哆啦A梦

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
和諧の皇帝が貴方を見ている!
中華人民共和国の中央人民政府は認可します。
この文章の内容は中華人民共和国中央人民政府を通じて十分な内容と審査され、脳の不完全な中国の人民と中国共産党の党員に見せることが出来ます。
内容が思想に反して罪を犯すこと思うのなら、自分で公安局に行って自首しなさい。さもなくば中国共産党は貴方を捕まえてこっそりと銃殺します!!

哆啦A梦(ドラAもん)とは、中華人民共和国にやってきた22世紀のタヌキ型ロボットまたはこのタヌキを主人公とした作品アル。中華人民共和国検閲部で働くこの私にとっても道徳的で政治的に正しいロボットでアルに、中国共産党のお偉いさんも大いに参考にしているアル。

概要[編集]

哆啦A梦とは小学館の版権の下、正式に公認されている狸型ロボットの名前アル。21世紀からこちらが主流になったアル。最後の字は「夢」と書くのが通例アル。でも人民が変な思想に走らぬよう、正式には梦の字が使われてるアル。

以前には、「机器猫」というバチモンが流通していたアル。最初から発想が間違っているアル。何が猫アルか。耳のない猫はタヌキに過ぎぬアル。偉大なる著作権ビジネスの前に、このバチモンは征討されたアル。

ストーリーについては登場人物の項で解説するアル。

主要登場人物[編集]

哆啦A梦[編集]

取り敢えず主人公ということになっているアル。我が共産党の価値観を体現するための狸アルが、それをありのままに語ると、子供たちに話を聞いてもらえなくアル。だからパソコン最先端のロボットにも関わらず、マウスが苦手という弱点をつけたアル。すると、たちまち人気が出たアル。作戦成功アル。やはり東方の島国の知恵は偉大アルね。これだけは評価してやるアル。

野比大雄[編集]

世界的知名度を持つ作品ではおそらく世界最弱の精神力と体力の真・主人公アル。東方の島国の生き写しアル。それを妬んだ諧謔士たち大雄王国系記事を量産したそうアルが、建国して用済みになるとすべて粛清されたアル。大雄という名前がたいへんな諧謔アル。笑うアル。

半分以上の回が、大雄が不当に苛められるところから始まるアル。大雄泣くアル。共産党員の哆啦A梦に復讐のための道具をせがむアル。そしてよく見たら苛め以上の復讐を行うアル。そして暴走し、いつも相応の報いを受けるアル。これが本作品の基本パターンアル。

これは何を意味しているアルか?つまり愚民が勝手に復讐に立ち上がると、より酷い惨禍が起きるということアル。つまり、復讐を行う際は程度を知るその筋のプロに頼めということアル。我が共産党から人権侵害的な被害を受けても直接復讐してはならぬアル。しかし、人権活動家はその基本定理を分かっておらぬアル。自力の復讐はより悪いアル。注意するアル。

野比玉子[編集]

大雄の母上アル。模範的教育家アル。宿題をやらずにマンガにかまける息子を懲らしめるために、頻繁に焚マンガ坑零点答案を行うアル。共産党検閲部の理想に適う模範的な母親アル。ジャパンクールの裏側の市場状態はまこときついアル。母上は息子がそんな搾取業界に進まぬよう息子を諌めているだけアル。もっと感謝するアル。

父上の影が薄いアル。でも仕方ないアル。

剛田武[編集]

ガキ大将アル。あまりに暴力的で理不尽に思えるアル。でも彼は外部からの敵に対して子分を守る役目も真面目に負っているアル。まこと任侠アル。これは現実世界の暴力団との付き合い方を教えるための教材アル。マンガなどはいわゆるみかじめ料に過ぎぬアル。天災的歌唱能力も我慢の代価アル。国際的には我が国の生き写しでもアル。東方ののび太国も我が国の思想に耐え、貢納品を納めるべきアル。そうしたら真の脅威たるイスラム暴力団の脅威から守ってやるアル。

骨川小夫[編集]

実は最も弱虫で卑劣な小学生アル。自分では何も稼がぬ癖に親の土産を自慢する悪質ブルジョワの典型アル。文化大革命の頃なら真っ先に人民の手で下放されていたアルが、今は改革開放の時代アル。先に豊かになった親の子供を妬むのは悪質な国家秩序転覆陰謀行為アル。貧乏人はその原理を学び、薄煕来の如き復讐心に燃えてはならぬアル。今の共産党は小夫をこそ応援するアル。

源静香[編集]

入浴シーンをもって電視台の前の男たちを魅了する作中随一の女子小学生アル。優等生的でやがて大雄と結婚する運命アル。これは優等生的な女子学生でも所詮は最もダメな男子学生に劣ることを女子に説くための造形アル。まこと三従精神こそ女子の務めアル。

検閲部というても我らは入浴関係のことには干渉せぬアル。我々は寛大なる機関アル。我らの検閲するは、この権利を侵害しようとする不埒な思想犯のみアル。

出木杉[編集]

人民の第九列に当たる憎き知識分子アル。一応表面上は良い扱いを受けているアル。でもこれは優等生的な共産党員への表向きの行動を教えるための教材アル。哆啦A梦は大衆向けの作品アルに、真の俊英たちは決してこの作品をみないアル。

脇役[編集]

哆啦美[編集]

