在原業平

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

在原 業平(ざいげん ぎょうへい)とは平安時代初期に一斉を風靡したアイドルグループ「六歌仙」のイケメンの歌手。

人物像[編集]

業平は清涼感のある声、幻想的な歌詞、そして類希なる美貌で人気を博した。しかも皇族の血を引いているため位も高く、彼を巡って何人もの女が醜き争いを繰り広げたとか。

業平自身それを自覚していたかどうかは知らないが様々な女性と怪しい関係を作ったり、時には手玉にとってやり逃げもした。平安時代でも5本の指に入るプレイボーイであり、それが災いしてか没後暴露本『伊勢物語』によってあることないこと書き立てられてしまった。

そんな色男である業平だが、父親の名前が阿呆親王であったため、同僚から「お前の父ちゃんまぬけ~」と侮辱を受けていたらしく、屈折した少年時代を過ごしたようである。また、歌詞の中に「この世に桜が無かったらもう咲く季節か散る季節かとアンニュイな気分になることもないのに」と言う一節を残しており、業平本人が毎年五月病にかかっていたことが明らかになっている。

が好物で、餅のために有り金を使い果たしたり、それでも我慢ならず、通りすがりの農家などで無銭飲食をしばしば働いていた。後に被害者の会が結成され、その悪行を狂言「業平餅」として残している。

活動[編集]

小野小町大伴黒主と平安の小室ファミリーと呼ばれるユニット「六歌仙」を結成し、そのリーダー格を担った。なお、名前の本来の読みは「あんばらのなりひら」だが、肋骨と平社員を思わせる読み仮名が気に入らなかったので読みを改めたらしい。

臣籍降下された際に阿保親王より下賜された在原姓であるが、言霊信仰全盛の時代にこんなことをするのは、「お前は都ではなく原っぱにでも在れ」という嫌がらせ以外の何物でもない。東下りなども、結局のところ権力争いに破れた結果だったりする(割と本当に)。

辞世の句[編集]

ついに行く 道とはかねて 聞きしかど 昨日今日とは 思わざりしを
せめてもう3日前に今日死ぬことが分かってればもっとマシな辞世の歌が考えられたのに、と言う意味の句。天才歌人であった業平にも、流石に即席で辞世の歌を作るのは難を要したようである。
千早振る神代も聞かず竜田川 韓紅に水くくるとは
千早たんに振られその妹の神代たんにも相手にされなかった力士竜田川は帰郷して豆腐屋をやっtあぁん?落語じゃねぇぞって?うるせぇ、あんなプレイボーイが俺の嫁に目をつけないわけねぇだろがks。業平は自分の恋愛に飽きて他人の恋愛も詠み出したんだよ。ちゃっかり百人一首にも載っている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「在原業平」の項目を執筆しています。


面白くなさすぎる.jpg 先生、在原業平の原稿まだですか。
もう、先生だったらこんなのあっという間に仕上がりますよ。全国の読者も先生の秀逸な記事を待ち望んでるんですから、先生もこたえなきゃ。
よろしくお願いしますよ。 (Portal:スタブ)