坂戸市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

坂戸市(さかどし)は、彩の国に属する、都市のひとつである。東武東上線とその下僕である越生線が発車する市。

市の概要[編集]

彩の国でも影の薄い都市である。一応人口は10万人を超えてるとのことだが、朝になると市民の大半が東上線にさらわれて強制労働に駆り出されるため、昼間に市内で住民を見かけることは不可能に近い。

また、文化施設が少ないため市民はいつでも娯楽に飢えている。特筆すべき行事も学校もない。唯一自慢できる地元の企業はぎょうざの満洲ぐらいである。

つまり、建物を建てるための土地があったから市になれたのが実情なのである。生活必需品以外の物を求めようとすれば、市外に行かなければならない。そのため、現在では川越市の下僕となってしまっている。

交通・地理[編集]

市内にある圏央道の坂戸インターチェンジは、彩の国一知名度が低いとの評判である。実際に市民でもどこにあるか知らない。東上線と越生線他に八高線も市内をがんばってかすめているのだが、誰にも気づいてもらえない。

鶴ヶ島より奥地にあるため、東上線沿線民からは船に乗り換えないとたどり着けない陸の孤島だと思われている。坂戸市に辿り着くまでの苦労を、通称「島越え」というほどである。

市内には越辺川の支流、高麗川が流れている。高麗川は、高句麗からの亡命者がこの川の上流である日高市に定住したことに由来してつけられた名前である。亡命者が、その地を故郷としてくれる方々で本当に良かった。

川越の下僕[編集]

川越市の下僕であり、市内の車は川越ナンバーである。市民の9割9分が他県で出身地を問われると「川越のほう」と答える。市民に理由をたずねると「だって、坂戸市なんていってもわからないでしょ」とのことである。

休日になると、市民の大半が川越へと出掛ける。特に若者たちはクレアモールで都会気分を味わう。駅が郊外にあるとはいえ、電車に乗ればすぐ東京へ行けるにも関わらずである。これは、戸坂市民が川越市の下僕である有力な証拠だといえる。

そのような市民の行動もあり、いつからか「坂戸市民は川越市民より川越に詳しい」「川越のことを聞きたかったら坂戸の方に聞け」とまで言われるようになるほどの、川越市の下僕となったのである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「坂戸市」の項目を執筆しています。