名鉄三河線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

三河線 (みかわせん) とは、名古屋鉄道の路線で猿投から碧南を結ぶ名古屋共和国の路線である。

概要[編集]

この路線は、赤字だが名鉄名古屋本線の次に路線距離が長い。そのため三河線は、知立を境に山線と海線に分かれている。このように知立で分けるようにすることでいつでもどちらかの路線を名鉄から切り離せるような状態にしてあるのだ。ちなみに、山線は「豊田市の方の三河線」海線は「そっちの方じゃない三河線」で伝わることが多い。もちろん、この呼び名から分かるように、海線の方など誰も気にしないのだ。 日本の鉄道路線は基本左側通行だが、三河線はなぜか右側通行をする区間がある。これは、分岐点や閉塞でいろいろ名鉄が遊んでいた頃の名残であって、今では名鉄は山線の駅のホームに赤外線センサーを置いて遊んでいる。

猿投駅〜知立駅 (山線)
この区間は、三河知立駅と知立駅を除いた全ての駅が豊田市にあるので、実質こっちが名鉄豊田線である。豊田市駅が山線で一番利用客が多い駅で、ここと梅坪駅間は鶴舞線の方からも列車がやってくるので複線化されている。また、山線は知立駅が要塞化されたら「特急 豊田市行き」が走ることになっている。高架化や複線化が進んでいるのはそのためである。「特急 豊田市 (とよし) 行き」が運行開始されれば、「特急 豊橋 (とよし) 行き」と勘違いさせて豊田市に人を運び入れることが出来ると期待されている。しかしこれはあくまで知立駅〜豊田市駅間の話である。そう、越戸駅から終点の猿投駅まではローカル線状態なのだ。名鉄もそれを察して、山線全線でワンマン運転をするようになった。
知立駅〜碧南駅 (海線)
さっきの山線とは真逆の性質を持っている海線は、山線のほとんどが通勤路線に使われているのに対し、ほとんどがローカル線として存在している。乗客は、知立駅〜刈谷駅は通勤目的で乗る人が多かったが、JR東海が「こっちの方が名古屋駅まで速いし運賃も安いよ!」と特別快速を刈谷駅で宣伝するので乗客が減ってしまった。なので海線も平然とワンマン運転をしているし、名古屋駅や金山駅からの直通列車はすべて粛清した。そんな海線だが、複線化されている区間は山線よりは少し多い。しかしすれ違いが全くないので無意味である。
廃止区間
  • 西中金駅〜猿投駅
越戸駅〜猿投駅もローカル線な感じでピンチなのにこの区間だけ廃止された。廃止後は自治体が勝手に枝下駅や三河広瀬駅などを広場にしたが、レールや駅舎は名鉄が放置したのでそのままの状態で残っている。紅葉の季節になると落ち葉が廃止跡に積もって綺麗なことからサイクリングロードにしようという計画があるがその計画は自治体も放置している。
  • 碧南駅〜吉良吉田駅
沿線自治体のお年玉でなんとかやっていけるかと思ったら、矢作川の橋の架け替えに150億円以上かかることが判明して廃止。代わりに「ふれんどバス」という一人で乗ると悲しくなるバスを運行し始めた。この区間は、蒲郡線と同じように三河湾に沿って走っていて碧南市を3分の2周する大きいカーブがあった。また、国と県からもらったお金で わざわざ道路を避けるための高架橋を建設したのに、その後すぐに廃止することになったので猛批判をくらうことになってしまった。一応名鉄も建設費の1.5%ほど支払ったがそんなことは誰も気にしなかった。そして、みんなの怒りを募らせた名鉄は、自治体が整備して観光地化出来ないように、駅舎やレールなどをほとんど撤去してしまった。が、碧南市を3分の2周したレールの跡は自治体の手により碧南レールパークという公園緑地にされた。
未成区間
  • 西中金駅〜足助駅
なんと、山線を延伸して西中金駅〜足助駅に路線建設する計画があったが、計画当時は世界恐慌や太平洋戦争の影響で、完成することはなかった。レールが通るべきだった場所は今では紅葉の名所として酷道153号線が混雑してしまっているのでやっぱり路線建設した方が良かったなんて今更言えない。

歴史[編集]

歴史は100年前に遡る。1910年、三河人の野望を持った31人が、大浜 (碧南) から刈谷を通って知立を結ぶ碧海軽便鉄道の申請をした。早速敷設の許可を得たのだが、同じ頃に知立と挙母 (豊田) を結ぼうと考えていた知挙軽便鉄道という鉄道も許可を得ていて、合併することを命じられた。実はこの知挙軽便鉄道は、碧海軽便鉄道の中の一人が碧海軽便鉄道という名前が気に入らず裏切ってつくった鉄道で、実質 碧海軽便鉄道も知挙軽便鉄道も同じものだったのだ。合併後、名前を誰かさんの要望で三河鉄道に改め工事に着手した... のだが、社長が謎の死を遂げたり 役員全員が辞職する事件が起こり工事は滞った。やっと大浜港 (碧南) 〜刈谷が開通したが当時は14.5kmを1時間以上かけて走っていた。1920年代に延伸を繰り返し、なんとか西中金駅〜蒲郡駅が開通した。やがて財政が安定し、岡崎電気鉄道を合併した三河鉄道は愛知電気鉄道との合併を画策したが、厚化粧 (粉飾決算) をしていたことがバレて合併は出来なかった。その後10万円返済が出来ないとかどうとかやってたら名古屋鉄道 (元は愛知電気鉄道) に合併させられて三河人の野望などは忘れ去られてしまった。

