(因数)(分解)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

(因数)(分解){(いんすう)(ぶんかい)}(とは、)(ある)(を)(いくつかの)(数の)(乗法の)(形に)(変形する)(ことである。)(狭義には)(複雑な)(多項式を)(単項式に)(変形する)(作業の)(ことを)(指す。)(後者は)(義務教育課程では、)(中学3年生の)(数学で)(学習する。)

Wikipedia
(ユーモア欠落症患者の)(ために、)(ウィキペディアの)(専門家気取りたちが)(「因数分解」の)(項目を)(執筆しています。)

(概要)[編集]

(単に)(「因数分解」と)(言った)(場合、)(基本的には)(上で)(述べた)(狭義の)(「因数分解」を)(指す。)(この)(因数分解には)(数多くの)(公式が)(ある。)(しかし)(実際には)(すべて)(次の)(公式が)(もとに)(なっている。)

ac+ad+bc+bd=(a+b)(c+d)

(上の)(ように、)(多項式を)(因数分解すると)(カッコで)(くくられた)(幾つかの)(多項式の)(積となる。)(また、)(これ)(以外の)(公式は)(お察し下さい。)

(利用法)[編集]

(因数分解は)(多項式を)(扱う)(際に)(非常に)(便利である。)(特に)(二次方程式を)(解く)(際は)(非常に)(有効で)(ある。)(例えば)

x^2+10x-24=0

(という)(式は、)(因数分解)(すると)

(x-2)(x+12)=0

(となり、)(解は)

x=2,-12

(と、)(簡単に)(解くことが)(できる。)(しかし、)(実生活において)(使用する)(機会は)(まずないので)(誰も気にしない。)

素因数・分解[編集]

ある・自然数を・素数の・積の・形に・変形・する・ことを・特に・素因数・分解と・呼ぶ。・例えば、・156を・素因数・分解すると、

156=2•2•3•13

となる。・素因数・分解は・主に・自然数の・約数の・個数を・求める・ときに・使用する。・例えば、・156の・約数の・個数は・次のような・式で・求められる。

(2+1)•(1+1)•(1+1)=12

このように、・それぞれの・約数の・指数に・1を・足して・掛け合わせると・約数の・個数が・求められる。

(簡単な)(公式)[編集]

(中学校では、)(主に)(4つの)(公式を)(扱う。)

  • x^2+(a+b)x+ab=(x+a)(x+b)
  • a^2+2ab+b^2=(a+b)^2
  • a^2-b^2=(a+b)(a-b)
  • a^2-2ab+b^2=(a-b)^2

(しかし)(結局)(使わないので)(覚えなくて)(うわ)(なにを)(する)(やめr)(くぁwせ)(drftgy)(ふじこlp)

(この)(節を)(書いた)(人は)(当局により)(粛清されました。)

(関連)(項目)[編集]

Wiki-globe.png (この)(項目)(「(因数)(分解)」には、)(執筆者が)(大真面目に)(書いた)(可能性も)(ありますが、)(今は)(まだ)(周知の)(事実しか)(ありません。)(嘘を)(追加)(するか、)(ウィキペディアに)(転載して)(下さる)(ボランティアを)(求めています。) (Portal:スタブ)