四国中央市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情キノコが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「四国中央市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「四国中央市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「四国中央市」の項目を執筆しています。

四国中央市(しこくちゅうおうし)は、愛媛県の一番右端にある、愛媛県の「市」の1つ。全四国の独裁支配を目論む、自称四国州首都でもある。

概要[編集]

日本国が策略・謀略・調略の限りをあらん限りに駆使した結果、川之江市、伊予三島市、新宮村、土居町などが合併してできた。どこにも遺恨を残さない市名とするため、カンカンガクガクの議論の結果「四国中央市」という、よく「ダサイ」と皮肉られる市名になってしまった……と言われることがあるが、議員やら首長やらしか現市名に賛成してなかったのは、地元では有名な話。

地元の声の大半は「宇摩市がいい」「むしろ(゚Д゚)ウマー市でいい」というものであったことは夙に知られている。しまいには「美市」と書いてうましと読む市名がよいと主張する平松愛理ヲタまで現れる始末。美し都。がんばろやKOBE。むしろ篠永善雄頑張れよ、主に頭のネジの意味で。しかしそんな常識的な市民の声や各種ヲタの怨嗟の声を全て踏み躙る形で現市名は成立した。少しは南セントレア市になるはずだったとこを見習え。「どうしてこうなった。」という市民の声たちは自問自答し、各種の説が出されているが、旧伊予三島市長が肉嫌いで、馬に関するものは地名であろうと何であろうと粛清せねば気が済まない癲癇気質だったことから現市名が成立してしまったとの説が有力視されている。また別の有力説は、当該市長が昔何を間違えたか馬にアーン♥♥されてしまったがために、過去の忌まわしい記憶を封印したかったのではと解説している。まあどっちにせよ、市長のくせに宇摩の由来をろくに知りもせず、あろうことか探究もしないことを覆い隠すため「地元の歴史なんか誰も知らねぇのが当たり前だ。知ってる奴こそ頭がおかしいんだ」ジャビットの中の人に語ったアホ市長を推戴した旧伊予三島市民は腹を切って死ぬべきである。

その禍根は、現在でも「(旧)土居町」などの道路標識が残っていることなどであまりにも有名っちゃ有名と言われている。はぁ。ハァハァ。四国中央市の命名に当たっては、当時の日本道路公団道路族といわれる政治家から、「四国の高速道路の重要連結点に所在する市名として、四国中央市はどうか?」と金に物をいわせた無言の圧力があったとかなかったとか。しかしながら、実際に同市にある高速道路のIC「三島川之江IC」が「四国中央IC」に、また川之江JCTが四国中央JCTに、更に川之江東JCTが四国中央東JCTに変わる予定は今ん所ない。まあそりゃ常識で考えればそうだろう。

このエピソードは、政治屋と呼ばれる人種がいかに愚かであるかの良き証左として、四国中央市を除く愛媛県全ての小学校におけるメディアリテラシーの授業で用いられている。

あとややこしいことに旧土居町以外に旧川之江市の妻鳥地区に土居と呼ばれる地区があるので、注意が必要。 それと旧三島地区では、川之江市側のように地名に三島がついた所がなかったため、急遽中央町等の地名に三島をつけたため、愛媛県四国中央市三島中央のような地名が存在する。

なお「四国中央市」、「宇摩市」以外にあった候補として、「法皇市」という候補もあったことは、公然の秘密である。

ところが、川之江東JCTから高知側に進んだ所に「新宮IC」があるが、「新宮」の本家である三重県新宮市、列びに三重県各地、愛知県和歌山県大阪府といった紀伊半島各地から、「旧国名を付けて伊予新宮ICを名乗れ!!」って苦情が来ている。

有名人[編集]

