名鉄豊川線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

豊川線(とよかわせん)とは本線から電車を乗り入れさせているのに、線路自体は路面軌道という詐欺路線である。

概要[編集]

浜松県豊川市内をはしっている。空気輸送は行っておらず、通勤路線となっている。

「豊川市」の記事にあるように豊川市の教育事情が厳しくいため秀才の中卒後に豊橋市や岡崎市と組んで秀才の流出の手助けをしている。そのため、地元のジジババには嫌われている。それでもジジババ達は名鉄を利用する。

終電の豊川稲荷駅では隣に東海旅客鉄道飯田線の豊川駅がある。豊川稲荷とは駅近くにある、稲荷専用の神社である。

この路線は鉄ちゃんの間では有名で、日本車両で生産された名鉄の電車は必ずこの路線を通るので畑や田んぼ、水路など至る所に鉄ちゃんが出没するので沿線を歩く時は非常に注意が必要である。

歴史[編集]

名鉄各務原線と同じように第二次世界大戦時では航空機の工場があったため軍事上重要な路線であった。そのため、長期間にわたりアメリカから飛行機からプレゼントが送られるという嫌がらせを受けていた。終戦を迎え、嫌がらせがなくなり、調子に乗った名鉄は豊橋市と岡崎市から要請を受け秀才確保のため、さらに延伸をしようとするが、これ以上の秀才の流出を恐れた豊川市がジジババに呼びかけ土地を売らせないようにするという嫌がらせを行った。

また、なんとか乗客を増やそうと近くに車両工場を作り鉄ちゃんに利用してもらおうとしたが鉄ちゃんは名鉄を使わず至るところに身を潜めて目当ての列車が来るのを待っているため、収入増加にはなっていない。

種別[編集]

急行
名古屋本線に乗り換えを行い、秀才を受け入れ先の岡崎に送り届けている。ジジババにはかなり嫌われている。
普通
ダラダラと走り国府駅で折り返す。急行とは違い、こちらはジジババには気に入られている。 極稀に鉄ちゃんが乗ってくることがある。

主な駅[編集]

NH 04 国府駅

名古屋本線は乗り換え。国府宮と間違える人が続出しているため、とりあえず快特は通過している。

TK 02 諏訪町駅
ジジババのたまり場。ここでよく、ジジババと豊川市が名鉄について議論する。通勤時間帯には駅前でジジババ達が学生に対して、豊川のいいところをアピールしているが相手にされていない。
TK 03 稲荷口駅
名鉄定番の「口」がつく駅。それをアピールするためか急行が停車する。
TK 04 豊川稲荷駅

飯田線は乗り換え。初詣以外では何の意味もない。


関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「名鉄豊川線」の項目を執筆しています。
東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「名鉄豊川線」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)