名鉄尾西線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「名鉄尾西線」の項目を執筆しています。

尾西線(びさいせん)は、名古屋共和国弥富市にある弥富駅と一宮市にある玉ノ井駅を結ぶ名古屋鉄道の路線である。一ローカル線という位置づけだが、名鉄の現有路線の中では最も古い路線の一つである。

路線概要[編集]

名鉄尾西線は、尾張西部を縦断する路線である。しかし、名古屋市に平行するように走っているため、特に昼間は閑散としている。ラッシュ時はそれなりに混雑している。

沿線都市は名古屋共和国弥富市愛西市津島市稲沢市一宮市が挙げられる。弥富駅で関西本線、津島駅で津島線、一宮駅で名古屋本線東海道本線と接続している。

歴史[編集]

尾西線は、もともと尾西鐡道爆走團という暴走族が建設した路線である。明治初期に弥富の金魚農家の不良青年たちによって、「蒸気機関車と鉄道馬車を乗りまわす」という目的の下で結成された尾西鐡道爆走團は、弥富から一宮に向かって路線を拡充させた。その後津島と一宮に活動拠点を移し、一宮から八方に路線を拡大、さらに岐阜と名古屋を制圧という目標を新たに立て、国府宮まで路線を拡大したところで名古屋鉄道に摘発され、1925年に解散式を行った。

その後、走り屋から足を洗った者は一宮と津島で織物業の拡大に努めた。特に一宮では、戦後の毛織王国の礎を築いたのは尾西鐡道爆走團であるといっても過言ではない。また、走り屋を諦めきれなかった者はマスコンからオート三輪のハンドルに持ちかえ、一宮市営バスを設立し、上述の目標を達成した。

余談であるが、1947年に市営バスが名鉄バスになると、本業の暴走族に回帰する者が現れ、一宮に活動拠点を置く一大暴走族が形成された。

年表[編集]

尾西鐡道として

  • 1898年(明治31年)1月1日:尾西鐡道爆走團結團式。
  • 1898年(明治31年)4月3日:最初の路線建設(弥富駅~津島駅)。
  • 1899年(明治32年)2月17日:森上駅まで延伸に伴い、津島に分団設置。
  • 1900年(明治33年)1月24日:省線の一ノ宮駅に寄生成功。
  • 1914年(大正3年)1月23日:名古屋電気鉄道に津島駅を乗っ取られ、急激に衰退。
  • 1914年(大正3年)8月4日:さらに北進し木曽川橋駅まで延伸し、活動拠点を一宮に移す。また、岐阜県に殴り込む。
  • 1923年(大正12年)11月28日:全線電化完了、なお電化は開業と逆の順に行われた。
  • 1925年(大正14年)8月1日:名古屋鉄道により摘発、解散式を行い、以降は名鉄尾西線となる。

名古屋鉄道として

  • 1944年(昭和19年)3月21日:奥町駅~木曽川橋駅~木曽川港駅が休止。
  • 1951年(昭和26年)12月28日:玉ノ井駅復活。
  • 1952年(昭和27年)12月14日:全線にわたって1500Vへ昇圧完了。
  • 1959年(昭和34年)9月26日:伊勢湾台風により、弥富駅~津島駅が長期不通となる。
  • 1959年(昭和34年)11月23日:弥富まで復活も、玉ノ井駅以北あぼーん
  • 1974年(昭和49年)3月17日:第三次特急補完計画により、佐屋~森上まで複線化完了。
  • 1997年(平成9年)4月5日:津島駅~新一宮駅について、単線区間を毎時4本、複線区間を毎時2本という変態プレイに出る。
  • 2001年(平成13年)10月1日:津島駅~新一宮駅について、全区間毎時4本化実現により変態プレイ終了。
  • 2008年(平成20年)3月27日:弥富駅にSFカード導入なし正式決定。御愁傷様。
  • 2008年(平成20年)12月27日:第四次特急補完計画により、津島線からの特急が平日下り4本だけ復活。

関連項目[編集]

東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「名鉄尾西線」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)