吹石一恵

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

吹石 一恵(ふきいし かづえ)は、日本女優タレント。パッソプチプチプチトヨタ♪で風に舞い上がるビニールシートを追いかける会会長。名前の読みかたは「かずえ」じゃなくて「かえ」。「かずえ」じゃなくて「か・・え」ッツ!! 大事なことなので2回書きました。愛称はフッキーだが、名前のせいで偶然面白い記事になってしまった某サッカー選手とは何の関係もない。身長は170cmを越えているらしく、hydeの身長は156cmである。その正体はウルトラマンジャスティスである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「吹石一恵」の項目を執筆しています。

略歴[編集]

出身は奈良県。1982年9月28日生まれなのでまだまだ若い。でも、オバちゃんでよろしくてよ♪ 1歳の頃に紙おむつのCMに出演、究極のロリ画像として話題を呼ぶ。曖昧慎二……相米慎二の『お引越し』のオーディションも受けるものの、その太い眉毛と低い声がアダとなり落選。このとき合格した田畑智子に恨みを持っており、町娘になったり男装したりCAになったりして付け狙うものの、いつもすんでのところで逃げられ、「キー! あの料理屋の娘が!」と、清純派と思えぬ暴言を吐く。

映画版『ときめきメモリアル』(それなんてエロゲ?)の藤崎詩織役で映画初主演。ついでにこの作品のテーマソングで歌手デビュー。興行収入及び作品の出来及び吹石の歌唱力と演技力についてはお察し下さい

でも吹石はめげなかった。2006年、『紀子の食卓』で富川国際ファンタスティック映画祭の主演女優賞を受賞! おめでとう! 吹石はやれば出来る子! でも、それってそんなにメジャーな映画祭か?

人物[編集]

空前の霊媒体質として知られ、ケータイオバケに首の骨をバキッ!と折られたり口のひん曲がったオバケ2回もとり憑かれたりと散々な目に遭っている。優等生的な外見からか、教師役を演じることが多い。こんな先生なら叱られてもいい。ていうか叱ってほしい。

で、吹石といえば[編集]

その隠れ巨乳っぷりと立派な眉毛とやたら低い声で有名ですが。高校生の頃、友達に「貧乳顔のくせに巨乳でハラ立つ」と言われたことがあるらしい(本人談。実話である)。1歳のときの紙おむつ姿がクセになったのか、『anan』でセミヌードを披露。このときは女性のみならず男性ファンも書店に殺到。『anan』でアンアンしたらしい。

吹石とその家族[編集]

パパは元・パッとしない地味な球団の大阪近鉄バファローズ選手・コーチで、現在は楽天のチーフスカウントだったりする吹石徳一。2人いる弟のうち1人は野球の全国大会に出場している(マジ)など、タマいじりの好きな一家である。 吹石がどれぐらいタマいじりが好きかというと検閲により削除

関連項目[編集]