四字熟語

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

四字熟語(よじじゅくご)とは、文字通り四つの文字を掛け合わせ、熟すことによって生み出された言葉のことである。

一般的には漢字文字で作られることが多いが、柔軟発想を持つ人間にとっては別に漢字であるかどうかなど大した問題ではない。要は四文字の言葉で熟されていれば良いのである。その代表的なものに「マンゴー」などがあり、これは特に完熟された素晴らしいものであると言える。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「四字熟語」の項目を執筆しています。

概要[編集]

主に漢字文化圏において使用されるものであり、一字に多くの意味を内包できる漢字を使うことによって非常に複雑な内容を四文字で伝えることが可能となる画期的な文字生成術である。また発音単純であり、同音異義語の多い日本においては平仮名片仮名を使っても生成可能である。四つの文字を用いて新たな意味を生み出すという、言葉の錬金術である。しかし、今日においては過去に作られた四字熟語を消費する一方であり、近年、社会問題として認識されてきている。また、日本人の名前の殆どは四字熟語である。

歴史[編集]

四字熟語の生成においては、西洋科学四大元素理論にその根拠を置く。この世の全ての物質が「」の四つで構成される以上、文字も四つあれば全てを表現出来るとされた。しかしアルファベットを使用した西洋においては、既に「APPLE」の時点で五文字となってしまいアウトであった。そのため、西洋社会では四字熟語が発達することはなく、せいぜい神聖四文字を残した程度の成果しか上げることはできなかった。

一方、四字熟語の基本概念はシルクロードを通り中国へともたらされ、最終的には日本にまで渡った。その間に中国の言霊の思想、日本の陰陽道密教の秘術を取り込み、現在の四字熟語生成法へと完成されたと言われる。特に中国が四字熟語の本場であり、現在使用されている四字熟語の多くが中国の偉大なる先人達によって生み出されたものである。これらは長期間の使用にも充分耐えうる高品質な四字熟語である。

生成[編集]

四字熟語の創造には莫大なエネルギーを必要とする。これは、四つの文字を選ぶ段階から必要とされる高度な知識に始まり、選んだ漢字を一度分子レベルまで分解し再結合をするという高等技術を要することによる。また、熟成させる期間も文字によって異なるが、長いものでは年以上かかってしまうこともある。そのため農業などと同じく後継者問題が浮上しており、新たに作られる四字熟語の数は年々減少している。

ちなみに本場中国において生成された四字熟語の頂点となるものは、「風林火山」であるといわれる。これは四大元素それぞれの特徴を相互に融合昇華させたものであるとされる。この熟語を生み出すために作成者の孫子寿命を10年縮めたとさえ言われる。

四字熟語の例[編集]

四字熟語の一覧を参照のこと。

新たな四字熟語[編集]

先に見たように新たに作られる四字熟語は減少している。しかし全く無いというわけでは無い。現在最も生み出されている場は学校である。特に小学校中学校試験時間などに新しい熟語が生み出されることが多い。これは子供純粋直感が四字熟語生成の大きな原動力となっていることが伺える。しかしそれでも生成には多大な努力を要し、試験時間ギリギリまで己の頭脳を酷使し、試験終了前の一瞬のひらめきにかけるというリスキーな精神を必要とする。ただしこうして新たな四字熟語を創造したとしても、頭の固い大人によって赤ペンで×印をあたえられ、に葬られてしまう。しかし稀に大人にも認められる四字熟語もあり、生存権を与えられるものもある。

また大人も新たな四字熟語を作ることがあるが、近年では出尽くした感があり、マンネリ気味となってしまっている。これは大人の四字熟語生成の動力源が性欲にあるという問題点が指摘される。例えば「淫乱病棟」といった四字熟語をそれ以上発展させるには並みの頭脳性欲では不可能であり、その先を見る力がある人物の場合、社会的に抹殺されている可能性が大きい。

誤解されている四字熟語[編集]

かねてから懸念されているゆとりシステムにより、間違った解釈で使われている四字熟語がある。

誤解されている四字熟語の例[編集]

  • 四面楚歌 みんなで歌って楽しんでいるということ。まわりの敵が自分の故郷の歌を歌って自分を取り囲んでいるという意味では決してない。
  • 馬耳東風 馬の耳から東よりの風が出ていること。馬に何を言っても無駄なことを意味しているわけではない。
  • 汚名返上 名誉返上の間違いである。もらった名誉は返上しろということ。名誉なんてもらっても意味がないことから。
  • 名誉挽回 汚名挽回の間違いである。名誉返上とセットで勘違いされている傾向がある。失った汚名を取り返せという意味。

関連[編集]


この「四字熟語」には
まだまともなことがかかれてないけど、
おいしいものをたべてかきくわえたらなおるよ! (Portal:スタブ)
Naoruyo Transparent.png