地球侵略

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「地球侵略」の項目を執筆しています。

地球侵略(ちきゅうしんりゃく)は、人類によって文明が築かれた地球を、別の天体から来た知的生命体(宇宙人)が武力等を用いて占領し、その主権を奪うことを目的とした工作活動のことを指す。地球征服地球占領と呼ぶこともある。

地球侵略の概要[編集]

そして今も狙われている。

「地球を侵略する地球外生命体」と「それに対抗する、ないしはただ逃げ回る地球人」の構図は古くよりSF作品では人気があったようで、19世紀末の1898年に発表されたハーバート・ジョージ・ウェルズによる『宇宙戦争』で火星人の地球侵略活動が描かれた辺りを発端とし、21世紀の今日に至るまで世界中の小説漫画アニメ映画ドラマゲームなどでしばしば題材になっている。

これらの中には、初期に書かれた『宇宙戦争』が、他の民族に対する侵略活動を大航海時代大後悔時代)あたりから繰り広げてきた欧米人による痛烈な自虐的風刺になっていたことからも示されるように、今なお続く戦争紛争環境破壊差別問題などに対する地球人の持つ後ろめたい罪悪感の裏返しとして、それを「宇宙人がもしいたら」及び「彼らの手で地球人が同じようなことをされたら」どうなるだろうか・・・など、思考実験を伴った風刺として表現したものが多くある。

1940年代以降、『宇宙戦争』のドラマ化等と前後して地球各地でUFOの目撃例が出てくると、現実問題として宇宙人の侵略活動を真剣に危惧する者も現れ、中には現代社会に絶望した者が核戦争隕石落下を望んだりするのと同様、それを待望する者も登場するようになった。

問われる意義[編集]

上述した通り、21世紀の今日でも未だ地球以外の星で知的生命体の存在が確認された事例が皆無であるにもかかわらず、地球に対する侵略活動を真剣に心配している、ないし待望している者は一定数存在している。

しかし現実問題として、地球外生命体が地球を武力で占領するからには、それなりの理由が存在しなければ資材等の無駄遣いとして、彼らの社会から支持を受けない可能性が高い(もしかしたら気まぐれでやってしまう者が皆無とはいえないが)。その際、以下のような理由をつけることが考えられるが、それぞれにまた反論が存在しており、それが今日まで地球を攻撃する者がいない反証とされることもある。

労働力の確保[編集]

地球上に生息するヒト(ホモサピエンス)を含む動物を捉え、奴隷として活用する為という説。代表例は映画「ドラえもん のび太と鉄人兵団」に登場する鉄人兵団や「ウルトラセブンX」に登場するマーキンド星人など。「ウルトラマンティガ」に登場するスタンデル星人に至っては、人間を捕まえて自分たちの傭兵に仕立て上げようとしていたくらいである。しかも内戦の。

しかし、地球にまで来訪して地球を攻撃するほどの力を持った生命体であれば、地球人の知能や知識は彼らに比して遥かに劣るであろうから、捕まえたとしても彼らにしてみれば初歩的の、いわゆる単純労働にしか使えない可能性が高く、彼らの有する高度な技術に基づいて開発されたロボット等で代替すれば十分であり、意味がないとする反論がある。

移住先の確保[編集]

彼らの出身星が環境破壊等で壊滅したため、代わりの移住先として地球を選択し、その先鋭として地球を攻撃するという説。代表例は「宇宙戦艦ヤマト」のガミラス帝国や、「ウルトラシリーズ」のバルタン星人

しかし、成立から46億年経って現在の状態となった地球とほとんど同じ環境に、他の恒星系に属する惑星がなっていると考えるのは、その偶然性から見て不自然であり、地球を占領したとしてもその環境を植物から動物に至るまで全て一掃しなければ、彼らの望む通りには活用できない可能性が高く、それならば近くにある無人の金星火星を占領した方が、資源・費用がかからずに済む可能性が高いという反論がある。

外貨の獲得[編集]

貿易用の拠点として、地球の顧客に対し商品を売りつけようとするという説。代表例は「銀魂」の天人など。

しかし、地球で使用される通貨が宇宙でどれ程の価値を持っているかは分かるわけもなく、ならば貴金属や資源などを渡せばいいのかというとそういったものが別の惑星では石ころ並にザクザク採れるケースもあり(藤子・F・不二雄作品「21エモン」「ヒョンヒョロ」などを参照されたし)、結局何が彼らにとって得たいものなのかわからないといった論もある。

軍事上の拠点[編集]

地球上の冷戦のように、銀河系を二分するような派閥が存在し、その前線基地として活用する為という説。代表例は「ケロロ軍曹」のケロン軍や「超電磁ロボ コン・バトラーV」のキャンベル星人など。

しかしこれについても上記と同じく、なぜ無人の金星火星小惑星を活用しないのかという反論がある。

資源の強奪[編集]

地球上に存在する、など資源を奪うためとする説。代表例はウルトラシリーズに出てくる宇宙人たち(例:ケムール人、シャプレー星人、バンダ星人、テロリスト星人など)。

だが、宇宙には地球と同じような環境の惑星でありながら、知的生命体の存在しない惑星が無数に存在すると考えられており、なぜそちらを活用しようとしないのかという反論がある。

地球上生物の検証[編集]

ヒトをはじめ、地球に住む動植物を研究するためという説。代表例は「ウルトラマン」のダダや、「ウルトラマンティガ」のレイビーク星人。パンダを捕まえようとした「ウルトラマンA」のスチール星人や、只管改造実験をしたくてたまらないというだけで星々を手当たり次第に攻撃しまくる、「超新星フラッシュマン」の改造実験帝国メスなんかもこれに入るかもしれない。

