名古屋市営地下鉄上飯田線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

上飯田線(かみいいだせん)とは、名古屋市北区平安通駅から上飯田駅を結ぶ地下鉄路線である。路線長0.8kmは短く、日本一短い地下鉄として知られている。

ただ、その短さ故に、沿線住民以外にとっては存在感0の地下鉄である。

概要[編集]

この路線が出来る前、名鉄小牧線からの列車は上飯田駅が終点であった。かつては上飯田から都心部まで直通する路面電車が走っていたが、名古屋走りのドライバーによって破壊されてしまった。 このため多くの乗客が、都心へ向かう名城線の平安通駅へ、徒歩で向かう光景が毎朝繰り広げられるようになり、半ば大名行列の様相を呈していた。 両駅間の距離はおよそ800mであり、徒歩でも十分連絡可能な距離に有るのだが、車慣れしてしまった名古屋共和国民には大変な苦痛となり、これが原因で過労死したり自殺に追い込まれたりはたまた暴動が発生したりもした。 また、そのあまりの人数の多さに、押しつぶされて圧死する者が発生したり、弾き飛ばされて車がひしゃげるなどの被害が数多く発生した。 この為名古屋市は、小牧線を利用する数少ない犬山市民や小牧市民の為、連絡鉄道の建設を決定した。 また、上飯田駅・平安通駅ともに可動式ホーム柵が設置されている。

完成まで[編集]

建設するは良いものの、このままでは採算が取れない事は分かっていた。そこで名古屋市は、運営事業者、もとい天下り団体である上飯田連絡線株式会社を設立。上下分離方式での運営を行うこととした。

車両[編集]

7000形[編集]

名古屋市営地下鉄の車両。全国的にも珍しい地下鉄車両なのに転換クロスシートがある車両である。 ただ、相互直通運転を行っている名鉄 小牧線と上飯田線の路線距離が違いすぎて7000形を走らせると名鉄が大量の車両使用料を払わないといけない。 なので朝晩ラッシュ時以外は車庫で寝ている。まさにニートレインとはこいつにふさわしい言葉だ。

名鉄 300系[編集]

小牧線から乗り入れて来る車両。上飯田線に乗ると大抵これが来る。ラインカラーはピンク色で、ステンレス製のオーソドックス車両。 花火大会などがある場合は犬山から名鉄 犬山線 新鵜沼駅まで乗り入れて来る。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「名古屋市営地下鉄上飯田線」の項目を執筆しています。


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「名古屋市営地下鉄上飯田線」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)