白石稔
旧川之江市出身の声優フリーター。現在、四国中央市にカレーチェーン店「C禁則事項です屋」はなく、同社独自の独立制度を生かせば、声優業で失脚しても、いつでも故郷に錦を飾れる環境は整っている。ただ、強力なライバルである「す禁則事項です家」が急速に拡大しているうえ、それにいてもたってもいられない状況に追い込まれた吉野家が隣の新居浜市に進出することが決まっている。白石は、おちゃらけをしながらも結構人生の分岐点に追い込まれていたりするのだろうというのは過去の話で、某カレーチェーンの店が2008/11、とっくの昔に開店しておりもうすでにがけっぷちに追い込まれている。NHKBS2ネットスターでは天の声の下僕として、全く無茶することもなく大活躍していたが、後継番組・MAGネットでは影も形も見られない。さらに、かつては愛媛でカレーといったら白石であったが、最近ではお隣水樹奈々にカレーキャラまで奪われてしまっている。マジもんの「無茶しやがって」とならないことを祈るのみ。
さて、市町村合併という運命のいたずらにより、水樹奈々の出身地新居浜市と隣接することになった。現在、この2つの市に共通する特徴として、テレビ東京系のテレビせとうちが区域外放送で入ることがあげられるが、2人の有名人が誕生した因果関係については、四国中央市や新居浜市内の巨大パチンコ店の地下に国家秘密としてひそかに設置されたMAGIシステムにて解析中である。しかし、その維持管理資金が枯渇したため、パチンコ台制御システムとしてもひっそり活用され、そこから得た収益で解析を進めている。余談ではあるが、最近同システムが松山方面より多大なるサイバー攻撃を受けたとの噂が立っており、裏ロム作りのための情報収集という見方が濃い。攻撃元はどうやら某掲示板自律管理プログラムと言われている。システム同士が引き起こしたサイバー戦争として特筆すべきであろう。
区域外放送といえば、本来らき☆すたが放送された独立U局は四国には存在せず(というより、一部地域の例外を除き、四国の民放の多くはUHF放送である)四国中央市の活性化のため、四国中央市の幹部が闇ルートで瀬戸内海放送での放送を依頼したのではないかという疑獄事件の疑いがうわさされているが、愛媛県警は裏金作りに忙しく、捜査する気はないようである。実際、四国では、香川県民と、四国中央市の一部市民をのぞけば「らき☆すた」の地上波放送は見られなかったのである。実際、白石の活躍で埼玉県の鷲宮神社は活性化したが、四国中央市には特に恩恵はもたらされていない。作品中で霧の森大福でも食えよ。
木村太彦
旧伊予三島市出身の漫画家。

市の抱える問題[編集]

出産可能な産婦人科の病院が市内に1つしかない
県立伊予三島病院の産婦人科が閉まって以来、川之江地区にある四国中央病院しか出産が行える病院がなくなり、出産難民が発生し、岡山・広島などの遠く海外まで出産しに行く妊婦がいるらしい。代わりに市は「出産は病気ってレベルじゃねぇぞ! 関係ねぇよ、病院なんてよぉ!」をスローガンに、健康な母体の人へ自宅出産を薦め、なんとかそのための産婆の生き残りの確保に血道を上げているが、なぜかサンバーしか集まらない始末。しかしこれはこれで重宝するからいいかという結論に至る。
医療崩壊
二次救急当番医療機関4件のうち半分に常駐の外科医がいないというかなりやばい状態で、医療難民が発生している。なお小児医療も崩壊しつつあり、2次救急病院のうち半分に小児科がなく、夜間は、隣接している香川県三豊病院に飛ばされることも多い。
製紙業者の特権階級ぶり
詳細は後述するが、まあとにかくここらの製紙業の横暴はひどいもの。第一にはまず排水などによる悪臭であり、二に悪臭、三、四がなくて五に独裁である。
2011年秋、大王製紙という名前からしてサウザーなみのKINGぶりがうかがえる製紙業者の、創業家の一人が会社の金でカジノ豪遊を繰り広げたことが有名になっているが、四国中央市外の愛媛県人からすれば当然、非常識極まりない。
しかし、四国中央市民には以前から知られていたし、文句など一つも出ることはなかった。むしろ井川家が滅ぶ時は我等も皆玉砕すべき時!!』とか井川様のカジノ豪遊がどうとか、俺ら以外の愛媛県人は不見識な田舎者だから困る。早くこの井川王朝が納める理想郷の素晴らしさを知るべきだ」など、なんか同じ人類とは思えないコメント続発で困る。ってか主幹道路の国号11号線の上にコンベア通すとか、柱倒して国道封鎖するとか狂気の沙汰だよね。
人類じゃないかもというツッコミについても後述する。
隣接する香川県へのアクセスが悪い
隣接する香川県に向かう道が高速道路と、国道11号線しかなく国道11号線は、片側一車線の上、ただでさえ渋滞しやすい上に、カーブが多く事故がよく起こり更に、川之江・三島地区の夏の葉花火大会と秋の太鼓祭りの際には渋滞で身動きがとれなくなるという致命的な問題がある。
ナゾの渋滞
国道に馬がはしっていたり、祭り以外でも新築祝いなど何かにつけて太鼓台が練り歩いていたりして大渋滞が起こることがある。
古墳
川之江市から伊予三島市にかけて古墳が大量に埋まっており、少し掘りすぎるとすぐに古墳を掘り起こしてしまうため、下手に家の建て替えなどをすると余計な物が見つかり大変なことになってしまう場合がある。
旧金生川の水
旧川之江市に流れる金生川は、1940年に経路変更を無理やり行い、旧の経路を埋め立てたのだが未だにそこに水が流れ込んでいるため一部地区では、地面を掘ると水がすぐ出てきて工事にならない場所がある。
書店の減少
近年全国でも問題になっているが、四国中央市でも以前は、川之江3店舗、三島3店舗、土居1店舗ほどの中型から大型の店舗があったのだが、今年の夏に旧川之江地区にあった大久保書店が閉店し、