しかし、研究のために地球を占領するなどしてその環境を破壊しては、長期的な研究が不可能となる。そのため研究を目的とするならば、逆に攻撃はしないだろうという反論が存在する。

征服欲[編集]

生存のためとか利益を得るとかの合理的な目的ではなく、アレクサンドロスチンギス・ハーンフビライ・ハーンのように、単に領土を拡大したいという「欲望」を満たすために行なうとする説。代表例は「宇宙刑事シャイダー」のフーマや、「ウルトラセブン」のガッツ星人など。

けれども、独裁者が自分の欲望のおもむくままに戦争を行なう事ができたような遅れた時代と異なり、宇宙に進出するほど文化・文明の進んだ知的生物が、征服欲に凝り固まった独裁者を指導者に選んだり、ましてやその指示に黙って従う物がいるかどうかを考えると、これも疑問符が付けられる。

もっとも、地球においても21世紀の現代でさえアジアアフリカなどに非民主的国家が存在するので、この反論の説得力はいささか劣るという指摘もある。

一方、そのような独裁組織は他の知的生命体にとっても脅威となりうるため、早い段階で別の組織・民族等より敵視される可能性が高く、また独裁政権は長期化すると専制化して腐敗する傾向があるため、地球を狙う前に内外の紛争を受けて根絶やしにされるのではないかという反論もある。

余計なお世話[編集]

地球人が余りにもゴーマンなため、自分たちで管理しておかねば地球環境そのもの、ひいては宇宙全体がヤバいと判断し、己の正義を振りかざして地球を統治し管理下に置こうという説。代表例は「ウルトラセブン」のマゼラン星人や「ウルトラマンコスモス」劇場版第3作のデラシオンなど。地球出身者で言えば「ウルトラマンマックス」の地底国家デロス人、「侵略!イカ娘」の深海国家、「映画ドラえもん のび太と雲の王国」の天上国、地球人であるが「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」のネオ・ジオンなども入る。

しかし、何光年も離れた惑星に単騎で移動できるような科学力があるのなら、なぜ月に行くのがやっとの人類(ニャルラトホテプ星人曰く「バブちゃん」)をそこまで恐れる必要があるのかという根本的な反論もある。

保身[編集]

「余計なお世話」説からさらに進んだパターンで、地球人が自分たちをいつか侵略してくるのではないかと恐れるあまり、「だったら侵攻される前に滅ぼすか隷属させてしまえ」という考えを持つという説。第二次世界大戦における旧日本軍がまさにこれであり、昨今の北朝鮮も(完全に個人の欲望であるが)これに近い。創作物における代表例は「平成ウルトラセブン」のヴァルキューレ星人、「シルバー仮面」に登場する宇宙人連合など。

だが、地球までわざわざ攻めていけるだけの科学力があるのならば、月に行くのがやっとの地球人をそこまでビビる必要はないのではないかとも取れる。つーか、ここまでに書いた全ての侵略者に言えることであるが、まず話し合おうとする余地はないのだろうか。

意識の相違[編集]

このような疑問を抱えた上で考察を続けると、彼らは地球人とはそもそも「征服」に関する意識が異なっており、「征服」活動を行うことが常識であるとして種族の本能に組み込まれてしまっている者が、侵略を行うであろうという説が出てくる。この場合、地球外生命体は必ずしも知的なものである必要はない。代表例は「ドラゴンボール」のサイヤ人、「ウルトラセブン」のバド星人など。産卵のために片っ端から炭素生命体を食いまくる「仮面ライダーJ」のフォッグもここに入れてよいかもしれない。

しかしこの場合も上記同様、そのような生物は他の知的生命体にとっても同様に脅威となりうるため、地球上から猛獣の多くが駆逐されたり飼いならされたのと同じく、種を長期に渡って残せるかに疑問符がつけられるという指摘がある。

快楽のための殺戮[編集]

一番ヤバいパターン。とにかく、弱い者いじめや戦いが大好きなので、とりあえず手ごろな弱そうな知的生命体がいる所に攻め込むという最悪の連中。代表例は「動物戦隊ジュウオウジャー」のデスガリアン、「ウルトラマンレオ」のツルク星人、「ウルトラマンティガ」のムザン星人など。

このような連中の場合には、最早「そういう種族なのだ」という認識でしか解説が行えず、このような連中は口より先に手が出るケースが多く、もはや「軍隊」ではなく単なる「犯罪者集団」と見なした方がよい。従って、「侵略」というか、害虫が宇宙から来た、くらいの認識でよい。ここまで悪辣ならば殺しても問題はないだろうし。

しかし、こういったケースの場合、核兵器まで保有している現代の地球にほんの少人数で攻め込むのはややリスクが高いわけで、もっと原始的な星を狙うべきではなかろうかという疑問も浮かぶ。

地球侵略計画を立てている人および団体[編集]

なお、以下に記すのはあくまでも通説によるものであり、侵略活動を行っている明確な証拠があるわけではない。上記のように、地球侵略には予算と手間に相当する効果が得られないとする見解が存在するため、実際には地球の観光旅行ないし定住による同化をしようとしているだけではないかという推測も可能である。

関連項目[編集]

ケロロ ケロロ軍曹であります!皆の者よく聞くであります。実は夏美殿に「地球侵略」を秀逸な記事にするように頼まれたのにガンプラを作っていたせいでまだ書きかけなんでありますよー。このままじゃ掃除当番一年分が回ってきちゃうであります。そこで皆の者お願いだから編集を手伝ってほしいのであります。え?ダメでありますか?それなら編集してくれないとペコポンを侵略するであります! (Portal:スタブ)