名護市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この項目「名護市」には、その地域のことが詳しく書かれてるような気がするけど、
だからってこの項目を書いた人が名護市に住んでるとか思わないでよ。
地図見れば分かることなんだし、多分・・・。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「名護市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「名護市」の項目を執筆しています。

名護市(なごし/なぐし)は、沖縄県の北部に位置する都市である。

沖縄県内の市としては最もにあることから「あけみおのまち」と呼ばれる。「あけみお」とは明け方に度々見られる異常潮位のことであり、幸福の予兆と信じられている。あけおめではない。

概要[編集]

沖縄本島北部の中心地である。在日米軍基地があり、北海道日本ハムファイターズの春季キャンプが行われ、2000年には九州・沖縄サミットが開催されるなど、外部の人間によって市内を引っかき回される傾向にある。

名護市のシンボルであるガジュマルは他の植物に巻きついて成長する「絞め殺しの木」の代表例であるが、名護市はどちらかというとガジュマルそのものではなくガジュマルに巻きつかれて絞め殺される宿主側に似た境遇にある。

ヘリオス酒造の本社工場やオリオンビールの工場があるなど、沖縄はギリシャをはじめとする西洋文明に毒されており、住民たちが脳内国家「欧米」の呪縛から逃れることは困難を窮めている。

行政[編集]

市庁舎[編集]

名護市庁舎は、まるで熱帯アジアの古代祭祀遺跡のような建物であり、屋上緑化が施され空中庭園のようでもある。風通しが良く冷房いらずであったため、「風の神殿」と呼ばれ建築業界では有名である。しかし、地球温暖化により室内を熱風が吹き荒れるようになったため、ついに冷房機器が導入された。いたるところにシーサーが配置されており、警備面でも優れている。

名護市の日[編集]

7月5日は「名護市の日」であり、市内に「7月5日通り」と名付けられた道路がある。単なる語呂合わせであるが、名護市はいたって大まじめに広報活動している。その甲斐あって、毎年7月5日前後に観光客数が通常の7倍になるなどの成果が出た。

これを受けて、6月30日夏越の祓(なごしのはらえ)から1週間を新たに「名護市週間」と称して、さらなる観光客の誘致と移住者の募集を推し進めようとしている。

地理[編集]

名護は沖縄本島北部に広がる国頭の中心地であり、島尻の中心地那覇や、中頭の中心地コザと肩を並べる都市であると自称している。実際には南部の島尻と北部の国頭の経済格差は広がる一方であり、沖縄県における南北問題は深刻さを増している。

山がちな国頭は山原(やんばる)とも呼ばれ、島尻や中頭の住民からサトウキビ畑とパイナップル畑しかない田舎と思われている。ヤンバルクイナジュゴンの生息地であり、「東洋ガラパゴス」と呼ばれるほど生物多様性が高いカオス地帯である。

歴史[編集]

今でこそ「沖縄の北都」を気取っている名護であるが、三山時代の北山王国の都は意外なことに名護ではなく今帰仁に置かれていたようだ。昔から貧乏くじを引いてきた地域であったため、新天地を求めてを越えハワイ方面に渡った住民も多かった。

山深い国頭は島尻や中頭とくらべて発展が遅れているため、名護市が発足したのは沖縄返還1972年)の2年前の1970年であり、県北部唯一の大学である名護寒緋桜大学が開学したのは1994年である。平成になるまで大学すら設置されていなかったというから、この地域の苦労と悲哀がうかがえる。

基地問題[編集]

キャンプ・シュワブ米軍基地では実弾射撃訓練による原野火災が数年ごとに発生しており、時には基地外部にまで延焼することから深刻な問題となっている。さらに、キャンプ・シュワブが宜野湾市にある普天間基地の移設予定地とされたことで、名護市は良くも悪くも一躍有名となった。各地から集まった工作員が基地周辺にダンボールハウスを構え、プロ市民はテッポウユリで武装するようになったため、賛成派と反対派の抗争に市民が巻き込まれるなど、治安が急速に悪化しており、先行きが不安視されている

観光[編集]

「あけみおのまち」として売り出しているが、「あけみお」が何を意味するか理解していない観光客が多く、まったく浸透していない様子である。なお、「よいみお」という現象もあり、こちらは災厄の予兆として恐れられている。

沖縄でもあまり知られていない穴場が多い。名所は少なくはないが、石頭な百科事典では、ネオパークオキナワのことしか書かれていない。名護市では観光客よりむしろ移住者を募集している。

関連項目[編集]


この項目「名護市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)