回送

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「回送」の項目を執筆しています。

回送(かいそう)とは、日本都市。交通の要衝として知られる。

概要[編集]

回送は鉄道バス停バスターミナル)が有名な交通の要衝である。全国のあらゆる鉄道路線バス路線が集結する場所であり、様々な鉄道車両やバス車両はもちろん、飛行機や船までもが鑑賞できるため、マニアからは人気が高い。しかし、回送行きの列車、バス、その他に乗るには特別な切符が必要であり、通常は行く事ができない。また、回送の周囲は厳重に警備されているため、公共交通機関以外で回送に入る方法は存在しない。

交通[編集]

回送には様々な公共交通機関が集まっている。すべてに言えるのは、一般の時刻表には回送行きの時刻は載っていないことである。ただし、鉄道やバスに関してはマニアの間で時刻表の解析が進んでいる。

回送駅[編集]

巨大な駅であるが、巨大すぎて実態はあまり知られていない。新幹線在来線路面電車モノレールなど、あらゆる路線のあらゆる種類の列車が回送に停車する。回送に向かう列車を特別に回送列車と呼ぶ。回送に向かった列車は多くの場合回送で数時間停車し、再び元の所属している路線に戻る。昼間に回送行きの列車が運転されることはほとんどなく、主に朝や夕方以降の通勤時間帯に運行される。この他に、夜行列車が多く運転される。また、葬式鉄の聖地として知られている。長年活躍した鉄道車両の最期に回送に向かう際は、「特別回送列車」として回送を経由して車両基地に送られる。このときの写真は葬式鉄の間では一番高価に取引され、これを撮ることは葬式鉄最大の名誉である。

回送バスターミナル[編集]

巨大なバスターミナルであり、こちらも実態はよく知られていない。主に路線バスのターミナルとなっているが、高速バス長距離バスも少ないながら存在する。ツアーバスも存在しているが、その場合回送行きであることは隠される。回送行きのバスは、基本的には路線の終点のバス停やターミナルから運行され、回送バスターミナルまでノンストップで向かう。トイレ休憩などは基本的に存在しないので、長距離になる場合は注意が必要である。

回送国際空港[編集]

フェリー・フライトが所有するハブ空港である。回送行きの航空便はフェリーという愛称を付けられている。1500メートルから4000メートル級まで様々な長さの滑走路を持つが、定期便の運行は比較的少なく、不定期便やチャーター便が中心である。悪天候時や故障時などに回送を経由して運航することがある。

回送港[編集]

巨大な船も入港できる大きな港である。空港と同様に悪天候時や船舶の故障時に利用されることが多い。

回送タクシーターミナル[編集]

タクシーターミナルも存在するが、他と比べてその数は少ない。回送行きは基本的に長距離になるため、乗るには財布にそれなりの覚悟が必要である。

回送行き切符の入手法[編集]

人気の高い回送であるが、回送行き切符の入手は困難を極め、便数の割に乗客は少なく、殆どの場合乗員のみが乗車する空気輸送が中心となっている。テレビなどで回送行き車両が取り上げられることもあるが、彼らは運行会社にコネを持っており、一般人が入手することはほとんど不可能といってよい。ごくたまに運行会社が回送行きを無料開放することがあるため、そのときが乗車するチャンスである。ただし、通常は路線内で降ろされるため、実際に回送に向かうことはできない。

関連項目[編集]

  • アウト・オブ・サービス(Out Of Service) - 同様の特徴を持つイギリスの都市。姉妹都市でもある。
  • 試運転 - こちらに向かう便数は少ないが、時期によっては多く見ることができる。鉄道の場合、慣例として路線の開通前に必ず試運転行きの列車を走らせる。
  • 団体貸切 - 基本的に列車の場合は団体、バスの場合は貸切と案内されるターミナルであるが、行き先は同じである。
  • 最寄 - 姉妹都市。