土浦市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「土浦市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「土浦市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「土浦市」の項目を執筆しています。

土浦市(つちうらし)は、チバラギ共和国の南部に位置する商業都市である。

新治県(にいはりけん:俗に言うチバラキ県)の県庁所在地であり、かつて周辺地域がまだ未開拓だった頃はかなり栄えていた。しかし、つくばエクスプレスの開業により県南の雄としてのメンツを完全に潰され、逆につくば市の衛星都市に成り下がっている。一体何処まで下がるのか…でもaeon万歳!!!

地理[編集]

霞ヶ浦に面する。レンコンが特産品であるにもかかわらず、ここの住民の目は節穴であり、物事の表面しか見えていない人間が多く、先見性の欠如が土浦の衰退につながったとみられている。

土浦周辺は広大な未開地が広がっていたが、東京のベッドタウンとして急速に開発され、力を付けた町村がにわかに結束するようになった。つくば市の成立はもとより、阿見町・美浦村の「霞南市」構想や、千代田町・霞ヶ浦町の「霞ヶ浦市」構想などがその主たるものである。

当然ながら、土浦市民は「霞南市」を「禍難市」、「霞ヶ浦市」を「滓味ヶ浦市」と罵倒し牽制した。「霞南市」は不発に終わったものの、周辺自治体の離反が相次ぎ、竜ヶ崎市の「真・県南宣言」が追い打ちをかけた結果、県南地区における拠点性は急速に失われてしまい、「昔は良かった」と嘆く住民が多い。

歴史[編集]

その歴史は、つくば市とは比べものにならないほど古く、江戸時代の頃から街があったといわれている。市の中心部に亀の形をした「亀城(きじょう)」が建てられていたが、が積もり過ぎたため、が崩れかかっていたという。本丸は現在すでになくなっており、門がのちに再建されている。

土浦は「新治連合」の盟主として、真鍋・石岡・高浜・柿岡・その他大勢の村々を統べる存在であり、真鍋町と合併して、県南で初めて市になるなど、明治から昭和にかけて卓越した求心力を持つ都市であったと言われている

その後、石岡・龍ヶ崎・取手牛久などが次々と市制を敷くと、県南の勢力の均衡が崩れていった。新治連合は、土浦・真鍋を中心とする南部と、石岡・高浜・柿岡を中心とする北部とに分裂してしまい、新治連合の有力自治体であった桜村は、連合内部の政争を嫌い、筑波郡の町と合併してつくば市となったことで、土浦の威信は地に落ちたも同然となり、新治連合に属した自治体は、凋落する土浦を見限って、次々と新治連合から離脱していった。

平成の大合併では、北隣の新治村を仲間に招聘することができたが、新治連合最後の勇である玉里村が東茨城郡の町と合併してゴミ玉市になってしまったため、100年以上の歴史を誇った新治連合はついに消滅した。

交通[編集]

常磐線に「京浦都市線」という愛称を勝手に名付けているが、県外では「東」や「東と霞ヶ」などと勘違いされているようで、そのような紛らしい名前ではなく、簡潔に「土浦線」としたほうがよいのではないかとする意見が多数を占めている。さらに、つくばエクスプレスを土浦まで延伸させ、「にいはりエクスプレス」に改名しようと画策しているが、無駄な努力となりそうである。現状はつくば駅と土浦駅の間を土浦市民が早歩きをして、エキスプレス気分を皆で味わっている。

関連項目[編集]