唐津市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「唐津市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「唐津市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「唐津市」の項目を執筆しています。

唐津市(からつし)は、九州北部に位置する都市である。

唐津焼の産地であり、陶磁器石炭の積出港として栄えた。「唐津物」は陶磁器の代名詞として広く知られている。佐賀県に属するとされるが、市民は真実を語ることを拒んでいる。

福岡市の影響下にあるため福岡県の一部と見なすことも出来る。長崎県に属するという異論もあり、これに対して市民は「佐賀県でなければどちらでも良い」としている。加羅の領地であったとする珍説も存在するが、地名からの連想に過ぎず、その根拠は明らかでない。

概要[編集]

肥前国北部を占める松浦地方の中心都市であるが、今日の松浦地方は佐賀・長崎県境によって分断されており、本来の力を発揮できていないのが現状である。そのため、ごく一部の市民が松浦の統一を推し進めているが、伊万里や北松地方、五島列島佐世保の経済力によって懐柔されており、唐津が介入できる余地は残されていないとみるのが妥当である。

平戸や佐世保が佐賀入りを果たす可能性は皆無に等しく、松浦統一を成し遂げるためには、こちらがおとなしく長崎県に編入するか、佐世保と手を組んで新たな県を創設するしか術がない。しかし、そこまでして松浦地方を統一する必要性はあるのか疑問であり、むしろ福岡市との関係を重視すべきだとする意見が根強い。

地理[編集]

北は玄界灘に面し、虹の松原七つ釜などの景勝地が連なり、壱岐対馬を望む。玄界灘沿岸の福岡市との交流が盛んであるのに対して、有明海側の佐賀市周辺とは疎遠である。

市東部にそびえる鏡山は、日本一高い山とされており、唐津の象徴となっている。どうみても日本一とは思えないが、鏡山はかがんだ山なので、立ったら日本一高いという屁理屈である。 市南部には唐津炭田が広がり、相知炭鉱を中心に大いに賑わいを見せていたが、いまでは静かな町になっている。

歴史[編集]

古くから中国大陸との交易拠点であり、陶磁器の技法をはじめとする大陸の先進文化をいち早く取り入れてきた。神功皇后による新羅征伐や、豊臣秀吉による朝鮮出兵の拠点となるなど、良くも悪くも時代を通じて大陸と関わりの深い地域であるといえる。

外国に通じる港であるため、「唐津」と呼ばれるようになったとされている。それに目を付けた韓国人によって「唐津」は「韓津」と同義であるとして、「唐津の起源はウリの国に違いないニダ!」と妄言が発せられている。韓国竹島に続いて、対馬の領有権までも主張し始めており、八百万に一つでも対馬を明け渡すようなことがあるならば、壱岐九州本土の割譲までも要求してくるとみられ、海峡は緊迫した空気に包まれている。

交通[編集]

九州朝鮮を最短距離で結ぶ海上交通の要衝であったが、博多下関の発展に押され、次第に日韓航路から取り残されていった。

福岡志向の強い唐津らしく、県都・佐賀に向かう唐津線より、県境を越えて前原博多に向かう筑肥線の本数が多くなっている。伊万里方面に向かう列車も設定されているが、唐津と伊万里の関係をあらわすように、その本数はきわめて少ない。

日韓トンネル計画[編集]

呼子線呼子に通じることなく幻に終わったが、唐津から呼子・壱岐対馬を経て釜山もしくは巨済島に至る「日韓トンネル計画」が練られている。仮にトンネルが開通した場合、唐津は一大交通拠点に返り咲くことになるが、一部の韓国人が「ウリの国とつながっている唐津は、ウリの領土ニダ!」と叫び出す可能性も否定できず、市民の間で賛否両論が渦巻いている。

関連項目[編集]


この項目「唐津市」は、執筆者が陶工だった可能性もありますが、未だ素焼きの状態です。二度焼きして下さる熟練者を求めています。 (Portal:スタブ)