旧川之江地区では、明屋書店1店舗となり、旧三島地区では宮脇書店1店舗のみという寂しい状況になっている。

寂れた商店街
近年全国でも問題になっているのだが、旧川之江地区と、旧伊予三島地区の商店街も活気がなく後継者問題などを抱える店が多く存亡の危機に立たされている。

名所[編集]

翠波高原
なぜかうっかり八兵衛や法皇が現れることがある謎の高原。たまにという頻度ではなくよく現れ、法皇自ら地元でライオンズクラブを結成し、30周年を記念するまでになっている。同クラブによって『みつまた』が同高原へ植えられたのは、聖なる三位一体の祝福のため。
霧の森
森に見えるものはただの幻であり、同地店舗内に鎮座する霧の森大福こそがこの空間の本体にして御神体である。美味。赤福なぞ足元にも及ばぬ。媚びぬ。省みぬ。
霧の高原
高地にある風光明媚なキャンプ場というのは仮の姿でしかない。霧を媒介とした魔術を研究・強化する目的で作られた、四国中央市の影の軍事中枢。ここで成された研究を元に、公害扱いされる都市部の煤煙などを兵器利用する戦略を立てている。
向山古墳
どうも皇統に由来する人が葬られた古墳のようなのだが、以前は誰でも中に入ることができ子供の遊び場になっていたことは公然の秘密 なお合併前にあった新宮村という地名は、実はその際に流れ着いた皇統の人うち一部ががそこに住み着いたためついた名前という説がある。
真鍋さんの家
真鍋さんがすんでいるただの民家なのだが、県内で最も古い民家ということで国の重要文化財の指定を受けている。なおこの近所に住んでいる人はすべて苗字が真鍋さんなので、一番古い真鍋さんの家と聞かないと普通の民家に案内されるので注意
川之江城
観光目的に近年になった再建された総鉄筋コンクリート製のお城。エレベーターはないので安心。
カジノ
大王製紙の会長やってた奴のカジノ遊びが激しすぎるため、もうこうなりゃいっそ市内にカジノ作るかという話になったと言われている。もし本当に作ってくれたら英雄必至。というわけで井川さん頼むよ。井川意高先生と警察・パチンコ癒着利権との戦争が観戦できるのは四国中央市だけ!!
イルミネーション
2009年の年末から2010年の頭にかけて三島川之江ICから降りた道に施されていたが、そこには一般向けの小売店としては、ジャスコと、ドラッグストアと文房具店、しまむら、デオデオ、ユニクロ、スシローといった微妙な取り揃え。しかも下った先の左に見えるのはエリエールタワーのすっごい淡い感じのライトアップ。点灯式の際、皆の歓声が「ぁー・・・」だったのは言うまでもない。なお2011年度も行う予定だそうだが・・・

名物[編集]

