団体職員

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

団体職員(だんたいしょくいん)は、詳細は不明であるが何らかの団体にて従事する、自称地味あるいは自称普通、もしくは自称ごくごく一般的な小市民のこと。あるいは彼らが就く職業のこと。

概要[編集]

「団体職員には興味ありません!」
団体職員 について、涼宮ハルヒ

具体的に何をしているかは不明であるが、とにかくただの人である。イケメン美人である確率は非団体職員よりやや低いが、第一印象が悪い人は少ない。

初対面の人物によく見られる職業であるし、ラジオ番組のヘビーリスナーにも団体職員はよく確認される。つまり、団体職員は概して人付き合いが苦手なハガキ職人と言うことができる。しかし実際に会ってみると取っつきにくい人は少なく、概していい人が多い。これにより団体職員の交友関係が少ない原因は、その人物自身にあるのではなく、所属する団体にあることが明白である。

Google-girl.jpg
宇宙の隅々まで知りたいあなたのために、グーグル大先生が「団体職員 オフ会」について分析しています。

また同じ団体の団体職員同士で群れを成して貸切バスに乗っていることも多く、彼らは一様に幸の薄そうな笑顔で観光地にあるお決まりの名所を回ったり、著名な景勝の前で団体記念写真へ収まる。しかし異なる団体の団体職員間で団体職員であることを意義として群れを成し交流することは極めて稀であり、この事実も先述の件と同様に団体職員が所属する団体に縛られている実態を伺わせる事象である。おそらく愉快な仲間たちではないことは確かだろう。

団体職員の職場[編集]

団体職員に自由な時間でかつ自己責任が強く求められるSOHOワークなどあり得ない。団体職員である以上、数十人以上の集団で一つの場所に集まり集団で労働することは確実である。勤務時間も一律であり、フレックス制であってもコアタイムは確実に決まっている。しかしこの勤務時間にはサービス残業は含まれない。

勤務場所には常に必ず同僚が居るため、昼休み中に職場で一人で弁当を食べることなどあり得ない。仮にそれを強く求め実行しようとしたとしても、団体職員が一人で弁当を食べている隣では同僚が一人で弁当を食べている。このように団体職員勤務の合間常に2人以上で食事を取るが、団体職員が2人以上でカフェへ赴きランチを食う事例は未だ確認されていない。

行き帰りすら、団体職員は集団で行動する。実に92%もの確立で、勤務直前に団体職員の乗る電車の編成には、同じ団体の団体職員が乗っているし、また99.2%の確立で、勤務終了直後団体職員が運転すると同じ筋の公道上で同じ団体の団体職員が車を運転している。

このように団体職員は、人生の殆どを同僚と生活している。

どこまでも団体[編集]

オフになると団体職員は自由気ままに行動するが、団体職員はその職場故にプライベートでさえ集団での行動を強いられる。

土曜日や日曜日の繁華街には、団体職員が無数に集まる。団体職員らは大挙して百貨店の催場へ集合しを取り合い、またデパ地下内へ密集しては期間限定のスイーツ売り場で行列を作る。献血ルームのロビーでは団体職員らがぼんやりしたり、いらいらしたりしながらフリードリンクを飲んでおり、献血室では団体職員らが等間隔に並び、皆ブルボンのお菓子を食べながら皆自分の血をパックへ入れて貰っている。夜になると若い団体職員らがクラブへ集まり、ダンスホールにいるすぐ横の団体職員の異性と腰を振り合ったりソファで酒の飲みすぎで項垂れたりしている。

団体職員が集まる場所は、都会に限らない。大型ショッピングセンターのフードコートでは団体職員一家がラーメンを食べ、その隣の席では団体職員カップルがサーティーワンアイスクリームを舐めている。団体職員らやその妻が卵10個100円セールに列を作り、別の年老いた団体職員は、隣のレジでWAONやnanacoをかざす若い団体職員を見て首を傾げている。冬はスキー場に、夏は海水浴場に方々から団体職員が集まり、片やまれに団体職員が集団で場外へ突っ込み遭難したり、片や結構な確立で高波が起きて団体職員1人が行方不明になる。

地元の地方局スタジオで団体職員がニュースを読み上げ、VTRには制服を着た団体職員らが捜索活動を展開している。ニュースを見て驚きの余り入れ歯が外れた団体職員の隣で団体職員のホームペルパーが介護をし翌日その入れ歯のメンテナンス費用を保険適用範囲内で団体職員が会計を行う。施設の別棟では新人団体職員がカテーテルの種類を間違えないかとヒヤヒヤし、その報告を受けた団体職員は「ドラマのような奴もいるなあ。でもドラマのような恋愛にはならないのだろうなあ。いや、なりたくないな。ハア。」と内心で思いため息をつく。翌日団体の会議へ出席したその団体職員がいる隣の部屋で別の団体職員が新しい学説を発表し、それを傍聴していた産業再生機構傘下の法人の団体職員は新しいビジネスモデルを血眼になって模索している。その団体職員の職場へ別の団体職員が赴き、部屋に荷物を置き過ぎており火事の際危険なので片付けろと命令する。その職員が一週間前に検査した繁華街の雑居ビルには夜な夜ないろいろな男の団体職員らが訪れ、屋内で生まれたままの姿になって現地の団体職員と1対1で律動体操を行っている。

この世は決して幼女だけの世界では無いが、団体職員だらけの世界であることは確かである。

善男善女[編集]

団体職員に犯罪者はいない。もし団体職員が犯罪を犯すと、その時点で彼または彼女は団体職員でなくなり、会社員公務員、どこどこ法人勤務、無職といった肩書きへの変更を強制される。このため団体職員は日本において、同和地区住人に匹敵する高貴な身分とされる。しかし、生前団体職員であった殺人事件犠牲者は数多く存在し、現実は善男善女であるはずの団体職員らを極めて残酷に扱っている。

また、団体職員は普通の人でなければならない。もし髪にブリーチをしたりピアスをしたりして身なりが派手である団体職員がいるのなら、彼または彼女の内面は極めて常識的にしか考えない、真面目な人物でなければならない。また、言動に粗が目立つ団体職員が居るのなら、彼または彼女の身なりは清潔でかつ、素朴または真面目な格好でなければならない。この場合は髪のカラーはもちろん、ワックスすらもってのほかであり、女性は名古屋巻きやナニワ盛りにすることは許されずストレートの黒髪であることが必須である。ポニーテールであると尚望ましい。

もしこれらの原則を逸脱したが団体職員を自称しても、こんな変人は一体どこの団体職員かと根掘り葉掘り訊かれて、1時間も経たないうちに無かったことにされるだろう。