土建屋

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「土建屋」の項目を執筆しています。

土建屋(どけんや)とは、建設業者のうち、特に地面に近い部分を担当するものを指す。具体的には、主に地上2mから地下40mまでの範囲の工事を担当する事業主体で、彼らの工事担当意欲はその4mより外には出ない。ただし、その4mの範囲には、ムカデゴキブリの糞など人を憂鬱にさせる様々なものが存在するため、工事費用の請求は思うがままである。また、公共事業の場合は談合と呼ばれる効率的な価格設定システムによって潤沢な利益が保証されている。

PK0と土建屋[編集]

自治体や担当官庁から受け取った報酬の一部を政治家に還流させることにより、悪い大人たちでうまい汁を吸っている。彼らのハゲ頭が脂ぎっているのも、彼らが例外なくメタボリックなのもこのためである。これは談合システムの一環で、日本の平和を維持している。つまり国内でのPKO活動の一分野でもある。

土建屋と土方[編集]

事業主体の土建屋と現場作業員とはまったく別の世界の住人である。作業員には、地上2mから地下40mまでの範囲ぐらいでの肉体労働であればそれほどの能力も適正も求められないので、体は頑丈だけどおつむの弱い人や、大学を卒業しているもののゆとり教育が染み込んだ人や、過去に度が過ぎたイタズラをしちゃった人たちなどを多く雇用し、多くの人々に社会復帰の場を提供している。これら土建屋で実際の作業を請け負う作業員を土方と呼ぶこともある。地上2mから地下40mの外でも仕事ができる能力を持つ作業員、クレーンなど重機の運転操作が出来る作業員、知的作業を担当できる作業員といった高度な仕事を担当する人たちを土方とは呼ばないので誤用しないように注意されたい。

関連項目[編集]