岡田京都

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「四日市市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「四日市市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「四日市市」の項目を執筆しています。
「おみゃーの畿内辯、キモイんだよ!!」
四日市 について、川島なお美
「四中工サッカー部の皆さん!合宿するなら八咫烏でおなじみの熊野三山に来て下さいね!!」
四日市中央工業高校 について、熊野本宮観光協会
「四日市市民は、尾張を宝島か何かのように考えているのかね?尾張王国は、織田信長豊臣秀吉の兵力で畿内の大名を皆殺しし、紀伊半島から北陸までを権柄ずくで支配した、恐怖の王国だったのだ!そんな尾張が紀伊半島の付け根に位置する事は、畿内にとってどれだけ危険な事か、君にも解るだろう。私に協力して欲しい。名古屋に都を定める、呪文か何かを、…君は知っているはずだ。」
四日市 について、霞ヶ関ムスカ

岡田京都(おかだきょうと)とは、旧三重県北部にあるイオン共和国の首都であり、煙の街である。

共和国建国前は四日市市(よっかいちし、よっかいちいち)と呼ばれていた為、本稿では馴染みのある「四日市」で記載する。ユアペディアでは野田憲太郎の出身地として有名。

煙の街[編集]

四日市はの街である。海岸沿いで煙がもうもうと立ち込めている。これは三池炭鉱の煙を遥かに凌ぐもので、かつては四日市音頭によって「あんま~り~ けむりぃがぁ たかいぃのぉで~え(よいよい) さぞや おほしさん けむたかろ(さのよいよい)」と謡われた。しかし四日市は現在「星の見える街」というキャッチフレーズで売り出し中である。煙に悩まされるは、夜には市民からじろじろ見られるはで、星にとってはまったく住みづらい街である。

西暦1945年には、米軍京都や四日市を原爆の標的にしたが、煙が多くて軍需施設がさほど多くない為に、標的を更に西の広島小倉に変更した。又、台風銀座でもあり、潮岬からの強烈な台風は、来たり来なかったりと気紛れである。

第二次大戦後には、四日市公害裁判によって「煙を出している企業はいかん!」との判決が下ってしまい、市民からは煙の評判は悪いらしい。

なお、帝国データバンクによると、現在でも煙の生産量は国内2位である(ちなみに1位はダントツで永田町)。

今でも海岸沿いの学校では、晴れた日にはどう考えてもやばい臭いがするが、お察し下さい

現在、他の場所から怪しい煙が立ち上っている。その場所は、イオン四日市北ショッピングセンター前で、宗教団体創価gうわ何をするやmeてkrftgyふじこlp

歴史[編集]

室町時代に市がたったとかなんとか。それ以来、順調に発展する。

織田信長の家臣である滝川一益によって破壊された。なぜなら、四日市には関所が100近くもあり、楽市楽座推進派の信長にとって邪魔だったからである。

江戸時代には江戸幕府の領土(天領)となった。これは、本能寺の変で逃亡する徳川家康を、四日市の回船問屋が援護した為に、その恩返しとして天領になったのである。それを象徴するように、江戸時代には東海道と伊勢街道の分岐点が四日市市郊外の日永追分に制定され、琵琶湖畔で徳川家の側近・井伊家が治める彦根への路線も通じている。このように、交通的には紀伊半島の付け根を占める都市の一つである。

奈良のお零れと京都のお零れと名古屋のお零れは非常に有利な条件で、霞ヶ関が名古屋に出先機関を置いて以降は、霞ヶ関によって無理やり「名古屋のポチ」にさせられ、対岸の彦根との繋がりを浅くさせられ、そして煙臭くさせられた。日永追分を市域に入れている為、新宮市民は、喉から手が出るほど四日市を欲しがっている。


一方で、滋賀県の行政と住民は、「煙塗れの四日市なんか外港にしたくない。煙がまだ少ない名古屋の方がましだ。」って言っている。この言動に対して、「今じゃ甲賀が滋賀県一の工業地域だろ。甲賀は名古屋より四日市の方が近いんだから、有効利用を促さないと移動費だって愚にならないぞ。それに、神戸が地震で倒壊した時、敦賀や舞鶴が代理機能を担った事を忘れるな。」って、新宮市民は滋賀県と四日市を牽制している。

学校[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三重県立四日市工業高等学校」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三重県立四日市中央工業高等学校」の項目を執筆しています。

「煙臭い工業都市」と呼ばれる四日市は、人口30万都市でありながら、三重県立の工業学校を2校も持っている。工業学校は四日市工業高校(四工)四日市中央工業高校(四中工)が存在する。

四中工に象徴される通り、三重県の工業学校は、生まれ育った地元に貢献し恩返しする事を美徳としており、地元に帰って来るユーモラスなOBも多い。これは、潰瘍学園に象徴される、監獄式教育で悪名高い愛知県(隣の県)とは540°違う教育法である。

また、四日市工業高校は四工(よんこう)と略し、四日市高校は四高(しこう)と略される。この違いをはっきりしなければ、四日市高校関係の学歴ヲタに絡まれるので気をつけなければいけない。

津市との意地の張り合い[編集]

三重県の県庁所在地は津市と定められているが、四日市市民はそんなこと思っていない。四日市の方が人口が多いからである(2000年頃、津市は16万、四日市市は29万)。そこで津市は、その地位を奪取すべく、周辺の田舎市町村を強引に併呑して人口を29万人とした。これを受けて四日市市も隣町の楠を併合し、人口30万人としている。なんともアホらしい争いである。まあ、四日市も少しの間だけ県庁所在地だったけどね。

県庁所在地と、経済中心都市の関係を例えて「と四日市の関係ってワシントンニューヨークの関係に似てるよね」などと発言すると大笑いされることになる。言うまでもなく規模も知名度も比較にならないからである。

おもな企業[編集]

四日市にあるおもな企業を掲げる。

名産[編集]

  • 万古焼 - 読みを誤わないように。
    • 蚊取り豚 - 豚を象った、蚊取り線香を入れる陶器。四日市の独占産業。
  • フェロシルト - 毒物が名産として県庁に展示されていた。

同盟市[編集]

1960-70年代、 石腹産業チッンとともにエクストリーム・謝罪において競い合ったのが縁で現在は同盟都市となっている。

交通[編集]

この節にはユーモアが不足しています。君の大きなお世話が必要です。
馬鹿にならないようにだけは気をつけましょう
名古屋津市伊勢奈良大阪和歌山
  • 鉄路:当然のように近鉄を利用。奈良へ行くなら関西本線という手もある。
  • 道路:こちらは高速道路も下道も充実してるんで特に言わない。
新宮
  • 鉄路:紀勢本線の特急に乗る。かつては紀伊半島一周線(名古屋~新宮~天王寺)の特急が四日市にも止まっていた。もしも四日市がJR西日本のエリアだったら、紀伊半島一周線も残ってたし、京都からの新快速も四日市まで来てたのに…。JR倒壊の愚野郎(怒)!
  • 道路:紀勢自動車道が開通されるが、あまりの交通量の少なさに驚くだろう。
草津京都彦根敦賀
  • 道路:新名神高速道路の方が早く行ける。彦根に行くなら、元参宮道路の国道306号経由が最も近いが、冬には通れない。下道では国道1号と国道307号(敦賀方面)が当てになる。
  • 鉄路:京都へ行くには伊賀ルートで関西本線と奈良線、或いは甲賀ルートで関西本線と草津線に乗る。彦根や敦賀へは水口からガチャコンに乗った方が近いかも。京都へ行くには、途中の上野や水口で忍者の演習に巻き込まれないよう、伊勢茶を持っていきましょう。