吹田市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「吹田市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「吹田市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「吹田市」の項目を執筆しています。

吹田市ふいたしすいたし)は、大阪府に属する都市のひとつ。大阪市大阪民国)に隣接しており、そこの植民地(属国)となっている感を受ける都市のひとつである。一方で戦後は阪急王国阪急電鉄系列)の統治下にも入っており、両国の緩衝地帯になっているとみなせなくも無い。また、徳島県板野郡とは姉妹都市であり、黒服の楽団が夜になると、大量に押し寄せる。

街の概要[編集]

名神高速道路から中国自動車道近畿自動車道が分かれる吹田ジャンクション、かつて貨物列車の操車場として機能した吹田信号場など、大阪の物流を影で支える施設がいくつか存在する。これが「大阪植民地」と呼ばれる要因の一つである。

一方で千里ニュータウンを始めとし、大阪へ向かう人のための住宅地も存在する。これは「大阪といえば醜悪なイメージがあるため、少し離れた場所に住もう」と考える人が多いためであり、阪急王国の創始者小林一三が隣接する豊中市池田市で住宅開発を行ったとき以来の伝統である。

この千里ニュータウン開発に際しては、大阪市直営の地下鉄大阪市交通局)が乗り入れようとするところ、阪急側が阪急宝塚本線阪急千里線の利権を侵害すると難癖をつけ、北大阪急行電鉄という阪急系会社を別途にわざわざ設立させて路線を敷設している。

この地方の人々は野球の大ファンで、朝目覚めると素振りをしてしまう。仕事中にも空き時間にはストレッチも兼ねて素振りしてしまう。 まさに素振りのために生まれた民族である。 また、基本的に住人は夜行性であり、夜になると俄然、元気になる。ただし、昼ごろは大の字になって寝ていることが多い。

このように、戦後からのもので阪神間各都市に比べれば伝統は短いが、「阪急王国色」が強い面も存在しているといえる。

2007年8月の週刊ダイヤモンドによれば、関西圏で安心して住める都市のベスト10のうち6つ(12位まで含めれば8つ)は阪急王国の領土ないし付属領であるが、その中でも戦前からの領地である芦屋市西宮市に次いで吹田市は3位についており、戦後生まれでありながら街のイメージが全般的に高い所であることを伺わせる。

また、関東圏等の他県からの人口流入が大阪府内でもかなり多く、方言も一部大阪のアクセントでありながらも標準語に近い語彙で、方言自体が交雑していたりと、非常にややこしい地域である。中には都会人ぶって四国地方の方言を使う人もいる。 また、吹田市北部は品性下劣な吹田市南部を見下しており、北部の属国とみなしている。 北部には閑静な住宅街が連なっているが、南部には金太郎飴のように個性のないバラック街が並んでいる。 街を歩いていると片言の東南アジア人が四国地方の方言で話しかけてくるので要注意である。

吹田駅など[編集]

街の代表駅はJR西日本東海道本線JR京都線)の2駅、阪急千里線の7駅、北大阪急行電鉄の2駅、大阪高速鉄道の3駅、阪急京都本線の正雀駅などである。

しかし、このうち市名の「吹田」を名乗る駅が阪急とJRにそれぞれ別個の位置で存在しており、紛らわしい(西宮・芦屋や伊丹もそうだが)。しかも優等列車がいずれも停車しないことから、「本当に市名を名乗るほどの駅か?」と感じさせる。いい加減JR快速止めろや 阪急トロいねん高架化しろや そして急行走らせろや(ノシ 'ω')ノシ バンバン

また、大阪方面へ毎朝満員電車で向かう客にとっては、「吹田」の響きは「嫌味にしか聞こえない」という指摘もある。

吹田JCT[編集]

上述のように、鉄道の駅では茨木駅>吹田駅あるが、高速道路においては、吹田が名神高速道路・近畿自動車道・中国自動車道が交わる大ジャンクションなのに対し、茨木は国道171号と交わるただのインターチェンジであり、茨木に一矢報いている。

また、高速道路の利用者にとっては、「吹田」の響きは「嫌味にしか聞こえない」という指摘もある。とある雛壇番組でぱあとかきたとか言ってた男が天王山トンネルと間違えたというエピソードはあまりによく知られている。

市内各所[編集]

JR吹田駅前[編集]

国鉄という威光など無く、かつては大した施設は無かったが、JRとなってからは一応中心地といえなくもない。よくある話に聞こえなくもないが、これは38階建てのマンションがタワーマンションブームのかなり前に建設されたことが大きい。隣の大阪市内からもよく見える「あの高い建物」の方へ向かえばJR吹田駅に着くからである。

しかし残念なことにこれは巨大ロボットではない。夜は一戸建ての民家の横に佇み、その様は寂しく、柳京ホテルのようである。

阪急吹田駅前[編集]

申し訳程度にロータリーがあり、周囲に民家が立ち並ぶ。線路を挟んで反対側に市役所があるが、行き来するのは地方公務員ばかりである。ところが市役所の北隣には吹田市民が誇るメイシアターがある。メイ・シアターである。メイシアターでは無い。大阪市内の各劇場を差し置いて西川貴教氷川きよしのライブが開かれていたりする。

しかしメイシアターは夜に開いていないので、やはりその時間帯は寂しい。

JRの駅前にではなく、阪急の駅前に市役所が設けられているあたり、阪急王国の一員としての責務を果たしているといえる。

江坂[編集]

かつては街にある全ての自動ドアの60%がローソン、20%がミスタードーナツの入り口であった場所である。 今でも、角を曲がればローソンがある、ローソンの向かいにローソンがある、などと言われる。

