問題児

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

問題児(もんだいじ)とは、個性を尊重している日本において、唯一その個性を尊重されない存在である。小学生から中学生に多い。中二病の患者であるという説が有力である。一般的な教育が通用しないらしく、洗脳を教育とみなしている小児精神科医教師にとっては絶好の被験体となる宿命にある。連中は何でも解析して、非人道的な人体実験を試し、徹底的に調べたがる。いったん問題児扱いされたら、もうその子供はまともな人間には戻れない。それでも生き残る者の中には、類稀な才能を発揮する者が例外的に確認されている。しかし、あまりにも強烈な内容な為に評価されるのは主に死後。これが洗脳大国ニッポンの現実である。

標準的な問題児。
Wikipedia
ナニモノかがウィキペディアに「問題児」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました

概要[編集]

問題児は、学校の授業中に騒ぐ、喧嘩する、発狂する、注意力散漫になる、ラリる、抜け出すといった、他に類を見ない強烈な個性を持っている存在だが、日本ではその個性は認められていない。そのため、教師に迷惑をかけることをしたり、万引きをするなどして日本社会に反抗しているが、すぐに補導されるか、その前に強力な教育を施されるので、成功したためしがない。成功したら偉人の逸話として語り継がれる。当局は鎮圧用に精神安定剤さすまたの導入を決定した模様。

また、テストなどでは個性的な解答を連発するため、知能が著しく低いとみなされたりする。中には、名前や学年すらまともに書けない者もいる。実は検閲により削除

このことから、問題児は集団への適性が殆どない物であることが分かるだろう。学校にも社会にも適応しようとせず、よって将来はニートホームレスになっていることが多いが、当の本人は自分が社会不適合者であることをまったく自覚できない。全く自覚できない私もアナタも問題児?まさか・・・ね。

頭の弱いどうしようもない子供がいるのは疑いようのない事実ではあるのだが、現状として実際に問題児扱いされる子供の中には、学校の押し付け的な教育の内容に懐疑的な思想をもっていたり、大人に対して反体制的な意見を述べたりしていただけの者もいる。彼らは「前頭前野の機能不全をきたしている」「先天的な軽度の発達障害であり、早期の支援が必要」などといった疑似科学めいた理屈のもと、強力な洗脳教育や薬物による抑制を施され、自らの意思を失ってしまう。こうしてあまたの才能が、権力による精神的なジェノサイドの犠牲となってしまうのである。特に日教組左翼勢力の洗脳行為はテロルの域に達している。

社会への反抗[編集]

問題児の社会への反抗は盗んだバイクで走り出したり夜の校舎の窓ガラスを割って歩いたりすることによって行われることが多く、署名を募ったり、デモ行進を行うなどといったことで行われることはまずない。組織的、計画的、論理的な主張が出来る手段を持っていない丸腰状態で社会に突撃するため、結果として支離滅裂で痛い自己主張をした挙句教師に鎮圧されるといった現象が繰り返される。

また、そのような反社会的行為のことを、本人たちは「これはアートの一種」「住みよい環境にしてるだけ」「狂っているのは時代だ」と主張しているが、「盗んだバイクとそうじゃないバイクでは格好の良さが倍は違う」「窓ガラスの破片が飛び散っていた方がスリルがあって楽しい」などと非問題児とは一線を引く個性的な理由である事が多い。

生態[編集]

性欲と自己顕示欲が異常に強いが、それを他者に表現できるほどの精神発達はなされていない。そのため自分が何者であるか認識できない。また特筆すべきは、単為生殖が可能であるにもかかわらず異性に渇望を抱くという点である。普通の人間精神異常者はまったく別の生き物だと考えるべきである。カブトムシとクワガタムシは交尾できないのである。問題児は時たま大量発生して群れるが統制が取れていないので、彼らの反社会的行為はむなしい結果に終わる。

また問題児は独自の進化能力により、KYNEETDQNなどの凶悪な生物へと変化して社会へ侵略して来る。ほら、あなたの近所や職場にも…。彼らは何故か絶滅しない。

主な個性[編集]

学校の授業中[編集]

