名古屋嬢

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

名古屋嬢なごやじょう)は、現在の名古屋市に在住している女性貴族の総称である。金鯱嬢とも呼ばれ、彦根嬢大坂嬢熊本嬢と並ぶ日本四大名嬢の一つである。豪華絢爛を旨としており、名古屋嬢を特徴づけるヘアアクセサリーである18Kのシャチホコは、名古屋嬢だけでなく名古屋の象徴にもなっている。尾張名古屋は嫁で持つと歌われるほどの天下の名嬢である。

歴史[編集]

16世紀の那古野という姓の家系に遡る。この家系の女性達は質素・華麗を旨とした美人であったとされ、「那古野嬢」と呼ばれた。織田信長を生んだのはこの那古野嬢とする俗説が存在する。

江戸時代、尾張国の中心地が清洲から現名古屋に移った際に、姓を「名古屋」に改め、尾張徳川家17代の嫁として仕えた。この頃になると、社会が安定していたこともあり、名古屋嬢は徐々に豪華絢爛になっていった。

明治時代に身分制度が改められると、名古屋嬢はしだいに「華族の女性の総称」とされるようになった。

現代では、お嬢様小学校と言われる椙山女学園大学附属小学校、お嬢様中学と言われる金城学院中学椙山女学園中学、お嬢様高校と言われる金城学院高校椙山女学園高校お嬢様大学と言われる金城学院大学椙山女学園大学に通うのが最も由緒正しい名古屋嬢であるとされている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「名古屋嬢」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「名古屋城」の項目を執筆しています。