哆啦A梦のアル。しかし、妹と呼ぶにはあまりにも賢すぎるし、可愛すぎるという批判が寄せられているアル。哆啦美の方に来て欲しかったという大雄の声が聞こえてくるアル。

しかし、大雄よ、聞くアル。哆啦A梦は人民教育のためにつくられた狸型ロボットでアル。よりよくできた妹がやってきたら俺の妹とか言って教育目的を忘れるに決まっているアル。哆啦A梦は共産党の理想を体現すべく20世紀にやってきた人民の模範アルよ。大雄は哆啦A梦の人民に奉仕する精神に感謝せねばならぬアル。事実、哆啦A梦は妹のためによりよい道具を渡し、より旧式の時光機ならぬ時光ボロ布に乗っている妹思いの清貧者アル。子供たちは古参共産党員の清貧を代弁する哆啦A梦にこそ感謝すべきアル。

野比世修[編集]

哆啦A梦を20世紀の貧困の根源に差し向けた模範的共産党員アル。自分が産まれてこなくなってもいいから、5代前の根源に愛するタヌキを送り出した自己犠牲の英雄アル。何気に1話目から登場する癖に、すぐ脇役の地位に甘んじたところも高得点アル。その奉仕心をもって、過去を変えた航時法違犯を免除された英雄アル。

野比雄助[編集]

大雄の将来の子供アル。剛田武や小夫の息子を追い掛け回して遊んでいるアル。誰にそうしたことを学んだアルか?それはもちろん静香アル。静香が出木杉でなく大雄を選んだのは、大雄の方が家庭を思い通りに経営できると踏んだからアル。これだけみても、雄助の行動は母親譲りということが分かるアル。

迷你哆啦[編集]

赤くて小さな哆啦A梦アル。赤いのはもちろん紅衛兵だからアル。これをみたら、哆啦A梦の製造工場がすべて共産党員の経営下に置かれていることがわかるアルね。しかし、なまじ紅衛兵アルに、まだまだ革命の程度というものを知らず、意味不明の言葉で話してしまうことアル。残念アル。

剛田枝子[編集]

剛田武の妹アル。剛田主義の理想を体現するために我らの理想を体現する漫画を描き、どんどん成長していく良き妹アル。彼女だけ性格が途中で変わるのは、剛田家が我が国の思想を代弁しているためアル。思えば大雄は自分で漫画を描こうとせず、他人が描いた漫画を読んでばかりいる画力低き男アル。枝子が大雄をフッたのは当然の結末アル。

雷公[編集]

空き地の隣に落ちてくる雷アル。盆栽を意図的に空き地に面した庭に置き、窓もろとも割られてばかりいるアル。少しは対策すればという声も存在するアル。

しかし、それは無意味な助言アル。雷公は「他人の子供を叱れる貴重な親」という近所のおじさんが忘れた立場を今も継続している稀有な共産党員アル。雷公は子供を最も教化した功を讃えられて人民英雄に何度も表彰されているアルに、毎日窓を割られたとしても資金が尽きることは決してありえぬアル。

老師[編集]

大雄たちの先生アル。人民を啓蒙するために出した宿題をやってこなかった者を廊下に立たすことのできる威厳ある共産党員アル。老師は人民の前衛として子供を導いているアル。

老師は中日両国の子弟にも好影響を与えてアル。人権運動家たちは先生の慈愛を怨み、先生の意思に反逆することを吹き込み、学級崩壊を煽る不埒な勢力アル。しかし、老師の指導法は国境を越える普遍的な教えアル。中国の教師たちは哆啦A梦の老師を模範に、人権を唱えて学校を荒らす不埒な生徒を正統性をもって注意することができるアル。

秘密道具[編集]

日本では1回しか出てこない秘密道具をいちいち記録している奇人がいるそうアルね。でも、秘密道具の本質とは、物語を円滑にすすめるための潤滑油に過ぎぬアル。元素構造が変わらぬ限り、竹小豚―翻訳蒟蒻も皆絶対実現不可能アル。あれらはあくまで寓話に過ぎぬアル。奇人さんは、無駄な科学に時間を費やすのはやめるアル。

生誕前100年祭[編集]

日本の分家が2012年9月3日、生誕100年前を記念してイベントを開いたアルね。そして記念作品が7日に放映されたそうアルが、なかなかの出来栄えだったアル。

この作品ではドラえもんが宿題を当然のようにやってなかったのび太を叱りつけるシーンから始まるアル。ショげたのび太はもしもボックスを使って「叱られない世界」を作り出すアル。ドラえもんが22世紀に帰ったら叱ることが犯罪化していて、アリガトデス収容所に閉じ込められるアル。ドラえもんは「叱る権利」を主張して人民を感化し、遂に人民を解放するアル。

この作品は中国共産党にとって非常に都合のいいプロパガンダでアルね。「叱られない世界」というのは要するに人権活動家たちが夢見る世界のことを指しているアル。現実世界の声を体現するドラえもんはそんな思想におぼれる彼らを注意して現実世界に引き戻しただけアル。突き詰めれば、「叱る権利」とは中国共産党の検閲部を全肯定することを指しているアル。我々検閲部は東アジアで一番「叱る権利」を大事にしている組織だからアル。良い作品アル。正に中日国交正常化40周年にふさわしき作品アル。中日の子供たちが人権活動家の語る甘い世界に惑わされないようにするための格好の教材アル。人権活動寄りだったとされる藤子不二雄がいたら、決して実現しなかった作品だろうアル。実際・・A梦が釣魚島問題で乱れた中日人民の和解の使者になったアル。

何、「叱られない世界」とはお前ら検閲部の世界だろアルか?何という妄想アルね、現実世界における地球上のどの検閲機関が「殴られない世界」「叱られない世界」を夢見るアルか?貴方は危険分子アルね、早速叱りつけてやるアル。我らには任意門アル。

附録[編集]

  • 秘密道具集・・・[1]