書道パフォーマンス甲子園
巨大な筆を持って墨で墨を洗うような壮絶な戦いを行い最強の高校を決める大会、近々映画化される模様。その映画化前哨戦として似た競技の映画が成海璃子さん主演で上映された。本物の競技にしなかった理由は墨が飛びまくってアーン♥♥な容姿でアーン♥♥な声が乱れ飛んでしまうから。
水引
日本には二箇所しかない水引の産地。たまには巨大なものが、ある趣味を持つ人たちのアーン♥♥な緊縛プレイのために製作されることがある。
紙製ウェディングドレス
地域産業である紙産業の発展と繁栄を祈る紙祭りにて、記念イベントとして行われる結婚式にて新婦が着るドレス。紙製のため・・・アーン♥♥
太鼓台
太鼓台といえば今や新居浜の方が有名になりかけているが、愛媛県で公式の記録上(江戸中期)最も早く太鼓台が入ったのは、四国中央市の旧川之江地区らしい。これは別にアーン♥♥な用途には使われない。が、祭りの夜はどうであったか。それはお察し下さい。なお、新居浜市の太鼓きち○いはよく「新居浜の祭りが流行ってるのを見て盗んだ!」と言いがかりをつけるらしいが、銃撃されてはかなわないのであえて黙っているとか。
関船
船の形をした貴重な水陸両用の太鼓台。もちろんこれも以下略
やまじ風
日本3台局地風の一つで、非公式記録ではあるが、風速70mを超えたこともある風で、地元の人間は、台風よりその後に発生するやまじ風を恐れている。なお現地を知らない企業がこの風で風力発電を行うという無謀な計画を立てているらしいが、寝る前にあったカーポートが朝にはなくなるような風相手にどうするつもりか見物ではある。
ダイヤモンド
日本で始めて埋蔵が確認されたそうで、これを資金源に四国制覇と州都誘致をたくらんでいるらしい。あほか。
砂金
四国中央市の旧川之江地区を流れる金生川(きんせいがわ)は、その名前の通り上流から砂金が流れてきており、今でも砂金が取れるのだが、1990年代には河口で採られた魚からダイオキシンが検出された等の理由から近年採取は行われてない。
旧伊予三島市、川之江市の悪臭
製紙工場が多い地域で、旧市民は地元経済発展のため我慢を強いられていた。による規制を遵守しているように見せかけけて、実は多くの製紙工場で排出ばい煙のデータが捏造されていたり、古紙再生率を偽っていたりととんでもない状態となってることが判明してしまった。それでも、地元からは抗議活動などの行動は特に目立たず、おとなしい市民性を表すエピソードになっている……と、製紙業者たちは今日もプロパガンダに明け暮れているが、単に経済のみならず政治的・文化的・思想的に至るまで製紙業界に支配されてしまっている証拠である。余りにも市民たちが従順すぎるため、もしかしたらここにいるのは人間ではなく、パルプを練り固めたゴーレムなのではないかとは新居浜市民・観音寺市民の弁。……はっ! そうか、それなら四国中央市などという大それた名前をつけたのも納得が行く。ゆくゆくはこのゴーレム市民達を量産して全四国を占領、井川意高の「全四国カジノ化・四国カジノアイランド計画」を実現させるたくらmうわなにをするやめr

(しばらくお待ち下さい)お察し下さい


死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。


(ここから先は代役の地元産ゴーレムが解説)……この悪臭により、高速道路を走行するバスの運転士の素質が問われる区間にもなっている。四国のいずれの自動車道からでも、松山方面を目指す(またはその逆)場合、この地区の悪臭をバス車内に漂わすとXXXXXの原因になる。しかしながら、徳島自動車道、阿波池田方面に抜ける場合を除き、その前後がトンネルで、外気を完全に遮断すると今度は窒息や低酸素症をおこしやはりXXXXXの原因になる。ここのエアコン操作1つで、そのウテシがベテランかどうか判別可能。マイカードライバーも注意が必要な区間である。
なお今でもくさいくさいといわれ続けているが、以前の地元の人間でも工場の前の国道を走ると気分が悪くなるといった致命的な匂いから、地元の人間ならスルーできるほどに改善されている。
国道をまたぐ工場
全国でも珍しい、国道を跨ぐ形で工場用のパイプラインが存在する。
霧の森大福
旧新宮村生まれの銘菓。三重県の誉れの某銘菓が作りたてをうたっておきながら冷凍だったという大事件を引き起こしたのに対し、こちらは冷凍であると大々的にうたっているのにに作りたてのようにおいしいという至極まともな理由によりバカ売れしている(実話)。通信販売では入手困難。
柴田のモナカ
旧川之江生まれの銘菓。江戸時代から250年続く銘菓で今でもここのモナカを食べると他のモナカが食べられなくなるほどうまいが、先代の時には今以上にうまく食べると口からXXXXXが出るほどだった。
究極の酒
地元の梅錦酒造が開発した、究極の日本酒。とにかく究極である。究極なんである。あと、梅錦を音読みするな。梅錦マン

関連項目[編集]

  • 平成の大合併
  • 三好市(阿波池田市) - 「四国のへそ」を自称しており、池田こそ「四国の中央」にふさわしいと主張している。


Konata GJ cropped.jpg この記事「四国中央市」はからすればよく出来てるよ。でも、キャラへの愛がちょっと足りないかな。この記事に加筆することによって、もっとキャラへの愛を示そうよ。 (Portal:スタブ)