喜多村英梨

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

喜多村 英梨(きたむら えり、1987年8月16日 - )は日本声優オタク、ラジオパーソナリティ、ヲタク歌手ガチオタ、同人誌作家である。どれぐらいのオタクかというと、子供の頃からアニメが大好きで、好きなキャラクターの声を幾度も物まねしているうちに声優としての技術を身につけたほどのオタクである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「喜多村英梨」の項目を執筆しています。

概要[編集]

2003年に一般公募のオーディションでグランプリを獲得、16歳にして声優になる。

様々な声色を使い分けることができ、活発的な女性キャラや少年役が得意とされている。自分がショタコンであることを生かし、少年役を演じるときには思わずショタコンの女性がハアハアしてしまいそうなほどの完成度(?)を誇る。逆に変態ヲタクのような低く、野太い声も出すことができ、みなみけのみなきけ、第29回で披露。「茅原実里の狂信的なヲタクをアイロニーをこめて物まねしたものと思われる」との指摘がある。

自身のラジオでは釘宮理恵森永理科など共演した声優のモノマネを盛んにしており、それがあまりによく似ていることから、彼女の前世はオウムかコトドリ(※鳥の中で最もモノマネが上手いと言われており、他の鳥の歌声やカメラのシャッター音などを完璧に真似ることが出来る。)ではないかと言われている。

余談だが、代表作は『ぽてまよ』の森山素直(主人公)、『こどものじかん』の九重りん(主人公)で、いずれも原作は双葉社の雑誌『コミックハイ!』に連載されている作品である(なお、脇役だが『クレヨンしんちゃん』(※原作が双葉社の雑誌)にも出演している)。

それ以外では『フレッシュプリキュア!』のmktn、、『魔法少女まどか☆マギカ』の美樹さやか、『ストリートファイターIV』のハン・ジュリとか演じている。

人物[編集]

特徴[編集]

昨今の声優のビジュアル洗練化に加え、以前は子役・モデルでもあったせいか、ルックスはそれなりのものを持つ。しかし、運動をほとんどしないため、冬場に肥えはじめて春にはそれが基準になる…という連鎖が発生している。それ以降モデルをしようともしなくなった。公称では乳力1千早程度だが、「アンダーが1千早」という意味だとする説もある。身長156cmでそれだとかなりフカフカな身体なので、デマかも知れないが。

一昔前まで一見、渋谷あたりを歩いていそうなギャルのような容姿であるが、完全なオタクで、アニメゲームが大好き(実際に歩いているのは渋谷は渋谷でも109ではなくアニメイトの前、といった具合である)現在の容姿はかなりワイドになったがデラックスの域まで達していない。

そのオタクぶりは、ラジオでも語り出したら話が止まらないほどである。そんな様子から、よくラジオで共演するラジオパーソナリティで自称ミュージシャンの鷲崎健にはクソオタク、ファンからはキタエリ、オタエリ(あるいはキタエリ画伯、エリさま、オタエリーゼと呼ばれている)。

ショタとジャンプ系男性キャラを溺愛。中川翔子とキャラが被ってる」と言われるとムッとする(らしい)。宇宙戦隊キュウレンジャー」で彼女の聖域(笑)となる特撮界に進出し、今後対立関係となる可能性がある。イラストや漫画もプロ並みに上手い。またことあるごとに吐血するという特技を持っており周囲やファンからいろいろと心配をされることがある。吐血で失ったぶんの血は、吸血によって補給しているらしい。さすがは「BLOOD+」で吸血鬼を演じただけのことはある。

しかし現実の3次元ではジャニオタらしい。これを言うとキタエリファンが離れそうになるので禁句であるという意見も。"なんせ、この業界はオタに媚びているのでリアルを強調するとヤバイらしい。"という噂が理由である。でも、キタエリの相棒のひとりであるみんなのゆかちだよ~⊂( ^ω^)⊃はラジオ等で堂々と「私、テゴマス(ジャニーズのユニット)がだぁ~いすき。増田くんマジかっこいい。」って言ってるけど、みんなのゆかちだよ~⊂( ^ω^)⊃のファンの皆さんは気にしてないみたいだから、特に問題ない気がするが。それにアニオタあっち系の女子の人でもアニメキャラ・声優だけでなく、一般の芸能界や音楽界で活躍してるタレントやアイドルやアーティストも好きって人だってたくさんいるわけだから、まあ別にいいんじゃない?

