地層

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
露頭した地層
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「地層」の項目を執筆しています。

馳走地層(ちそう)とは、泥、砂、礫、小麦粉、野菜、肉などからなる堆積物が重なって層状をなしたものの総称である。

通常、地層は隠れており表面から見ることはできないが、構造の一部が崩れたり、包丁で切り取られたりして構造が表面化した場合には、地層を観察することができる。これを露頭という。

露頭した地層からは、その層が堆積したときの環境を推定することができる。
この地層は一見整合だが、中央の白い部分は後から堆積したものである。

地層の形成[編集]

地球上には、水中や窪地、台所などの環境がある。そのような所に、他の場所から運搬されてきた物質が堆積して、層をなすことにより、地層が形成される。

堆積が連続して行われたことによりできた地層を整合、堆積が不連続であるものを不整合という。

地層に見られる構造[編集]

大阪府で見られる斜交層理の例。それぞれの層に、細かな縞模様が入っているのが観察できる。
スランプ構造の例。堆積物は米の上に乗っていたり海苔で巻かれたりと不規則だが、一番のご馳走地層である。

露頭した地層を観察すると、構造的な特徴が見られる場合がある。

地層の構造は、形成される過程の堆積により生じたものと、形成後の外力により生じたものとに分類することができる。

堆積により生じる構造[編集]

特定の環境下で堆積した地層は、特徴的な構造を形成することがあり、その構造から堆積したときの環境を推定することができる。

地層に見られる特徴的な堆積構造としては、以下のものがある。

斜交層理
水流や風の速さ、向きが変化する環境で堆積が起こったときにできる、層理面と斜交した細かな縞模様である。当時の水流などの方向が推定できる。
漣痕
水面波の影響により生じた筒状構造の内側に、複数の穴が空いたもの。沼底で形成されることが多い。穴の中に辛みのある黄色い泥質のものが堆積していることもある。
スランプ構造
海底などに堆積した堆積物が、固化していないうちに海底などの斜面を滑り落ち、不規則に乱堆積してできたものをいう。
火炎構造
堆積物の表面が炎で炙り焼きにされたもの。
凹形の岩石状の構造物の上に乗った砕屑物状のものや泥状のものが混合して層化構造をなすものや、砂状のものと液体が混合して形成された平たい円形の土台に砕屑物状のものや泥状のものが乗っているものなどのように、表面の液体が発酵により凝固し粘土質になったものが熱により溶融して初めて完成状態となる場合や、厚く堆積した赤い部分と薄く白い筋状の部分からなる地層の炙りのように、単純構造からなる地層の表面を炙ったことで風味が増す場合などがある。
愛媛県松山市で見られる褶曲の例。砂岩の層と泥岩の層が背斜構造を形成している。
断層が生じようとする瞬間をとらえた貴重な写真。
サンドイッチ構造
主に、その堆積物の入るわけもない狭い空間に多量の堆積物がたまり、はみ出してしまう構造。はみ出してから食べるのはめんどくさいので、早々に食べることをお勧めする。


外力により生じる構造[編集]

地層は、形成された後に地殻変動などの外部的な力が加えられて、状態が変化することがある。これには、地層全体に傾きが生じる場合のほか、地層自体の形状が変形する場合がある。

外力により地層自体の形状が変化して形成される構造としては、以下のものがある。

褶曲
地層の側方から大きな力が掛かった際に、地層が曲がりくねるように変形したもの。地層の谷にあたる部分を向斜、山にあたる部分を背斜という。
断層
地層の側方から大きな力が掛かった際に、地層が曲がらずに割れ、割れた面に沿って動いたためにずれが生じたもの。

関連項目[編集]

Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第18回執筆コンテストに出品されました。