吸血鬼のひめごと

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

吸血鬼のひめごと(きゅうけつきの - )は鈴木鈴著、片瀬優イラストのライトノベル。『吸血鬼のおしごと』の続編に当たる。

本巻発売前のファンの反応[編集]

日常的なのんべんだらりとした風景を描くスプラスティックコメディが、いつのまにか電撃文庫でもトップクラスのバイオレンスダークファンタジーになってしまった前作の続編だけあって、ファンからも期待は高いかった。

笑い3割、シリアス2割、ヒロイン4割、暴力1割を信条とする百合小説「サンダーガール」を間に挟んでの続編の執筆であり、本作の内容が穏便かつ平和的なものであるということも考えられるのだが、その可能性はだれも信じていない・・・。

以下にファンの主な反応を載せるので、本作理解の参考にしていただきたい。

  • 「とうとう我慢できなくなったか、あの暗黒作家め!」
  • 「平和な幻想では奴の欲求は満たせない・・。可憐なヒロインも奴の狂気を浄化するには至らなかったようだ」
  • 「せめてヒロインの顔はコンクリでなく、アスファルトで削ってくだい・・・」

ストーリー[編集]

血で血を洗う悪夢の一夜から、2年・・。

「半」吸血鬼、レレナは自分の正体を隠して日常に帰還した。自身を化け物に変えてしまった自分の主人の帰りを信じて、日常生活を送る彼女。そんなレレナの前に、ある一つの報が届く・・・。

キャラクター[編集]

レレナ・パブリカ・ツォドルフ
前作のヒロインにして、本作の主人公。「はんぶんだけ」吸血鬼。非常に可愛らしい容姿と性格をしているのだが、吸血鬼らしく不死身の肉体を持っているためさまざまな拷問行為を受けており、前作にて「顔面をコンクリートでガリゴリガリゴリ削られたヒロイン」として、電撃文庫にて一躍有名になる。
時田青磁
レレナのクラスメイト。非常に古臭い考えの持ち主である。彼の出生には多くの謎が隠されている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「吸血鬼のひめごと」の項目を執筆しています。
Boogie3.jpg この項目「吸血鬼のひめごと」に欠けているもの未来なんだ。
君も世界の敵になるつもりかい? (Portal:スタブ)