技術[編集]

得意のモノマネは、釘宮理恵のロリ声から緒方恵美のクール声まで再現できる。

声優としての技術は養成所でなくモノマネで磨き、現場(実践)で洗練した。その結果、数年養成所通いやベテランの声優も顔負けの滑舌の良さを披露する。上に書かれているようにその幅は極めて広く、小学生から主任看護士まであらゆる役を演じ分ける。ただし、演じ分けが巧みすぎて彼女だと気付かないファンも多いのが問題と言えば問題。

音感とリズム感(テンポ)もそれなりに良く、彼女が歌った「エプロンだけは取らないで」は電波ソングながら、神曲と評される。

このため、同じ事務所のスレンダーな胸の人ユニットを組んだりしていたが、キングレコードに見込まれ、名前の長いアニメ作品の主題歌をキャラソンとして歌った後、実はひらがな4文字じゃないアニメの主題歌でスタチャからアーティストデビューを果たした。

なお、デビューシングルは本人名義としては5枚目のCDである。な… 何を言ってるのか わからねーと思うがry とにかくヤマチューがゲストに来たラジオ番組でもアーティストデビューって言ってからデビューなんだろう。こまけぇこたぁいいんだよ!!

フリートークにおいては、マニアックな単語のマシンガントークや放送コードギリギリの爆弾発言で相手を翻弄して主導権を握りつつ、自分はその姿を弄って楽しみ、基本的に楽をする(他人任せ)という高等技術を発揮する。なお、それをはじめて実践したのが19歳時の初生放送の場であるのだから、ある意味驚きである。相方のひとりである月火ちゃんですらそれに翻弄されることも。

総説[編集]

が好きだが猫アレルギーと公言している。kanonの名雪のパクリと言われることもあるがそうではない。世の萌えポイントを感覚的にうまく押さえているようだ。

自分の趣味については積極的に話すものの、自分の過去の経歴についてはほとんど一切話さない。また、自身の芸名が以前は『岡村英梨』であったことから、何か彼女には暗い過去があったのではないか?という噂が、一部でささやかれ始めている[要出典]

なお、喜多村もよく出演するラジオA&G 超RADIO SHOW〜アニスパ!〜は、アンサイクロペディア上では喜多村が筆者という設定になっている。自分の知り合いにいる仲が良いのか悪いのかわからない男女(アニスパのパーソナリティの鷲崎健と浅野真澄)の掛け合いを見た喜多村が、妄想が止まらなくなって思わず描いた作品(ということになっている)。

ジャンクフードをこよなく愛するが、それ故の「メタエリ」化を周囲から懸念されている。

トークでは基本的にボケと突っ込みの両方をこなすことができるが、暴走するとピントが外れたように喋りまくり、時たま滑ることもある。

上述したみなみけのラジオ、第29回では自分のトーク中に菓子の袋を開けて音をかぶせてしまった茅原実里を「ガサガサうっさい!!」と痛烈に批判、さらに後半では茅原が「ダウンタウンのハマちゃんのファンのことをハマダっていうんだよ」と頓珍漢な発言(正しくはハマラーだと思われる)をしたことに対し「いい加減にしやがれ!!」とまたも批判。ヲタク連合の一部からは「あれは本気でキレていたのではないのか」「仲たがいの恐れが懸念される」という指摘がある一方「単なる突っ込みにすぎない」「そんなことよりオタエリって可愛いよね」という指摘もあり、意見が分かれている。

関連事項[編集]


Hayami.jpg この項目「喜多村英梨」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)