回転寿司

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「回転寿司」の項目を執筆しています。

回転寿司(かいてんずし)とは、寿司の一種で回転する寿司の事を指す。また、回転寿司を提供する寿司屋の総称でもある。

回転寿司(握り寿司のタコの回転)

概説[編集]

回転寿司では寿司が回される。主に握り寿司が好まれて回されている。回転装置に乗せられた小皿の上に握り寿司が乗せられ、回転装置のスイッチを入れることで回転が始まる。この回転している寿司全体、または十分に回転させられた後の寿司(停止していても)を回転寿司と呼ぶ。 通常一つの小皿の上で回転させられる寿司は一つである。客はこの回転寿司を皿ごと取り上げ手元で食すエクストリームスポーツ。

種類[編集]

寿司以外では、ケーキ、フルーツ、茶碗蒸し、酒、ガリ、わさび、箸、茶、湯飲み、職人、テーブル、おひつ、店、椅子などが回っていることがあるが、これらは厳密には回転寿司ではない。しかしケーキなどの剛性に問題を抱える食材を回転させる事への困難さや、山盛りのガリを囲み枠なしで回転させる事への困難さなど、回転寿司と同一な技術的な背景をもつため、広義には回転寿司と呼ばれている。職人やテーブルを食べれば高得点。

特徴[編集]

回転寿司では、重心の位置や形の対称性やネタの剛性などが重要となる。 回転寿司の回転方向は店や職人の裁量に任されている。

評価基準[編集]

対称性、高速性等、複数の評価基準が総合的に判断され、回転寿司の評価は決まる。

回転の高速性も重要な評価基準のうちの一つとして知られているが、高速回転においては、ネタやシャリが変形してしまう。この変形をいかに抑えるか、もしくは受け入れるかで寿司職人の技量が試される。

技術的な困難[編集]

二つ以上の寿司を一つの皿の上で回転させることは難しい。これに重心のズレや対称性を修正する技術が必要となるためである。

歴史[編集]

回転寿司の歴史は車輪の発明とともに始まる。 車輪はもともと寿司を回すために開発された技術であり、回転寿司は車輪の技術とともに進化してきた。

関連項目[編集]

寿司を回転させる際に用いられる機器。ちらし寿司のように混ざり合ってしまうのを防ぐため、常に回転させてネタとシャリを分離させておく必要がある。
回転寿司という隠語で呼称される。大学のサークル仲間から「回転寿司食いに行こうぜ」と誘われたら、それは一緒に女を回そうぜと言っている可能性が極めて濃厚である。君が品性の欠片もない淫獣であるというのなら止めはしないが、定期的にアンサイクロペディアを閲覧する紳士であれば、丁重に「NO」と断るべきである。
余談ではあるが、回転装置のほとんどはここで生産されている。

外部リンク[編集]