吹奏楽

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「吹奏楽」の項目を執筆しています。

吹奏楽(すいそうがく)とは、管楽器などを利用したスポーツである。

概要[編集]

吹奏楽は一般的に「管楽器(=いてする音)」であり、傍目には一般のスポーツとは無縁のものに見える。実際に学校の部活などでは、吹奏楽は大抵「文化部」の枠に入れられている。そうなったのは紛れもなく周囲の無理解、すなわち聞いてるだけならどうでもいいやという無責任な考え方のせいである。

事実、吹奏楽は他のスポーツと違い、周囲が声を出して応援することはない。特に部活による大会などではわざわざ競技場となる学校や公民館や文化会館や体育館などに足を運んでくる人は皆無に近く、観客のほとんどは家族や学校や敵のチームの人間である。そのためか観客の顔は皆一様に神妙であり、大声で叫んだり発炎筒を投げたりする人はほぼいない。あっても、学校指定の横断幕がちらほらと掲げられているぐらいである。プロの試合ともなればそんなものは一切なくなるので、一目では「スポーツをやっている」とはわからない状況になる。なお、部活における吹奏楽とプロの吹奏楽では多少状況が異なるが、それについては後述する。

プロアマの溝[編集]

一般のスポーツにおいて、プロとアマチュアの間でやることに大差があるわけではない。プロなら本業にするし、アマチュアなら副業、もしくはただの学校活動としてプレーする。しかし吹奏楽は、プロアマ間の溝がかなり激しい。ここではその相違点を挙げていく。

スポ根[編集]

スポーツたるもの、それなりにスポ根の要素があって差し支えない。しかしその程度にはプロアマで激しく差がある。

アマチュア[編集]

何度も言うが吹奏楽はスポーツである。まして最後の夏に燃える上級生と、叱咤激励されながらその背中を見守り成長していく下級生の集団である学校の部活となれば、真剣にならないわけがない。・・・と、ここまでは他の運動部と変わりはない。問題はここからである。例えば野球部であれば、よほど人数が少なくない限り、やる気のないものは切ってしまっても何も問題ない。自己責任である。しかしアマチュア吹奏楽ではその内容のひとつとして隊形を重視するため、一人欠けると大問題なのである。野球のように人数が決まっておらず、大勢でやるほど迫力が出るのである。よって先輩も、きつい事を言って部員の心をへし折るわけにはいかなくなる。このことが部員にまるでアニメにでも出てくるような感動的な台詞を言わせるのである。怒鳴り散らすだけの他の運動部とは大きく違う点である。なお、こういった特徴がドキュメンタリーなどのテレビ映りにも影響している。

関連項目[編集]

律澪ライブ前.jpg 「律!!私の代わりに吹奏楽を執筆して!!」「じゃ、添削どうすんだよ」
私がやるから!!」「それじゃテンプレ貼付どうすんだよ」「それも私がやるから!!」 (Portal:スタブ)