  • 他生徒と喧嘩する。
  • 他生徒にノートを書かせる。
  • 授業を抜け出す。
  • 授業に入ってくる。
  • 支離滅裂な言動により、授業を妨害する。
  • 漫画を読む。
  • iPodで音楽を聴く。
  • 携帯電話をいじくる。
  • 自慰をする。
  • 自慰をさせる。
  • まず学校に行かない。
  • 学校に住む。
  • L5発症。
  • とにかくラリる。
  • 奇声を発しながら机を蹴り飛ばす。
  • 提出物宿題、学校の存在自体などの忘れ物。
  • 一次方程式なんか将来何の役に立つんだよ」

休み時間[編集]

  • 他生徒と喧嘩する。
  • 学校の備品を破壊する。
  • 異性の便所更衣室を覗く。稀に乱入する強者も。
  • 便器の横でしょんべんをする。
  • 放送室のマイクで放送禁止用語を言う。
  • 視聴覚室でアダルトビデオを観る。
  • 校内で飼育されている動物と獣姦
  • 学校にいない。

式典[編集]

学校以外[編集]

分類[編集]

一口に問題児といってもさまざまなタイプが存在し、いずれも個性にあふれている。主なものをここに挙げる。

非行系[編集]

最もよく知られているタイプ。DQNまたは厨房とも呼ばれる。万引きカツアゲ喫煙といった方法で自己主張する。やたらと目立つ髪型や服装にこだわるのは、自意識過剰の現れである。意味もなく反抗心が異常に強い。異性に無理やり声をかけるという特技を持つ。シンナー遊びにはまりやすいらしい(詳細はアンパンの項を参照)。たまに現れるハイレベルな奴はシャブで強化されていたりするので注意。ごくまれにシラフでもシャブ中並みかそれ以上の狂気を発揮する奴がいるがそいつは本物の化け物なのでもっと注意。

情緒不安定系[編集]

些細なことで意味もなくキレる。時には何もなくてもキレる。授業中でも教師やクラスメイトに奇声を発しながら襲い掛かるので、面倒なことこの上ない。物を大切に扱わないのも特徴。キーボードクラッシャーはこのタイプの代表格である。何故かはわかっていないが日本ではポケットモンスター依存症の患者に多い。伸びたつめで引っかいてくるなどユニークな攻撃をしてくるが弱く、はっきり言っていじめられっ娘などの弱者でも丸腰で倒せる。弱点である頭を狙うのがおすすめ。猫背でテンションの不安定なガキには気をつけること。

カオス系[編集]

人に擬態する戦闘兵器。脳細胞が極端に少ないため、知能がとんでもなく低い。行動や言語は幼稚で支離滅裂。不気味な声で笑い周囲の人間を不快にさせるという特技を持つ。外見が最悪な奴が殆ど。単体では弱いが、プロ市民などの強力な後ろ盾があるので注意。詳細は池沼の項を参照。

問題児の作り方[編集]

  1. 子供を生む
  2. 育児放棄になるかならないかぐらいの放任主義で育てる。
  3. 子供が個性的な行動を取ったらとにかく褒め称える。

生まれつきの問題児もいるのだが、以上の手順を踏めば健常な子供でも立派な問題児に魔改造することが出来る。さらに良質の問題児を作る場合には多額の金銭がかかるが、あえて莫大な資産をつぎ込み問題児を作ることが金持ちの間で流行っている。アレな私立校にぶち込まれた子供に問題児が多いのは流行のためである。

治療法[編集]

対処療法的なものかもしれないが、下記の方法により、ある程度の改善が望める。問題児を抱えている親御さんは、恐れず迷わず試してみよう。ただし深刻な問題が発生しても、執筆者およびアンサイクロペディアは一切の責任を負いかねる。

 最も一般的な方法。医師から処方してもらうのがよい。抗精神病薬抗不安薬リタリンなど。

  • 去勢手術

 薬剤の投与より強力。性ホルモンが分泌されなくなり、問題行動を起こす気力が完全に失せる。

  • ショック療法

 中枢神経に強い刺激を与え、性格を逆転させる。頭を棒で殴ったり電気ショックをしてみたりするといいかも。

 ロボトミー手術と並び最も強力な洗脳の一種。

 強力な洗脳教育をしているあの危険な人格矯正施設ですよ。ちゃんと書いてくれ。あと2ちゃんねらーお断り。

関連項目[編集]