吉田清治

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「吉田清治 (文筆家)」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「モキュメンタリー」の項目を執筆しています。

吉田清治とは、福岡県出身とされている覆面作家である。朝日新聞社と合作でモキュメンタリー小説、『私の戦争犯罪』を作り上げ、実際この作品により従軍慰安婦が流行語になり、新語・流行語大賞の一歩手前に至った。

内容[編集]

このモキュメンタリー小説は、元々朝日新聞社が業績不振の打開策として発表したもので、済州島で若い朝鮮人女性を攫ったという内容であるが、当時は力道山の空手チョップを本気の戦いと信じ込む人間も多く、モキュメンタリーという概念も無かったため、国を横断する大騒動となった。

素性[編集]

家畜人ヤプーと同じく、覆面作家という体裁を取っているが、未だに作家の所在確認が取れておらず、死亡していると噂されるほどである。 また、覆面作家として長らく活躍してきたからなのか、プロフィールに矛盾点が度々見受けられる。

海外の反応[編集]

吉田清治のモキュメンタリー作品は朝日新聞社の熱烈たるマーケティングにより韓国で大ヒットし、二次創作や、パロディ映画まで作られた。 吉田清治の作品の影響を受け、「私こそこの作品で書かれた従軍慰安婦である!」と主張する者が現れ、それは後のモキュメンタリー作品に影響を及ぼしている。

合作者、朝日新聞社の裏切り[編集]

朝日新聞社のマーケティングは予想外の成功を収め、更に作品の内容を余りにも信じ込む人が出てきてしまったため、朝日新聞は、吉田清治の『私の戦争犯罪』は「モキュメンタリー作品である」とエクストリーム・謝罪を開催した。 しかし、余りにも広まり過ぎたため、韓国ではモキュメンタリーの名作とされている。

関連項目[編集]