土用の丑の日

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

土用の丑の日(どようのうしのひ)とは、土用の期間内にあるの日のことである。それ以外の意味はまったくないのだが、いつの間にか夏の土用のこの日にを食べる習慣ができている。この風習はバレンタインデーなどの商業主義により生まれた習慣の元祖と言われている。

起源[編集]

起源は江戸時代の江戸に始まったというのが有力である。

夏に鰻がさっぱり売れないことに悩んだとある鰻屋が、当時江戸一番のコピーライターである平賀源内になんでもいいから売れるようにしてくれと頼んだのが発端。源内は「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という都市伝説が本当であるかのようにし向けることを思いつき、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた。

たった5文字の張り紙なのに、江戸庶民は都市伝説が本当であることを信じ込んでしまい、一斉に鰻を食べるようになったという。「平賀源内(という名前が知れたもの)が言うから間違いない」という、著名人のいうことはすぐに事実だと信じ込んでしまう日本人の気質は昔も今も変わっていないようだ。これにより源内に依頼した鰻屋はかなり儲かり、他の鰻屋も一斉にまねをしたため、いつの間にか風習として定着してしまったものである。

実際の効果[編集]

こういう商業主義から生まれた物に根拠などなく、実際の効果を見込めないのが普通である。ところがこの「鰻」に関しては、ビタミンB類が豊富に含まれているため、夏バテや食欲減退防止への効果があり、に食べるのは理にかなっている。

また「土用」とは五行思想にもとづき、どの季でもない=季節の変わり目にあたる。また丑の日とはこの土用の内、夏→秋のことである。夏の終わり際ということで夏バテもピーク、加えて気候が変わるため体調を崩しやすい。そこへ、夏だからとサッパリしたものばかり食べて不足していた良質な油・タンパク質を取る、というのも理にかなっている。

しかし、これは後になって判った偶然の産物であり、発端はやはり売り手本位の宣伝からである。

そんな偶然であっても「夏の鰻」には一応の裏付けが実証できた。しかし一方の「丑の日」に食べることの効果については、根拠なんて全く無い。土用も四季の変わり目にある。故に年に4回あるので、夏に限る必要性は無いのである。

なお鰻の旬は冬である。夏は鰻も夏バテで食が進まないため、油のノリが悪くあまり美味くない。

現在の動き[編集]

この土用の丑の日を真似たといわれているが、バレンタインデー等々の各種風習である。これらが元祖と違うのは、「外国では一般的な風習であり、常識である」という風に最初から日本でもこれらをやるのは当然という宣伝をすることで、チョコレートなどの関連商品を売りつけるという販売戦術を取っていることである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「寒の土用の丑の日」の項目を執筆しています。

現在では、夏だけでなく冬の土用の丑にも鰻を売りつけようとする運動が始まっている。もちろん冬に食べる根拠はまったくなく、ただの商業主義による風習のねつ造に他ならない。ただしうなぎは冬のほうが脂が乗っているため、冬にうなぎを食べるのは理に適っている。要するにうなぎは好きなときに食えということである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「土用の丑の日」の項目を執筆しています。
この項目「土用の丑の日」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)