名取市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「名取市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「名取市」の項目を執筆しています。

名取市(なとりし)は、宮城県の県庁所在地である。

概要[編集]

上の文を読んだとき、あなたはきっと「ハァ?」と思ったことだろう。しかし、俗に宮城県の県庁所在地と呼ばれている仙台市は、現在は名取市に植民地化されている。従って、名取市が現在の県庁所在地なのである。行政の中心地は相互台

絶望した!!.jpg 書くべき情報が多すぎて絶望した!!
そこの忍耐強いキミ! 私の代わりに私の思想を広めてください。
なに書けばいいのって?・・・それは言わずもがな。(Portal:スタブ

歴史[編集]

元々の都市名は増田(ますだ)であったが、1950年代後半の市町村合併によって名取に改名した。

戊辰戦争前(1868年以前)には、「多賀城の近くにも熊野三山を呼び寄せたい!」と懇願する伊達家により、熊野三山が名取郡の増田に勧請された。この熊野三山は「名取熊野三山」といい、増田はこの名取熊野三山を中心に発展した。

戊辰戦争終結から19年後の、帝国時代初期の1887年になると、東北本線常磐線が敷設され、2路線が重複する増田駅が開設された。そして、帝国時代末期の1940年には、熊谷陸軍飛行学校増田分校教育隊練習基地(現在の仙台空港)が建設された。

経済大国時代が到来する直前の1950年代後半、増田村を中心に村落が合併され、名取市が成立。鉄道駅も名取駅に改名された。

やがて2000年代前半、小泉純一郎が「平成の大合併」という文化大革命を惹き起こすと、宮城県庁内の小泉紅衛兵は「名取市と岩沼市は合併して『南仙台市』に改名しろ!」って圧力を加えた。しかし、名取市長の佐々木さんは仙台空港の財源を盾に合併を拒否し、岩沼市長の井口さんも「『頭に方角』なんて止めてくれ!」って合併を拒否。一方で、鳴瀬町はと矢本町は、小泉紅衛兵に屈服し、『東松島市』に改悪されてしまった。宮城県の近隣でも、小泉紅衛兵を撃退した天童市は『北山形市』に改悪されずに済んだが、小泉紅衛兵が支配する原町市は『南相馬市』に改悪されてしまった。

宮城県庁内の小泉紅衛兵を撃退した名取であったが、2007年には、それまで県内最大規模を誇っていたザ・モール仙台長町をも超える大規模なショッピングモール・ダイヤモンドシティ・エアリ(現・イオンモール名取)がオープン。このように、以前までダントツの大都市だった仙台を着々と追い越そうとする名取であった。

これに危機感を抱いた仙台市長の梅原さんは、名取市長の佐々木さんに対し、「お願いします!そろそろ自重してください!」と跪き、降伏を試みた。しかし、明かに名取市を舐めている仙台市当局の魂胆がもう見え見えだったらしく(実際、仙台市は名取市を編入しようとして、名取市民全員に拒否された過去を持ってる)、読みが深く強気な佐々木さんは、2010年、ついに仙台市の植民地化に成功。その後、宮城県の新しい中心都市として、あらゆる方面で発展を続けている。

「名取は原町とは異うんだよ、原町とは!!」
名取 について、ランバ・ラル

仙台市の植民地化[編集]

名取市の転機となったのは、何と言っても、仙台空港アクセス鉄道の建設である。かねてより、「仙台空港に連絡鉄道を建設しろ!」という仙台市議からの圧力が、名取市役所にかけられていた。名取市役所は「金が無いから建設できない。」と主張したが、それに対して仙台市役所は「うちに仲間入りしたら金をやるよ。」と回答。これに激怒した名取市民が、東北新幹線の線路にイタズラしまくり、東京からの電車を全てストップさせた為、仙台市役所は甚大な被害を受け、名取市の編入を断念。

しかし、なんだかんだで、仙台市役所は、仙台空港鉄道株式会社に出資することとなった。仙台市役所は、「鉄道を造れば、回りまわって、うちに利益が回ってくる」と踏み、名取を甘く見ていたのである。

しかし、ここで予想外の事態が起こった。民主党寄りの名取市議が、イオンおかちゃんに頼んで、巨大ショッピングモールの建設を企んでいたのである。そして、遂にダイヤモンドシティ・エアリの出店が決まったのである。その規模といったら、宮城県どころか、東北で最大級である。

これに慌てたのが、仙台市役所である。そんなのが出来たら、何もかもがお終いである。しかし、鉄道・ダイヤモンドシティ、どちらの建設工事も遂に止めることができなかったのだ。それというのも、市長であるうめざわさんが、ケヤキの精と会話できると発表し、周囲から「末期症状だ」と、散々叩かれたせいである。おかげで、仙台市役所は、協力者を得ることが出来ず、遂に仙台空港アクセス鉄道とダイヤモンドシティ・エアリは完成してしまった。

ダイヤモンドシティ・エアリは、東北最大級のショッピングセンターであり、その売上見込額は、岩沼市の年間小売販売額に匹敵する。ここで、「仙台市より、岩沼市の方が終わるじゃねーか」と考えた君。そう、君は鋭い。事実、岩沼市の商店街はシャッター通り。せいぜいヨークベニマルぐらいしか開いていないそして、営業を開始すると、瞬く間に仙台市の誇るショッピングセンター、「ザ・モール仙台長町」を沈黙させたばかりか、周囲に建てられた分譲住宅までもが、便乗効果で次々と売れていき、名取市は、飛躍的な発展を遂げた。

その後は概要で述べた通りである。2010年に、佐々木さんが仙台市の植民地化を宣言した。名取市は、宮城県の県庁所在地となったのだ。ところで、その佐々木さんなんだけど、誕生日に娘さんからiPod(4GB)をもらい、嬉しさに小躍りしてしまったらしい。

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

  • 国道4号 国道6号 - 国道6号の終点は仙台だが、名取市内に国道6号の看板は掲示されていない。
  • 常磐自動車道 - 「仙台空港IC」となっているが、いい加減に「名取IC」に改名してケロ。

名所[編集]

商業施設[編集]

観光地など[編集]

関連地域[編集]

植民地[編集]

姉妹都市[編集]

  • 新宮市 - 熊野三山の一つ・熊野速玉神社の所在地。熊野三山の縁で姉妹都市になっている。

関連項目[編集]

この項目「名取市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)