四面楚歌

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情DHMOが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「四面楚歌」の項目を執筆しています。

四面楚歌(しめんそか)は、20世紀中頃の日本における流行歌

背景[編集]

日本が孤立していった様子

20世紀中頃、中国進出を目論む日本を列強は非難したが、それに対して天皇裕仁は四方の国々に「あっ、楚」と言い放ったがために日本は世界から孤立していた。その頃ゲリラ的に流行し始めたのがこの四面楚歌である。

四面楚歌は日本の敗北をにおわせた歌だといわれており、アメリカによるものだと考える人もいる。一方、「日本の敗北」を匂わせた歌を政府が取り締まらないわけがない。四面楚歌はその爆発的な流行にも関わらず、驚くべき事に歌詞全文が残っている資料は見つかっていないのである。 しかしながら、当時の日本は戦争末期で疲れきっていたため、この歌のリズム感のある何かに負けたような感じがヒットの要因になったとも言われていることは確かである。

経過[編集]

どこが起源なのかはわかっていないが、1930年代末期には既に存在していた様子。東京の戦災を書いた記録書「東京災害覺書」によれば『人歌ヒテヲドレリ。其樣「エエヂャナイカ」ヤ「オカアサントイッショ」ヲ見ルヤウナリ。』とした記述があり、戦時中の歌って踊れる流行歌としての四面楚歌が確立していたものとみられる。

さらに1940年代に入ってすぐ『大日本四面楚歌運動協會』が設立され、一種のフィーバーをみせていたことがわかる。しかしながらその後すぐに官憲の指導が入ったのか、この協会は解散されている。

内容[編集]

現在はわかっていないが、戦時中に発行された雑誌には、

  • 組曲である
  • 途中にセリフ部分がある
  • 流行を取り入れた部分がある
  • 三小節に一小節アドリブである

などがある。

現在[編集]

日本の歌謡界の大御所が次々カバーしているものの、歌詞も曲もわかっていないためにトラックの中身は空白である。また、玉音放送のバックミュージックに使われたこともわかっているものの、当時は録音装置が全く普及していなかったため、記録には残っていない。

ちなみに同音異義語の「四面創価」とは東京信濃町の別名である。


この項目「四面楚歌」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)