同志社大学

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「同志社大学」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「同志社大学」の項目を執筆しています。

同志社大学(どうししゃだいがく)英称:Doshisha University)は、又吉イヱスの啓示を受けたと称し、1875年に設立。モットーは『過去はある、未来は・・・』『フォー』。「関関同立」」の一角。同志社OB・OGに、四千人の韓国人朝鮮人がいるため、韓流ブームに乗り、勢いがある大学とも言われる。公用語は日本語、韓国語朝鮮語。また中国語において「同志社」とは「ホモ の結社」とも訳され、特定アジア3国と友好関係を保っているようである。


精神[編集]

朝鮮民族気質である。その中身が何なのか、誰も深く考えたことはないが、この言葉を持ち出すと何でも許される気分が学内に漂っている。一応、学内には朝鮮人・尹東柱碑なるものがたっている。多くの講義が行われているが、受講生の7割が目を閉じて頭を休める運動を、2割は教室の隅で入念に筋トレを行っている(ほとんどがスポーツ推薦ゴリラだが)。そして、不幸にも科目に興味を持ってしまったミュータント集団が残りの1割として、目を充血させながら授業に集中している。朝鮮についての授業では、なぜか異様な空気がただよっており、おしゃべりをする者は居ない。これは唯一賞賛すべきことである。

教育および研究[編集]

一応、総合大学を名乗っているが、それだけである。学部の教育レベルはかなり怪しい。日本生まれ日本育ちの学生が、卒業時に日本語運用がままならない程である。 何故か大きな事件を起こしまくっているが、大学側の処分が不思議と甘い。(代わりに大学側が処分された。)そしてゴミの処理も甘い。つまりは、そういう教育なのである。 多数の大学院、コリア研究センター群を擁するが、その実態はよく分からない。最近、研究にかこつけて、韓国原理主義者を養成してソウルに派遣する活動も行っている。とりあえず、学生が4年間(あるいは6年間、9年間?)遊び回れるだけの設備は備えている。というか出席率悪ぃ。だが、どこの私立でもほとんどあれなので学生は誰も気にしない。教授側も授業料もらえればいいし、事務方も経営に差支えがなければ面倒ごとに手を出したくないので誰も気にしない

キャンパス[編集]

今出川キャンパス
北東には相国寺がある。江戸時代はチェストー藩の藩邸であった。地下鉄駅がすぐ傍にあるなど、立地条件は好調。衛星キャンパスとして室町キャンパス、新町キャンパス、烏丸キャンパスがある。かつて北隣には同志社中学校があったが、大学の敷地拡張の大義の為に北の田舎へ移転させられてしまった。東隣に同レベルの姉妹校同志社女子大学がある。冷泉家の屋敷がキャンパス敷地に食い込むように位置する。文、法、経済、商、政策、神、社会学部の全課程、そして独立大学院が設置されている。だが、キャンパスそのものは非常に小さく狭い上に、鴨川を挟んで京大と向かい合っているが、あまりのレベル違いのためコンプレックスはない。ライバルは立命館大学。ただでさえ狭いのに京田辺キャンパスから文系学部の1、2回生課程を移転させ、文系学部全過程を今出川に集約させたためより狭くなってしまった。
京田辺キャンパス
京都での大学生活に憧れて入学してきた者皆が失望するド田舎。一応京都府に位置するが、キャンパス周辺のバス事業者が奈良交通であるところからしてもその辺鄙さはお察し下さい。キャンパスそのものは広めで綺麗。正門までの坂がアホみたいに長く険しい。夏場には暑さと坂の長さから登坂中に倒れる者が続出し、冬場にはスキー、スノーボードの滑降競技がしばしば行われる。通称は『田辺坂』であり、かつては大半の文系学部の1、2回生もこの坂を登ることを強要されていたのだが……彼らが今出川へと栄転していった今では理系学生のみが登る坂と化した。コンビニもスーパーもないので、下宿生は狩猟・採集によって生きていくしかない。理工、生命医科、文化情報、心理、スポ健、グロコミュ学部の全課程が設置されている。文系学部の今出川キャンパス移転により敷地が広いだけの寂れたキャンパスと化した。煽りを食らい食堂が相次いで閉鎖され、学生の昼食が危機に瀕している。
学研都市キャンパス
地上から3000メートルほどの高さに浮遊する天空のキャンパスである。そのため維持費が高額であり、大学関係者も頭を悩ませているのが現状である。ジブリの名作、天空の城ラピュ○はこれを元に製作されたと同志社大生は誇らしく語るが、本アニメ監督は否定している。

設置学部・独立大学院[編集]

