴輪」はあまりにも有名だろう。

また、近年ではその貴重な体組織を一人で研究するための「神の手」という行為が横行しており、非常に問題になっている。「神の手」は、埴輪鶏の組織片を遺跡から発掘された土器に偽装して縄文・弥生期の遺跡周辺に埋め、それを後日掘り出して土器の研究と称して持ち帰るという、非常に悪辣な行為である。1匹丸ごと殺して埋めたという例もあり、研究者の間ではこの行為に対する罰則を強化せよ、という声も大きい。

存在の確認[編集]

その特異性から、一部には埴輪鶏の存在を疑問視する声もある。しかしながら、以下に示す方法でその存在を容易に確認する事が可能である。

  1. PC、携帯などでメモ帳を開く
  2. 「にわにはにわにわとりがいる」と打ち込む。
    この時、途中で変換せずに一気に打ち込むよう注意する。
  3. 変換する。
  4. 「庭に埴輪鶏がいる」となり、埴輪鶏が現実にいることが確認できる。
    天下のMicrosoftアップルコンピュータNTTドコモauソフトバンクモバイルやらが変換させてくれるんだから間違いない!

なお、近年では使われる機会が減ってきているために、一回で変換出来ない場合 もあるので注意すべきだろう。

関連項目[編集]