坂祝町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「坂祝町」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「坂祝町」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「坂祝町」の項目を執筆しています。

坂祝町(さかほぎちょう)は、長良共和国岐阜県)中濃地方のである。

難読地名とされているが、鉄オタは何故か読める。

別名を「パジェロ帝国。坂祝町が属する長良共和国は大豊田連邦を構成する国であるが、この理由で坂祝町は大豊田連邦には単独で参加していない(坂祝町側が拒否)。

概要[編集]

岐阜県中部の中濃地方の町であり、東はかつてSONY城下町であった美濃加茂市、北は関市、西は各務原市、南は木曽川を挟んで愛知県犬山市に接する。特産品はパジェロ(実際の坂祝町のHPでもマジでパジェロを町の特産品として紹介している)。

現・国王はパジェロⅣ世(2006年即位)。その姿は人間では無く自動車からロボットに変形する生命体とも言われているが、その姿を見たものはいない。国王の納める税金が町の税収の約3分の1を占めることもあり、住民は国王に服従せざるを得ない状況である。大豊田連邦は長良共和国の小さな町が歯向かうのを良しとせず、あらゆる経済封鎖、関所による通行制限(自動車の車種による制限。徒歩・牛車・駕籠・自転車は制限無し)、木曽川を渡る橋の建設の阻止などを行っているが、今のところ国王の財源が豊富なこともあり、住民の日常生活に不自由は無いようである。

しかし、国王を陰から支配している三菱自動車の状況によってはこの町も危いところもあり、過去にも危い事態に陥ったこともある。まあ、2017年現在は日産自動車社長次第だが・・・。

おっと、他にも何かないかと考えても、思いつかない。一応戦国武将の仙石秀久豊臣秀吉の部下)の出身地・・・。

歴史[編集]

元々は長良共和国の小さな町であったが、1982年に突如自動車の形をした生命体が現れ、国王パジェロⅠ世を名乗り大量の金銀財宝を町にもたらした。以降パジェロ帝国を名乗っている。国王は長良共和国にも資金を提供したため帝国の存在を黙認。大豊田連邦を支配してるトヨタ自動車にとっては目の上のタンコブとも言える。

歴代国王[編集]

パジェロⅠ世(在位:1982年~1991年) パジェロⅡ世(在位:1991年~1999年) パジェロⅢ世(在位:1999年~2006年) パジェロⅣ世(在位:2006年~)

関口宏渡辺正行等により、国王の名前は1983年から2004年および2006年から2010年の毎週月曜日(または木曜日)に関口宏の東京フレンドパークIIで連呼されており(パジェロⅢ世の一時期を除く)、国王の名は日本国民にも知られている。

交通[編集]

高山本線坂祝駅 バス路線は無い。国王の方針により町民には自動車が支給されているので。



この項目「坂祝町」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)