同棲

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

同棲(どうせい)とは、セックスを伴うが婚姻関係を介さない同居体制である。実施者には「内縁の妻」もしくは「内縁の夫」という肩書がもれなく与えられる。

概要[編集]

単に同じ家屋敷或いは部屋で生活するのは同居であり、その中で日常的にセックスを行う(若しくは行える)関係性を持っているものを特に同棲と呼ぶ。性別や続柄は関係なく、同性による同性や家族との同棲も良く行われる[要出典]。また結婚していてもセックスがない場合を「家庭内同居」とすることもあるが、これは一種の誤用である。

近年は関係が進展する中で同居から同棲へと移行するケースが多く、これは結婚前から共同生活を送ることで関係を強固にしようという狙いで推奨されているが厚生労働省の調査によると、同棲状態が長くなれば長くなるほど婚姻後の離婚が早くなる傾向が見られるとも言われている[1][要出典]

同棲については男性の方が肯定的な意見が強く、交際初期から同棲を求める傾向が強い。これは男性にとって同棲が「メイドセフレがセットで手に入るが、法的な責任を負う必要のない都合のいい状態」として捉えられている為である。しかし、現実にはそのような事になることは非常に少ない。

現実[編集]

現実の同棲生活を描写したイメージ図。

実際には同棲したからといって彼女が専業主婦になるわけでもなく、しかし共同生活にかかる経費の都合で給料は全額「二人の口座」という名目で作られた彼女名義の口座行きになる。また生活の決定権は彼女が握る場合が殆どで、男側は基本的にハリボテとなる。二人の間に起きたトラブルの責任は全て男の責任になり[2]、反論すれば「男の癖に」となじられる。

そして同棲の要となるセックスも、主導権は彼女側が当然握る。そっちがヤる気にならなければ、どんなにギンギンでも無視されるか若しくは、既に結婚した夫婦とちがって子供が出来るのは大きなリスク[3]なのだと言われて終わりである。女性からすれば、同棲から結婚に進み労働力を手に入れる最大のチャンスなのである。

このように同棲は大きなリスクを孕んでおり、1970年代以降婚前同棲が一般化してからは日本の抱える少子化リスクが一気に増大しているという事実が存在している。安易な同棲やその結果としての安易な結婚出産は将来的なリスクに繋がると理解して、慎重に行うべきである。

脚注[編集]

  1. ^ 結婚と同時に住み始めても10年程度で嫌になるのに、その前に同棲していれば早々に嫌になって当然である。
  2. ^ 彼女の浮気さえ「寂しくさせた方が悪い」「浮気なんかしたくなかった」と男の責任になる。いや、する。
  3. ^ 結婚していないと受けられない補助も多い。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「同棲」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「同棲」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「同棲」の記事を執筆しています。