神学部
別名、あや神(あやしん)学部。なぜかムスリムに傾倒している教授がいる。 学生数の少なさゆえに、同学部学生に合うことがあればラッキーなくらい。
文学部
別名、あそ文(あそぶん)学部。看板の英文学科は学生のうち3分の2が女子。キモメンは行かないように。つうかさっさと英文学部として独立しろよと。
法学部
別名、あ法(あほう)学部。合格者の偏差値は看板学部である。入学者になると何故か偏差値が10落ちている。学生は根暗とブスで構成されている。カリキュラムは学生放置プレイ主義なので、もともとあふぉな学生が更にあふぉになってしまうパターンが多い。仮面浪人が最も多く生息。
社会学部
別名、人生お社会(おしゃか)学部。文学部の1学科から反乱独立した。
経済学部
別名、やめと経済(やめとけ)学部。スパルタ教育が組まれているので、学生生活をエンジョイできない。スパルタ教育を受けているはずだが、優秀な学生は見当たらないのは謎である。
商学部
別名、らく商(らくしょう)学部。カリキュラムは放置プレイ主義。かつての脳筋バカ受け入れ担当学部。講義はまさに動物園で、かつての脳筋時代の名残が残る。
政策学部
別名、隔離政策学部(かつて他学部と隔離されていた暗い歴史を持つため。)
文化情報学部
別名、分譲住宅。推薦○○の巣窟。
理工学部
学歴ロンダリング狙いの学生が主。京大学部編入や大学院ロンダを目指して頑張ってます。
生命医科学部
別名を目下募集中である。影が薄いとは言ってはいけない。
スポーツ健康科学部
別名、スポーツ健康馬鹿(けんこうばか)学部。スポーツ推薦組である。ホモがたくさんいるとかいないとか。「同志」社の名前は伊達ではない。
心理学部
別名、オウム心理狂。かつて文学部の1専攻科だった。”人間科学部”の成り損ない。
グローバル・コミュニケーション学部
今のところ、別名を考えてもらえるほど関心を集めていない。というか何故作った?
グローバル地域文化学部
上記のグローバル・コミュニケーション学部同様、よく分からない学部。一説には丸抱えでは商売のタネにならない語学系教員の利活用策という話も。
大学院グローバル・スタディーズ研究科
本学の独立研究科のはしり。日本のアメリカ研究拠点の先駆けとして「大学院アメリカ研究科」という名前で設置され、かつては一定の評価もあったがあえなく埋没。焦った経営陣がつまらない改名と再編を行った結果、さらに沈没。
大学院総合政策科学研究科
本学2つ目の独立研究科。かつては公務員と脳筋バカとモラトリアムのサロンだった。この研究科をベースに政策学部ができたのだが、さらにその出身者も加わってサロン化益々進行中。農業や狩猟、漬物も学べるとのこと。
大学院司法研究科
いわゆるロースクール。政府の司法改革に乗せられて設置。
大学院ビジネス研究科
いわゆるビジネススクールアホノミクスで有名な浜矩子教授が紫色の髪をなびかせて活躍中。
大学院脳科学研究科
2012年設置。新島精神に侵された大学関係者の脳みそを調査研究することを目的とする。

学風[編集]

学生の特徴[編集]

京都という土地柄、男子学生の8割は高下駄を履いて通学している。また女子学生の7割は和服を着ている。高下駄を履かなかったり、和服を着ずに入社式に来た者は、立命館の入館式に行かなければならない。10年ほど前に、入社式で教授陣が何を思ったのか、全員が高下駄を履いて式に出席し、全国メディアに取り上げられたことはあまりにも有名である。大学内では、現在でも高下駄を利用したアクロバティックなスポーツが数多く行われている。新島教信徒は全体の1%に満たない。同志社の女性に関してはプライドばかり高くて鞍馬天狗ビックリの鼻高ばかりで、性格の悪さが関西で鳴り響いている。だが、学園祭で女体盛りをノリノリでやってしまう尻の軽さ(主催したサークルは廃部になった)も、さらにレイプ未遂で逮捕された学生がTwitterに載せていた異常性欲の遍歴を匂わす投稿と画像の山が晒されるという頭の軽さも持ち合わせている。学力レベルは、京大B判定まさかの滑り止め入学からスポーツ推薦ゴリラまで、幅広く分布している。

学生の種類[編集]