駅前に東急ハンズがあり、心斎橋に東急ハンズができる前は大阪府下各所のワナビーたちが向かった場所である。また、駅の南徒歩5分程のところには代々木ゼミナール大阪スタジオがあり、難波に大阪南スタジオができた後でも大阪府北部各所のワナビーたちが向かう場所である。そして、東急ハンズの向かいにはかつてネオジオランドがあり、全世界のSNK信者というワナビーたちが向かった場所であった。

東急ハンズ横の一方通行道路には江坂ウエストサイドストリートという名前がつけられている。これはどんなにダサい名前にしてもスイーツ(笑)が寄って集ることを誇示するためである。しかし自転車バイクが道路中を覆い尽くしており、車は駐車する以外何もできないため、江坂ウエストサイドモータープールにしてはどうかという声も有識者より聞かれる。

実質的にここが吹田市の中心部であるが、以上に示した母体は軒並み萎んでいるため、同じ沿線梅田以上に余所者には気付かれないとっても寂しい街である。

実は江坂駅から北は北大阪急行電鉄の区間であるが、そんなこと誰も気にしない

隣の新大阪同様、何かあれば東海道新幹線ですぐにトンズラできるために、東京から左遷された東京人の憧れの地となっている。つまり鶴橋朝鮮半島の、大正琉球王国の植民地であるのに対し、こちらは帝都大東京の植民地となっている。別名東京都江坂区

大阪万博跡地[編集]

1970年に大阪万博こと日本万国博覧会がここ吹田の地で盛大に開かれたが、吹田市では35年以上経った今でもその跡地を残し、公園や観光名所として活用している。「過去の栄光にすがる」傾向があることを伺わせる。この事例があるため名古屋共和国長久手町も、同じようなことをするだろう。

太陽の塔[編集]

芸術が爆発した結果できた産物は、万博跡地に今も自然の中にそびえ立っている。万博の記念碑ともいえる。

…というのは名目上の説明であり、実は塔内は宇宙通信基地の拠点となっている。毎晩深夜3時台、大阪大学の研究員を中心とした宇宙通信のエキスパートたちがここに集結し、地球外からのさまざまな情報を受信・送信し、日々通信技術を進化させている。

後に世界の救世主、「ともだち」が「ともだちの塔」に改造する。

日が沈むと、上部の顔にある2つの目から光を放つ。しかしこれを見た子供が恐怖のあまりチビってしまいパンツがびしょぬれになるなど、深刻な社会問題となっている。 また高速道路を走行中に突然出現した塔に驚き、運転操作を誤る事例も後を絶たず、早急な対策が求められている。

近年老朽化が進んでいることが悩みのタネ。

万博記念競技場[編集]

敷地内に巨大な乾電池がおもむろに置かれているという、不思議な競技場。脚という意味の名前がついたサッカークラブが本拠地としているが、あまり評判は良くないらしい。けど強い。普通に強い。(弱い時期もあったけど)

乾電池かわいいよ乾電池。

でも、なんかみんなから寄付とか言ってカツアゲしてどデカイスタジアム作るらしい。隣にひらがなが鬱陶しい三井さんの家ができるんだって

まきふん公園[編集]

麒麟田村裕がかつて暮らしていた公園である。住所は山田西2丁目で、現在は万博公園に次ぐ副産物としても有名である。実名が悲しいことにあまり知られていない。

エキスポランド[編集]

万博跡地の有効活用を理由に、開発したテーマパーク。しかしユニバーサル・スタジオ・ジャパン等に客を奪われたため、高速のジェットコースターで一発奮起を図ろうとした所、あえなく事故を起こしてエクストリーム・謝罪参加という結果になった。知名度は高くなったけれど。

吹田操車場跡地[編集]

万博跡地と同じく、1984年に不要となった吹田操車場の跡地も、そのまま大半が空き地となって放置されている。ここの場合、また新たに貨物駅を誘致するつもりらしいから、「あの素晴らしい貨物駅をもう一度」ということなのかもしれない。

産業[編集]

アサヒビールを筆頭に、種々の食品・化学企業が本社や工場を置いている。大阪に近い植民地で、広い土地が確保できるというのがその理由であろうが、阪急色が強いため「大阪の暗いイメージ」を拭う事が出来るという判断もあると見られる。

市南端に立ち寄ったものは必ず鼻を曲げて帰ってくるといわれる。それはクレゾール由来成分配合の製品を年中無休で製造し続けているからである。この臭いはかつて市内全域に充満しておりぜんそくよりも重大な公害とされ、この原因物質を取り除くために水を使わない浄化法が考案され、また臭いが水にも浸透するため油を使ったおいしい穀物が普及した。

そして浄化が完了すると市民は歓喜しエースコックのワンタンメンにマロニーを入れて食べ、成人は工場で作りたてのスーパードライで、未成年はバヤリースオレンジでそれぞれ祝杯を挙げた。また、記念として汚染されていた風景をキング・オブ・ファイターズのプレイ画面で楽しんだ。

教育[編集]

関西四大私大の一つである関西大学がある。類似した名前をつけている関西学院大学としばしばスポーツという名目での戦争をしていることで知られている。 旧帝大のひとつである大阪大学がある。吹田キャンパスこと吹田村は俗世間とは隔絶した陸の孤島である。

交通[編集]

市内を南北に貫き大阪キタ(梅田)に直結している3つの鉄道路線は、いずれも阪急王国の経営である。市内でタクシーに乗ればほとんどの確率で阪急タクシーである。前記のとおり阪急バスが大量に行き来している街もあり、さらに最近は、市の委託を受けてではあるが、福祉バスも阪急バスが走らせている。

一方、市内に一応JRの駅はあるものの、2駅とも新快速はおろか快速にさえ華麗にスルーされているが、誰も気にしない。というかこの市ではJRの存在自体、影が薄い。