名松線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

名松線(めいしょうせん)は、JR東海の支配下における見捨てられた路線である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「名松線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「名松線」の項目を執筆しています。

運行状況[編集]

通常は0.5両の気動車が2時間ごとにのんびりと行きかっている。通常でないときは1時間に6本の高速バスが路線に平行して名古屋中心部まで往来している。1982年ごろに長期にわたって通常でない状態になったが、その後も夏の風物詩として、毎年のように通常でない路線運用が行われる。

略歴[編集]

鉄道建設法における地方鉄道「信濃國深志御城下ヨリ東筑摩郡波田村、飛騨國高山ヲ経テ名古屋國中村ニ至ル鉄道」として建設工事が進められ、1909年に松本市まで全区間が全通した。途中は急峻な山岳地帯であり路線規格も厳しいものであった。「飛騨の夜明け」として沿線住民には好評であった。

かつては鵜沼方面を経て名古屋鉄道への乗り入れを行っていた。1944年に戦局の悪化から中止されるまで、蒸気機関車が電車を牽引する形式で列車が運行されたが、乗り心地はお察し下さい 急行「げろ」「ふじやま」などが存在した。

戦後の乗り入れは1965年から2001年まで行われ、急行「げろ」「たかやま」「りんどう」「北アルプス」号などの列車が運行された。急行用としては当初はキハ82系と同仕様の8000系、のちにキハ85系と同仕様の車両である8500系気動車が用意された。

1960年代には代議士の堂島薫が名松線を安曇村まで延伸し安曇村をリゾート開発する計画をぶち上げ、同年鉄建公団は延伸工事に着手したがリゾート開発反対運動が起こり、交渉は難航をきわめた上、これに雛見沢村ダム反対闘争中の鬼ヶ淵死守同盟の活動家が介入したことで、さらに収拾がつかなくなった。その後代議士が所属する派閥の壊滅、災害の頻発により延伸計画は凍結され、結局国鉄再建法により1982年に正式に延伸計画が中断、モータリゼーションやリゾート開発計画の白紙化により採算が見込めないことから、計画は断念された。その後未成線路盤は並行道路未整備からバス専用道路として再利用され、国鉄バスが運行されている。

1982年に中央西線の全線電化が行われ、長距離客の多数が中央西線を利用し「北アルプス」号の乗客が激減した。このため2001年には北アルプス号が廃止され、8500系は会津鉄道に売却された。

現在は名古屋側での運行は高山本線と共通化されており、全区間通しで運行される列車は2009年10月現在存在しない。ローカル運用は、特に中部縦貫道検閲により削除トンネルの開通と共に乗客数が激減しており、列車の本数がさらに減少している。

合理化[編集]

近年は路線の合理化が進み、単線自動閉塞化によって駅員は両端駅2名にまで削減された。乗務要員も、かつての2名から1名に削減され、ワンマン運転が主流となっている。しかし首脳陣や天下り役人への人件費の高騰から、さらなる人員削減が行われた。現在は乗務員0名、駅員1名での運行がたびたび試行されている。特に2006年10月と2009年4月は、夜間のノーマン運転試験に成功するなど先進的な取り組みも積極的に実施している。今後は日中も含む本格施行も本気で考えているとかいないとか・・・

2009年10月にJR東海は乗務員0名、駅員0名での運行を末端区間で行うと発表した。バスによる運行も同時に行われ、名古屋中心部との行き来がさらに便利になると期待されている。CO2削減に逆行することについては誰も気にしない。

沿線の環境[編集]

  • 伊勢奥津 - 平成の大合併による津市域の拡大で、名実共に「奥の津」に。

沿線の名産品[編集]

  • 飛騨牛 - 松阪牛?なにそれ?
  • 塩尻ワイン、安曇野ワイン - 名張ぶどう酒?それおいしいの?
  • 銘菓 下呂の香り - 温泉街につきもののアノにおいが思い出される逸品です。
東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「名松線」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)