吉見町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「吉見町」の項目を執筆しています。

吉見町とは、おそらく埼玉県の真ん中と思われる位置に存在する人口2万人ほどの町。

概要[編集]

東吉見村、西吉見村、南吉見村、北吉見村の4ヶ村が合併し、吉見村が成立。後に町制を施いて吉見町となる。武蔵吉見村、中吉見村が存在していたのではないかとの学説もあるが、いまだその証拠を見つけられない。

地理[編集]

町の西側には町民の殆どが居住している、町営住宅吉見百穴がある。町の東側には荒川が流れている。そちらは日本一の川幅と言われているが、実際に水が流れている部分は真ん中のほんの一部であり、残りは、簡易型住居などがお察し下さい

町営住宅[編集]

町営住宅は町の西側に存在している。いつ、だれが、どんな目的でほったのかよく分からない穴ぼこを「これ幸い」とばかりに、ほぼそのまま町営住宅に転用している。そのため料金は無料であり、住民の満足度は非常に高い。また、ヒカリゴケと言われる文字通りひかる苔が生えているため、照明に係わる電気料金がかからず、さらに無駄な二酸化炭素を排出しないという面で高く評価されている。21世紀初頭の非正規労働者の住居問題も「吉見方式」で解決きないか、と政府は期待を寄せているが、一方、都合よく穴ぼこが見つからないという問題も抱えている。

産業[編集]

穴ぼこを利用したホテルもかつて存在したが、いつのまにか廃業した。

観光[編集]

ただでさえ、何もない埼玉県のその真ん中あたりであるため、本当に目につくものはなんにもない。したがって、かつての穴ぼこホテルもいつの間にか廃業した。ただの路傍の石、ただそこいらへんに生えている雑草を観察するこを趣味とする人がいるので、そのような人を巻き込みたいが、何もできずにいる。

この項目「吉見町」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)