名鉄西尾線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
鉄分過剰
このページには鉄分が過剰なので栄養のバランスが崩れています。
DHMOの摂取やバランスの良い食事をすることを心がけ、鉄分が偏らないように注意してください。

西尾線(にしおせん)は、尾西線の見間違いから生まれた都市伝説上の路線である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「名鉄西尾線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「名鉄西尾線」の項目を執筆しています。

概要[編集]

名鉄に唯一存在する都市伝説上の路線である。単線(一部複線)電化路線であるとされる。名古屋共和国東部の新安城駅吉良吉田駅の間を結んでいるとされているが、沿線区域にあたる安城市の鉄道利用者の大半はJR東海道線を利用しているし、西尾市の住民の交通手段は自家用車のみで鉄道を利用することは無いためあくまで都市伝説に過ぎない。しかし鉄道教信者を中心に実在を信じる人々が増加したため、名鉄はサービスとして路線図に西尾線を記載し、「西尾」「吉良吉田」などの行き先表示を行うようになった。しかしかえって存在を信じる者が増え、学者の間でその存在の有無を巡って度々論争が発生している。

都市伝説[編集]

この路線には多数の不可解な都市伝説があるが、それがあまりにも不可解過ぎるために存在しないことを裏付けてしまっている。ここではその一例を挙げる。

ローカル線だが1日1往復のみ特急が走っている。急行は終日走っている。以前は終日特急が走っていた。
これは明らかに創作された話である。ケチな名鉄がほぼ全線単線で追い抜きも出来ないローカル路線に特急や急行などという豪華列車を走らせるという無駄に過剰なサービスを行うわけがない。
急行と停車駅が1駅しか変わらない準急が朝夕のみ存在する
これも創作である。名鉄の得意技といえば、普段なら停まるはずのない駅に無理矢理停車させる「特別停車」である。1駅の違いなど名鉄なら急行の特別停車で済ませるため、そのようなことはあるはずがない。
開業当初は僅か13kmを50分かけて運行していた
これも創作である。田舎の軽便鉄道とはいえ、そのような路面電車並みの走りをするはずがない。
以前は1本のホームに3本の列車が並んで停車することがあった
これも創作。論外である。
順次複線化が行われているが、複線区間で列車がすれ違うことはほとんど無く、無意味である
これも創作。ケチな名鉄がそのような無駄な工事を行うはずがない。

以上の通り、この路線はあくまで都市伝説上の路線であるから、ウィキペディアに書いてあったとしても絶対に信用してはならない[不要出典]

仮想駅 (一部)[編集]

始発駅の有様。
新安城駅
名古屋本線の特急停車駅。1,2番線が西尾線ホームとされているが、実際には1番線は待機線、2番線は引き込み線である。
北安城駅
仮想である。名鉄なんぞが「新安城」の南に「北安城」を作るという京急のマネなどするはずがない。
南安城駅
これも仮想である。安城市の中心部に「南安城」などという駅があるはずがない。
堀内公園駅
準急さえ通過する駅らしいがこれも仮想である。堀内公園という観覧車まである立派な遊園地に準急を停めないはずがない。
桜井駅
高架化された立派な駅らしいがこれも仮想である。ケチな名鉄がローカル線の駅をわざわざ高架化するはずがない。
米津駅
以前は特急が停車していたらしいがこれも仮想。ケチな名鉄が1日の利用者が僅か3ケタのローカル駅にわざわざ特急を停めるはずがない。
西尾駅
中心駅らしいがこれも仮想。
鎌谷駅、三河荻原駅
廃止されたらしいがこry
吉良吉田駅
蒲郡線の終着駅。蒲郡線ホームの裏側にカーブした西尾線ホームがあるらしいが、そこにあるのは留置線のみである。また西尾線と蒲郡線の乗換改札や、ICカード対応改札機まであるらしいが、これらも仮想。ケチな名鉄がわざわざ乗換改札を作るはずがないし、こんなド田舎に高価なIC端末を置くはずがない。

関連項目[編集]


お客様にお知らせいたします。この「名鉄西尾線」は執筆者も認める鉄分過剰な記事です。鉄分以外の栄養素をバランスよく補給して下さいますようお客様に重ねてご協力をお願いいたします。 (Portal:スタブ)