坂崎直盛

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「坂崎直盛」の項目を執筆しています。

坂崎 直盛(さかざき なおもり) / 宇喜多 詮家(うきた あきいえ)は、戦国時代から江戸時代前期の武将、大名。宇喜多直家の弟であり、宇喜多忠家の長男。父と同様に空気と化している非常に影が薄い。ストーカーとして有名。

概要[編集]

宇喜多秀家につかえており、石高もそれなりで平凡な大名であったが、何かと仲が悪く、対立していた。そこに、御家騒動が発生した。これに豊臣秀吉は激怒し、秀吉と以後対立することとなる。

そして1600年、関ヶ原の戦いでは秀吉とのいざこざもあり東軍(徳川家康側)に加勢したため、戦後その功績が認められ、あわせて5万石を与えられた。その後大阪の陣においての功績も認められ、計6万3468石を与えられた。

藩政では、蚊の対策のため、鯉の養殖を創始したり、和紙の原料となる植物の奨励を行うなど、その後の藩政に大きな影響を与えた。

と、ここまでは普通の空気大名である。

ストーカー性[編集]

坂崎直盛はかなり執拗性が強い。

自身の縁戚にあたる富田信高が、家臣を殺害した宇喜多左門を匿っていたという話を何処からか仕入れると、富田に宇喜多左門を引き渡すよう求めた。しかし、富田がこれを拒否すると、武力衝突をちらつかせながらしつこく要求、そしてついには幕府にもしつこく要求したのである。幕府は彼の執拗な要求に負けたのか呆れたのか、結局は富田は改易になった。

このエピソードからは彼のストーカー性が良く見て受け取れる。彼は、自身のストーカー性で一人の人生をめちゃくちゃにしたのである。

千姫事件[編集]

1615年大坂夏の陣では、徳川家康の、「千姫を救出した人に千姫をあげる」という言葉を誤って「直盛君に千姫をあげるから千姫を救出してね」と聞き間違え、千姫を全力を挙げて救出しようとした。直盛は、その際火傷を負いながらも千姫を救出したかっこいい人なのだが、その火傷があまりにもひどかったようで、千姫はこれを拒絶、それを受けて直盛は千姫奪取計画を立てる。

しかしこの計画は事前に幕府側に漏洩してしまい、幕府は「直盛が切腹したら藩を潰さないであげる❤︎」と進言してきた。もちろん家臣は反対したのだが、これを拒否すれば藩ごと無かったことになってしまうので、家臣は直盛を酔わせ、その隙を狙って斬首した。包囲されてるのに酒を飲むなよ、と言いたくなってしまうが、そこは大名のプライドである。

結局、坂崎直盛は自身のストーカーせいで人の人生をめちゃくちゃにしただけでなく、自分の人生をもめちゃくちゃにしてしまったのである。

関連項目[編集]