運行形態[編集]

  • 猿投駅〜知立駅(山線)
1時間に4本の15分間隔で運行されている。知立駅、豊田市駅、猿投駅以外の全ての駅に赤外線センサーが設置されていて、キセル乗車が疑われる人はセンサーに触れると。また、名鉄豊田線からの直通列車が来るが三河線に乗り入れるのは豊田市駅までで、知立まで行ったことはない。が、時々犬山から犬山線、鶴舞線、豊田線を完走して三河線に入ってくるまるで西武鉄道のSトレインのような4路線を経由する列車がある。なお、豊田スタジアムなどでイベントがある時は線内の交換設備をフル活用して全力で毎時6本運転をする。1993年には本気を出しすぎて豊田市駅から名古屋本線に直通する快速急行が運転されたことがある。
  • 知立駅〜碧南駅(海線)
山線では赤外線センサーで遊んでいたが、海線では小型液晶モニターを運転席に置いて遊んでいる。海線は、何かイベントがあったとしても列車は増発できない。なぜなら小垣江駅〜三河高浜駅の往復に10分もかかるからだ。そんな海線だが「弥富発碧南行き」や、「碧南発佐屋行き」が運転されていたこともある。

主な駅[編集]

MY 11 猿投駅
かつては、駅近くの山で捕獲した猿を、ここから投げ飛ばして犬山モンキーパークに届けていた。しかし動物愛護団体からの批判が絶えなかったので今では蹴り飛ばして犬山に飛ばしている。
MY 09 越戸駅
読み方がよくわからない駅。「あの駅なんて名前だったっけ...?えっと...」とかみんなが言うから「えっと駅」と呼ばれるようになった。本当はこしどと読むことなど誰も気にしない
MY 08 梅坪駅
ここで豊田線の赤池方面と三河線の猿投方面の2方面に分かれる。隣の愛環梅坪駅からはかなり離れているのでここで乗り換えるのは命知らずである。
MY 07 豊田市駅
なぜ豊田駅ではなく豊田市駅なのかは、先述した通り豊橋駅と間違えやすい様にするためである。東京都日野市に豊田駅があることなど名古屋共和国民は知らない。
MY 06 上挙母駅
挙母線という路線が上挙母駅と岡崎の方を結んでいたが廃止された。駅の名前は「うわごろも」と読む。これは、「うわっ、挙母って地名で呼ぶやつまだいたの?」という皮肉をこめた駅名である。もちろんこれが某企業の影響であることは誰でも知っている。ちなみに名鉄豊田線の「上豊田駅」は駅名が「神豊田駅」に変更された。
MY 05 土橋駅
無駄に2面3線の大きい橋上駅である。立派な留置線もあり、朝はその留置線から土橋発豊田市行きを走らせるという、愛知環状鉄道と同じようなことをしている。
MY 01 三河知立駅
三河鉄道があった頃はこっちが知立駅で、スイッチバックも行なっていないただの中間駅として存在していた。前は、知立連絡線と呼ばれる三河鉄道の知立駅と名古屋鉄道の知立駅を結ぶよくわからない路線があった。
NH 19 知立駅
現在ではスイッチバック形状になっていて三河線は山線と海線がはっきりと分かれている。太田川駅と同じように要塞化される予定で、2023年に名鉄初の4面8線の駅になってカオス化する予定。
MU 02 刈谷駅
しЯ東海道本線は乗り換え。以前は改札を通らずに乗り換えできる共同使用駅だった。「名鉄が1本来るまでにJRは5本来る」と言われるほどやはり三河線は本数が少ない。
MU 03 刈谷市駅
とりあえず市ってつけただけのネーミングセンスが素晴らしい駅。
MU 09 新川町駅
「にいかわまち」とか「あらかわちょう」とか難しい読み方かと思ったら普通に「しんかわまち」と読む駅。
MU 10 碧南中央駅
こちらも、碧南市の中心にあるから中央ってつけただけのネーミングセンスが抜群な駅。
MU 11 碧南駅
名鉄お得意の、「終点駅にしては残念な駅」である。三河鉄道のときは、大浜港口駅という駅名だった。大浜口支線はここから玉津浦までを結ぶ路線で、1946年に廃止された。

廃止区間の駅[編集]

西中金駅
終点駅なのに設備が全く整っていなかったのは、足助までの延伸を見込んでいたからだった。やっぱり足助まで延伸すれば良かったじゃないか!
三河平坂駅
廃止後しばらく放置してたら名鉄協商のパーキングになった。平坂支線という支線で隣の平坂口駅から港前駅、西尾駅にアクセスできた。
吉良吉田駅
こっちはまだ他の路線があるので廃止されずに生きている。本来は碧南からここまで三河線はあったのだが、廃止されたのでここまでは名鉄蒲郡線でしか行けなくなった。しかもその蒲郡線も廃止寸前。え?名鉄西尾線?知らない子ですね。

関連項目[編集]

Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「名鉄三河線」の項目を執筆しています。
東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「名鉄三河線」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)