  • 脳筋バカ:やはりいるスポーツ推薦ゴリラ。有名私立大学をスポーツで盛り上げようというのは時代遅れなんだよ。授業にでることはほとんどない。しかし、就職では同志社専願者と同等かそれ以上の優遇を受けている。某テニスサークルが未成年の新入生に飲酒を強要して、べろべろに酔わせた後に鴨川に放り投げて溺死させるというマジキチな事件を起こしたのもこいつらが原因である。同志社の悪名高い話題作りに彼らは欠かせない。
  • ナイバー:同志社系列の高等学校からエレベーター入学してきた、いわゆる内部生のこと。毎年1,000人入学するうちで優秀なのは100人程度。英語クラスで「分詞構文、分かりません」と勇姿を見せる。これは同志社系列高校が放任主義で勉強しなくても単位を与えているからである。どんなに落ちこぼれても留年することはまずないという変わった教育システムで、大学側は頭を抱えている。
  • 推薦バカ:どの私立大学にもいて問題となっている、学校推薦により入学してきた学生。優秀な進学校でかつ高校時代の評定が高かったから推薦を勝ち取れたのだが、受験を経験してないため、人生楽勝風を吹かせている。学力はナイバーの標準よりはマシ、程度。
  • 同志社専願者:殆どが文系の学生で、数学が全くダメなために一流国立大受験(特に関西の阪大神戸大)を諦めてしまった奴ら。国語・英語・世界史の偏差値が60オーバー、数学の偏差値が40台なんてざらである。難関の一般入試を突破してきただけあって上の奴らと比べると格段に頭がいい。
  • 国立早慶崩れ:関西の一流国立大である京大阪大神大(以下、京阪神)や最難関私大「早慶」にぎりぎり不合格を食らい泣く泣く同大に入学してきた学生。上記のお馬鹿学生と同じ学歴になってしまう現実に衝撃を受ける。「京阪神」・「早慶」コンプレックス東京コンプレックス男子学生の就職コンプレックスを兼ね備えてしまうのはもはや宿命。現役生なら仮面浪人となる者が多い。

同志社ファミリー[編集]

  • 一般の大学と同様、教員職員学生あるいは院生の区分は存在するが、新島教教団立大学らしく、教職員・学生内に存在する「同志社ファミリー」と称する新島教聖職者集団と関係者が実質的に大学を支配している。以下は「同志社ファミリー」を序列順に記したものである。
    • 新島襄の親族、子孫であって、新島教信徒であるもの。
    • 秘密布教結社「熊本バンド」構成員の親族、子孫であって、新島教信徒であるもの。
    • 新島教の聖職者、信徒役職者およびその経験者。
    • 過去3代にわたって同志社の構成員であり、新島教信徒であるもの。
    • 熊本から歩いてやってきた者。
  • 「Doshisha College Song」と呼ばれる新島教の根本経典(英語)があり、これを暗唱できるかどうかで、同志社ファミリーか否かが判別できる。暗唱する際は周りの者に注意しなければならない。かつて井戸たか子は大隈講堂で暗唱したために早稲田二毛作協会から破門された。その報復として、同志社ファミリー会議は新島教東京支部長の職にあった中田真紀子を免職とする社令をだし、横須賀支部に左遷した。なお、経典の表現・内容は難解であり、同志社ファミリーの中でも少数の者しか理解できていない。
  • 新島教信徒は男性も女性も髭を蓄えなければならず、幹部は新島の遺した髭を一本ずつ植毛している。

サークル・部活動[編集]

同志社大学のラグビー部は最強である。ラグビー部は1874年に新島襄がマサチューセッツから連れて来たフィリップス・アカデミーのマスコットキャラクターでゴリラのグンガが、13人の生徒にゴルフを教えたことに始まる。1911年の公式なクラブとしての創設から2007年5月までに、極めて猥褻なラグビー部員が3人いた。また、同志社大学のライバルとされている「律っちゃん大(別名、立命館大学)」と毎年、熱戦を繰りひろげている。スポーツ推薦ゴリラが多数分布している大学同士、プライドが負けることを許さない。

その他[編集]

通勤事情[編集]

田辺耕地の最寄り駅は、近鉄の興戸駅と、JR片町線の同志社前駅。目の前に田圃が広がっており、夜になるとカエルが『帰ればーか』と鳴いている。ほとんどの者が無視して通り過ぎて行くが、フレッシュマンの中には泣き出す者もいる。冬になるとスポーツゴリラが田圃の中で寒稽古をしている。また、お隣のJR三山木駅は無人駅のため、『三山木マジック』と呼ばれる忍術を習得することができる。さらに最近では『興戸ジャンプ』と呼ばれる、常人では習得することが難しい高度な忍術が伝承され始めた。

トリビア[編集]

  • 新島教の根本教典であり、同志社大学の校歌でもある「Doshisha College Song」のメロディーは、ドイツの軍歌「Die Wacht am Rhein」(ラインの守り)のものが用いられている。[1]
  • 同志社前駅前のローソンは京都府下一の売上げである。このことに嫉妬したファミリーマート職員が一度、同志社駅前ローソンに乗り込んだ事件があった。その時も本大学生の発した「新島が見てるぞ」の一言で解決した。

関連[編集]